京都中央郵便局 (京都府京都市)

 三代目駅舎 現駅舎。
駅前風景は変わったけれど、変わらずいてくれる建造物の一つは、傍らに堂々と建つ「京都中央郵便局」

17020801.jpg

17020805.jpg
1961年建築。
突出した横ラインが魅力 この時代の建造物の特徴でもあります。
硝子窓も綺麗です。


17020803.jpg


京都の玄関口の傍らに居る、という所がなんだか憎いと思います。

[ 2017/02/15 22:10 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(2)

JR西日本 東海道本線「京都駅」 (京都府京都市)

 開業140周年を迎えた京都駅。
現駅舎は4代目。4代目駅舎は開業20周年を7月に迎えます。

最寄駅から10分強。生活圏内に近い距離にあり、思えば改めて「駅舎」として見たことはほぼないに等しいのです。

空中経路での「写真で振り返る 京都駅のあゆみ展」を機に、カメラを構えてみました。

JR西日本の烏丸中央口側のものが「京都駅ビル」で、日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペ方式で行われ、設計者が決定しました。
烏丸中央口を出ると左手に、有名な「大階段」が大空に向かって伸びています。
初対面の友達との 待ち合わせ指定が「大階段の〇〇段目」
私が 1.2.3.4・・・ と数えていると 「12.13.14.15・・・」と数え背後から迫ってくる人。 その人が待ち人でした。
なんとも 粋な友達でした♪


17020702.jpg



「大階段かけ上がり大会」も有名です。
17020703.jpg

「写真で振り返る 京都駅のあゆみ展」 (京都府京都市)

「写真で振り返る 京都駅のあゆみ展」 が 2/1~2/28まで 京都駅ビル10階の空中経路で開催されています。

明治10年2月5日に開業してから,2017(平成29)年で140周年。
140年と言えば、長いようですが、ゆえに、鉄道史もそれと同じような年月だと思うと、ふと。。歴史の浅さを感じたりします。
もう少し。。早く生まれていたら、こんな駅も見られていたかもしれない。。と 心高鳴ります。


17020609.jpg

17020601.jpg


京都鉄道博物館~京都駅 (京都府京都市)


 以前、扇形車庫を見に来た時も、線路沿いを歩いて帰ったはず。
梅小路公園のメインロードを少しはずれます。

17020502.jpg 17020503_s.jpg


17020501.jpg
鉄道博物館のSLスチーム号が見えます。

[ 2017/02/09 17:00 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

「オハフ5068」 “京都鉄道博物館”  (京都府京都市)


 京都鉄道博物館 扇形車庫の脇にちょこんとある休憩所。
まるで玩具の電車のようだと感じるのは、昭和を生きた私だからかも。

 昭和50年代初頭に、日本全国の地方都市で運用されていた旧型車両による普通列車のサービス向上を図るべく開発された車両。
赤一色の車両で「レッドトレイン」と呼ばれていましたが、客車列車から電車や気動車による運転へ移行し 早々と置き換えがなされました。 だからこそ、貴重な車両でしょうか。

 車両に詳しくない私がこの電車が気になり、一生懸命調べたのが上記の説明です。



17020401.jpg

17020402.jpg




[ 2017/02/08 20:55 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

「市電ひろば」 “梅小路公園”  (京都府京都市)

 子供の頃の「京都」は、家から京阪電車京津線で30分の距離にあったとはいうものの、行動範囲の狭い子供の事。
遠い町で、お出かけの場所でした。
 京都の町に入る、電車が京阪三条の駅に到着する前から、京都市電との交差があり、市電の車両と出会います。
町に入れば、縦横無尽に市電が走っていて、路面電車の走る姿が京都の町風景なんだと思っていました。
 四条通に出れば、道の真ん中を堂々と市電が走っている。
 京都駅前に出れば市電が並んでいる。

 最後に市電に乗ったのは、友達と高野アリーナへスケートに行った時だったでしょう。
今のように、鉄道ファンではなかったから、気が付いたらいつの間にか京都の町から、市電は消えていました。

幼い日の、お出かけの先、家族での楽しい時間を思い出させてくれるのは、やはり  クリーム色と緑の小さな箱。



17020301.jpg


 子育てが一段落して京都に魅せられていた頃、京都の町のあちこちで静態保存されている市電をみかけました。
平安神宮・銀閣寺近くの公園・大宮交通公園・烏丸通のビルの中。

  現在 梅小路公園に「市電ひろば」があり、何両かの市電を見る事ができます。


17020302.jpg


[ 2017/02/07 22:38 ] ▼廃線・未成線 京都市電 | TB(0) | CM(4)

京都鉄道博物館 「扇形車庫」「SLスチーム号」  (京都府京都市)

 京都鉄道博物館が出来る前は、梅小路公園に扇形車庫と旧二条駅舎だけがあり、レトロ感が漂う空間でした。
今は、大きな京都鉄道博物館が出来て、その存在が小さくなったようで少し寂しい気がしています。
→ 梅小路蒸気機関車館 扇形車庫 (2007.3.3)


 でもやっぱり。。 大きな扇形車庫は貫禄があります。

17020101.jpg

17020102.jpg



 現在、梅小路公園で冬のライトアップイベントが開催されていて、扇形車庫がライトアップされています。
→ 扇形車庫や「チンチン電車」ライトアップ 夜間特別運行も 京都の梅小路公園で冬イベント



[ 2017/02/05 22:15 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

京都鉄道博物館 “貨物展示”  (京都府京都市)

 車両の展示も多数ありますが、解説展示も多くあり、鉄道についてならなんでも吸収したいと思う私は、見入ってしまうので、かなり時間を要してしまいました。

 こちらは貨物についてのコーナー。

17020201.jpg
17020202_s.jpg 17020203_s.jpg


 その、梅小路駅は2011年に「京都貨物駅」に改称されました。
京都鉄道博物館は、京都貨物駅に隣接する梅小路公園にあります。

[ 2017/02/04 22:36 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)