FC2ブログ







ミニ企画展 江若鉄道 (滋賀県大津市)

 江若(こうじゃく)鉄道は1921年 大津市の三井寺-叡山間で開業、1931年に浜大津-近江今津間で全域が開通しました。
幼い頃 三井寺下駅の近くに住んでいた私は 江若の走る姿を 親に連れられ買い物に行く時、幼稚園、小学校、銭湯へ行く時等、日常的に見ていました。
1969年、小学校5年の時 湖西線の建設に伴い廃線となりました。
当時、まだ鉄道には目覚めていなかったし、廃線跡に興味があったわけでなく、線路がいつ撤去されたか、遮断機がいつ撤去されたのかも記憶にありません。
きづいたら三井寺下駅の構内跡はガランとした広場になっていて、建物だけが残っていました。
自宅から皇子山中学を行く線路は撤去されずに残っていて 線路の上を、平均台に見立ててキャッキャッ騒ぎながら通いました。
幼い日の日常風景だった江若の走る姿は、幼い日母と過ごした日々情景とつながります。
過去2回開催されてきた、大津市歴史博物館での江若関連の企画展は、とっぷりと思い出に浸らせて頂きました。


そして今回の「江若展」は、びわ湖鉄道歴史研究会が協賛。 私など、何もしていませんが違った形で寄り添えるようになった事に喜びを感じています。


19090107.jpg
[ 2019/10/11 22:02 ] ▼廃線・未成線 江若鉄道 | TB(0) | CM(1)

京都発 6時29分  (京都府・滋賀県)

 5時半に京都駅について、ウロウロして やっと6時29分発の列車に乗車です。
そろそろ通勤時間になりますが、まだ人はまばら。
一両目から、堂々と展望できるのもこんな時しかありません。

19081401.jpg




山科駅です。
19081402.jpg

早朝5時半 JR西日本 東海道本線 「京都駅」前 風景 (京都府京都市)


 バスタ新宿から、高速バスで早朝5時半に京都駅到着。その日の予定のない私は、京都駅をぐるっと回ったあと、駅の外へ。

19081318.jpg
真っすぐに伸びるのは烏丸通。

19081312.jpg
京都駅中央出口から出て東西は塩小路通。 こちら東方向。

19081313.jpg
松本旅館は駅前旅館。
創業何年になるのは不明ですが、周囲の建築物がどんどん洗練されたお洒落なものになっていく中、変わらない姿で存在していることは、京都駅を降り立った時に 安心を与えてくれます。
京職人さんの手で作られた土壁や京畳の部屋だということで、京都市から「京都らしいお宿」と表彰も受けられているそうです。

[ 2019/09/13 17:00 ] ---まちあるき--- 京都府 | TB(0) | CM(0)

早朝5時半 JR西日本 東海道本線 「京都駅」   (京都府京都市)

 バスタ東京から、高速夜行バスに乗車、翌朝5時半 京都駅八条口に到着。
この時間だと、直行すれば仕事に間に合う時間です。 過去には「そのまま仕事」という事が2度ばかりありました。
幸いに、まだ体の疲れを感じる事はないのでが、最寄駅から自宅までのバスの始発時間が遅い、自宅に帰って荷物を起き、化粧直しをして出勤したいのですがそれは無理。直行すればいいけど、大きな荷物が恥ずかしい。
もしもしも、夜行バスが道路渋滞などで遅れたら、間に合わない。
などなど。。いろいろ問題があり、今回は早朝に京都駅に着いて、その日は仕事はお休み。(本当は、この一日がかなり勿体ない。実際にかかる費用より、総合的に考えると折角やっとの思いで休みをやりくりして交通費を使って旅をしているのだから少々費用がかかっても めいっぱい遊んでくる方が賢いような気がするのです。

 とにかく、今日はこのまま予定がありません。

「5時半の京都駅」 地元駅ながら、ゆったりと見る時間のない駅です。


19081301.jpg

八条口から駅に入ります。
駅とて、早朝は空気が澄んでいてすがすがしい。
朝は、「まっさら」。


バスタ新宿 新宿駅 (東京都新宿区)


夕刻の新宿駅界隈。
東京を知らない私は、此処に自分がいる事だけで、もう感動です。
ここが新宿っていう場所。

19081204.jpg

19081202.jpg

19081205.jpg

19081201.jpg



[ 2019/09/11 21:06 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

NHKスタジオパーク

前回の投稿に「NHK放送センター」と書きましたが、私たちが見学できるのは、「スタジオパーク」
スタジオパーク=東京都渋谷区神南のNHK放送センター内に所在する観光施設 と記されています。

平日の16時過ぎということで、人もまばら。
以前 NHK大津放送局 NHK大阪放送局を見学した時ほどの感動がなかったのは、実際に放送に使われている場所ではないからだったのだろうと思います。

とりあえず、記録としての画像です。


19081101.jpg
番組の歴史が展示されています。

19081102.jpg
1960年(昭和35年)9月5日から1967年(昭和42年)3月28日までNHK総合テレビで放送されていたもので、とてもなつかしい。
キャラクターなるものが、殆ど存在していなかった30年代 ブーフーウーに心弾ませたものです。
「ウー」が好きでした。




[ 2019/09/09 20:44 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

NHK放送センター リベンジ (東京都渋谷区)


 2月に、柴又へ行った帰り、NHK放送センターを行こうと渋谷駅で下車したものの、あまりの人の多さ、建物の多さに圧倒されて断念。 → JR東日本 山手線 「渋谷駅」



N HKのホームページには、渋谷駅からと原宿駅からのアクセス方法が書かれています。渋谷駅からが難しいなら、原宿駅はどうでしょ。
神楽坂駅から地下鉄に乗って、原宿駅へ。

19081001.jpg

[ 2019/09/05 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

神楽坂 「赤城神社」 (東京都新宿区)

神楽坂を西へと進み、少し入れば赤城神社です。

19080901.jpg

緑の木々と朱の鳥居を見れば、一般的な神社です。
一歩踏み入れると、都会の神社 を感じます。

19080906.jpg

19080902.jpg

[ 2019/09/04 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)