JR東日本 山手線 原宿駅 ぶらり (東京都渋谷区)

 「原宿」という駅舎を見るためにここで下車したけれど、ここが新聞テレビで見聞きする「原宿」であり「竹下通口」なんて名称があることに、改めて驚きます。
ここが、あの 原宿? 竹下通?
まったくのお上りさんの視線でちょっと歩いてみます。
駅のまんまえが「竹下通」

17031003.jpg

17031002.jpg

朝7時代だからでしょう、サラリーマン、OLさんがちらほらと歩いておられるだけです。

[ 2017/03/24 11:25 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(1)

JR東日本 山手線「原宿駅」 (東京都渋谷区)

大正13年(1924年)竣工
17030909.jpg

17030902.jpg
右屋根の形が変わってる。
ハーフティンバー。
塔屋。
大正モダンを漂わせています。


17030903.jpg

日本の中心 東京駅から 山手線に乗って 原宿駅にやってきました。






17030901.jpg
ここへ来たのは、間もなく、この駅舎が解体されると聞いたからでした。


17030910.jpg

17030926.jpg


3月に入ったばかりだと言うのに、すでに重機が入っていて、解体は現実であることを実感しました。


[ 2017/03/23 23:00 ] 山手線 | TB(0) | CM(0)

サンライズ出雲の旅 車窓を眺めながら「祭り寿司」

出雲市駅 18時51分発。
夜の事はやっぱり駅弁。
出雲市駅で時間がなかった場合の事を考えて、岡山駅で購入しておきました。

17030801.jpg

岡山の駅前に大きな看板のある「祭りすし」
いつも気になっていたので、迷いませんでした。
[ 2017/03/22 22:33 ] ---まちあるき--- 岡山県 | TB(0) | CM(4)

走るビジネスホテル 「サンライズ出雲」

17030701.jpg

指定席は最後尾の1号車だったので、入線してきた時はまだスピードが出ていました。


「走るビジネスホテル」と言われる サンライズ。
シングル個室の部屋です。

17030706.jpg

17030705.jpg

17030711.jpg

決して広くはないけれど、寝具も綺麗に準備され 鍵もしっかりかかります。

この空間で、窓にしっかり顔をつけて、車窓を眺め、駅と通過列車をしっかりと見ては本当に 夢のような一夜でした。

[ 2017/03/21 21:58 ] 長距離列車 | TB(0) | CM(8)

- サンライズ出雲の旅 - “列車に抱かれて”

17030106.jpg

 日本海に沈む夕陽はどこから見ても美しいものだけど、「駅のホーム」と「夕陽」 
哀愁を盛り上げてくれます。
2014年夏 出雲市駅で オレンジ色に包まれた「出雲市駅」に佇みました。
→ オレンジ色の出雲市駅

17030107.jpg




 そして、また この日、夕暮れの出雲市駅に立ちました。






17030102.jpg


[ 2017/03/20 18:00 ] 長距離列車 | TB(0) | CM(6)

青山高原廃線跡めぐりツアー 「東青山駅」 (三重県津市)

 1975年(昭和50年) 旧東青山駅より東に2.7キロメートル移動して開業した「東青山駅」

17030619.jpg

17030617.jpg

17030605.jpg

17030604.jpg

この無機質な感じは、丁度1年前に、同じく 西青山-東青山の廃線跡を求めて一人降り立った「西青山駅」に似ている。
いや、西青山駅の構造の方が複雑でそそられる部分が多かったなぁ。
でも、あの時は結局 廃線跡らしきを見つけられないまま 夕刻のホームで列車を待っていたのでした。
→ 近鉄大阪線 「西青山駅」 “近鉄週末フリーパスの旅” 



青山高原廃線跡めぐりツアー 「国内初 “鹿踏切”  (三重県津市)

 近年 電車と鹿の接触事故は後を絶たず、近鉄の工務部門では「LEDランプ」「獣害防止ロープ」「鹿笛」など、様々な対策をこうじてきましたが、なかなか事故件数も減らない中、電機部門でも何かできないかと考えたのが、「ユーソニック」という超音波を出す装置の設置。
鹿にとって不快な音を発するので鹿は寄り付かず、発せられない時は寄ってくる。
これをうまく利用。 電車の通らない夜間 音を止めることで、鹿は線路を横断することができるようになり、鹿の生態系を崩すことなく「鹿と共存」することに成功しました。

 この結果 鹿との接触事故は大幅に減少し、他路線での導入や、他鉄道会社からの問い合わせもあるそうです。


17030502.jpg

17030501.jpg





17030506.jpg



青山高原廃線跡めぐりツアー 「旧垣内信号所」 (三重県津市)


現東青山駅の北側の広大な面積を持つ公園は「四季のさと」
季節の変化に応じた表情を見せる花や野草のほか、太古の地層も観察できます。
公園の中腹、東から西に綺麗な 旧線の廃線跡が続いています。

17030401.jpg

17030402.jpg


17030403.jpg