堀川 納屋橋界隈 (愛知県名古屋市)


納屋橋界隈風景。

18021202.jpg

納屋橋を南から北へと横断しようとすると串カツお店が正面に見えます。
18021204.jpg
この欄干はもしかして架け替え前のものでしょうか。

[ 2018/02/17 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

名古屋の堀川 「納屋橋界隈」 (愛知県名古屋市)

 名古屋のほぼ中心部を南北に貫く堀川。
文字の如く、610年名古屋築城の際にあわせてて開削され、舟が行き来し物流の大動脈としての活躍もありました。

名古屋陶磁器会館にあった堀川を利用した陶磁器運搬の写真です。
18021110.jpg

18021111.jpg




そして、今もなお、都会の喧騒の谷間に静かに流れています。

昨日投稿の「加藤商会ビル」は、堀川に架かる堀川七橋の一つ「納屋橋」の東詰に佇んでいるのでした。
18021011.jpg
(再掲)


18021101.jpg
[ 2018/02/16 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

「加藤商会ビル」 (愛知県名古屋市)


 今回の名古屋の旅、一日目は近代建築を見る事が目的。 思っていたより移動距離が長く、疲れを感じ始めた頃に出会った「加藤商会ビル」  出会ったことが一番うれしかった建築です。
私が好きなのは、丁度これくらいの大きさで、会社関係のものがいい。

このビルについて多くのサイトを閲覧させて頂きましたが、歴史的背景が一番良くわかるのはこちらでした。
→ 登録文化財 加藤商会ビル



18021011.jpg

 堀川の袂に佇む「加藤商会ビル」
1931年(昭和6年)建築。
[ 2018/02/15 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

広小路通の近代建築 (愛知県名古屋市)

広小路通にはいくつかの近代建築があります。

「旧名古屋銀行本店ビル(旧中央信託銀行株式会社名古屋支店)」
18020901.jpg

18020902.jpg
1926年(昭和元年建築)
縦に伸びる柱が重厚感を出しています。 コリント式列柱というそうです。

[ 2018/02/14 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

大津通から広小路通へ (愛知県名古屋市)

18020817.jpg
Parco前スクランブル交差点。
 滋賀県にはスクランブル交差点がありません。長野県の松本市で見かけた時、県庁所在地でない町にもスクランブル交差点があるんだと、驚いたものです。 スクランブル交差点を見ると 都会だなぁと思います。

18020818.jpg
高層ビルの建ち並ぶ名古屋でも、ビルの間から垣間見える名古屋タワーはランドマーク的存在です。


[ 2018/02/13 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

「中日ビル」 (愛知県名古屋市)

18020713.jpg

「栄」と呼ばれている名古屋で一番の繁華街にある「中日ビル」

重厚な昭和建築だと思い写真を撮りました。
自宅に帰ったあと、旅の報告を友達として教えてもらった、このビルの解体。

→ 「中日ビルの建て替えについて (中日新聞からのお知らせ)」

中日ビルの地下二階 地上三階は飲食店や店舗、10.11.12階は中日劇場になっているそうです。
屋上部分にあるまぁるいものは回転レストランだったそうです。

私はそうとは知らず写真を撮るにとどまってしまいましたが、多くの人が足を運び、多くに人に感動を与えただろう場所が、消えゆくとゆうことは、とても寂しいことです。

この目で見る事が出来たことに感謝です。
[ 2018/02/12 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(4)

「大津通」と「矢場とん 矢場町本店」 (愛知県名古屋市)

 「文化のみち」界隈を歩いた後は、「矢場とん本店」へ
前回 名古屋駅名鉄店で「みそかつ丼」を食べた感動が忘れられない、ぜひとも本店でわらじとんかつを。今回名古屋を訪れた目的のひとつでもあります。

18020701.jpg

18020712.jpg



「大津通」という名前には親しみを感じます。
滋賀県の大津は地方都市らしさの漂う田舎ですが、大津通には百貨店・大型店・ブランド店が並び多くの人が行き交っていました。
「文化のみち」から真っすぐ南下するだけ。。 と思ったけれど、知らない場所は予想以上に遠く、わらじとんかつ のために空腹にしていたけれど、お腹が鳴ってきたり。。。。

[ 2018/02/11 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

「文化のみち」ぶらり (愛知県名古屋市)

 名古屋市では歴史的な遺産の宝庫ともいえる名古屋城から徳川園に至る地区一帯を「文化のみち」として育んでおられます。

プリントアウトをしたマップ片手に歩きましたが、残念ながら休館日の月曜日。
もっとも、界隈の近代建築は普段も公開されていないものが多く、大々的なイベントは「歩こう!! 文化のみち」とが毎年11月に開催されています。

 18020501.jpg

18020502.jpg

18020503.jpg

文化の道 「二葉館 旧川上貞奴邸 (移築復元)」
日本の女優第一号として名をはせた川上貞奴と電力王と言われた福沢桃介が共に暮らした家です。
休館日で残念ながら内部見学は出来ませんでしたが、それはそれは見事なステンドグラス。螺旋階段を備えています。

[ 2018/02/10 10:10 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)