FC2ブログ







JR九州 吉都線 「えびの駅」 (宮崎県えびの市)


吉都線 「えびの駅」

19051216.jpg

19051204.jpg




19051201.jpg
えびの市出身の黒沢監督作品「美しい夏キリシマ」で、使われた駅です。
(姿が写り込んでしまってすみません。)


JR九州 吉都線 「えびの上江駅」 (宮崎県えびの市)


 車で駅を訪れる事は、極めて少ないのですが、車での訪問は周辺の状況を長距離に渡って把握することが出来るので、いいものです。

「えびの上江駅」の周辺は、おだやかな田園地帯の中にあり、小さな道路、畦道の中に駅があるような印象でした。



19051102.jpg


JR九州 吉都線「えびの飯野駅」 (宮崎県えびの市)


 吉都線「小林駅」から二つ西の駅です。

19051003.jpg

18051001.jpg

JR九州 吉都線 「吉都線とキットカットがコラボ」




 前回の小林駅の記事、最後の写真を見て気づかれた方がおられるかもしれませんが、小林駅の写真を撮っていると、にぎやかなラッピング電車が入線してきました。
JR九州と言えば、水戸岡鋭治さんの洗練されたデザインの列車が多く走っていて、まるで「おもちゃ箱をひっくり返したような」楽しさがあふれています。 そんな中で白を基調とした車体に青いラインの入ったJR九州らしい列車を見ると安心します。



19050905.jpg

あれ?
変わった列車。。







 

JR九州 吉都線 「小林駅」 (宮崎県小林市)

 
 少なくとも40年前、小林市の核となっていたのは国道268号だったと思います。
15年強のブランクの間に、少しずつ町は変わりファミリーレストラン、大手衣料店などが密集する地域が出来ていて驚いたものです。それでも町を貫く国道はメインストリートだと思います。
 ところがその国道から南へ50メートルばかリ入ったところを走るJR吉都線「小林駅」は駅前再開発で「KITTO小林」が、立ちはだかる形となってしまいました。 国内の随所にみられる複合ビルという形で、駅機能を一緒に出来なかったものなのでしょうか。
 吉都線利用者は小林市民が大半であるのでしょうが、もしも市外県外から訪れる観光客がおられたなら、「小林駅」見つけづらいのではないかと。。。  思うのですが。。。


19050702.jpg
吉都線は全線単線、非電化の路線。 小林駅は唯一の有人駅でもあります。


19050701.jpg
小林駅は、1面2線の島式ホームの横に出来ていました。

「西諸(にしもろ)弁標準語化計画」 (宮崎県小林市)


 結婚前のご挨拶に主人の実家へ行った時、宮崎空港で出迎えてくれたのは義母と叔母。
さらに主人が加わった3人の会話は私の耳には外国語に聞こえ異国に降り立ったような感覚でした。
三日間、小林市で三日間過ごしたでしょうか。主人の通訳なしでは会話は出来ないような状態でした。

 あれから40年以上の月日が流れ、普通に会話が出来るようになりました。

「西諸(にしもろ)弁標準語化計画」ポスターを見ると、「くすっ」と笑ってしまいます。
(西諸とは、宮崎県南西部の事を指すようです。)


そんな面白いポスターは、KITTO小林に掲示されていました。


19050801.jpg
「ぴっ が立った」と言います。
「ぴっ」はトゲの事。関西では「トゲがささったぁ~」と言います。







[ 2019/05/14 17:00 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(2)

「KITTO小林」  (宮崎県小林市)


14051501_20190513210410a58.jpg
2014年に訪れた小林駅。





今回訪れてみると。。

 吉都線小林駅が大きくなったのかと思ったら 「KITTO小林」 小林市地域・観光交流センターです。
一階には、観光協会、バスセンターがあり、二階は交流スペースとなっています。



19050602.jpg


駅前も、すっかり綺麗になり、広々と整備されていました。




[ 2019/05/13 21:37 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(0)

「小林市役所」 -小林市という町-  (宮崎県小林市)


 宮崎県の南西部に位置する「小林市」は人口45000人弱、周りを山に囲まれたこじんまりとした町です。
結婚前に始めて訪れた時は、宮崎空港から2時間以上バスに揺られ山中へ、主人の実家には牛や鶏がいる、薪で沸かすお風呂は五右衛門風呂、40年以上前と言えども、大津の町とはかけ離れた印象を持ちました。

 義両親の金婚式に訪れてからあと、仕事に就いてしまった事もあり その後に訪れるまで15年位のブランクがありました。
その15年の間に「小林という町」は随分変化していました。 それは時代の流れとともに、というだけでなく、垢抜けした元気良い町へと内面からの変化でした。

 「小林市役所」と聞けば いわゆる「役場=やくば」をイメージしてしまいますが、駐車場に入り、まさか背後にあるものが「市役所」だとは信じられないくらいに立派な建物が市役所でした。



19050505.jpg

19050506.jpg





[ 2019/05/12 17:00 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(0)