FC2ブログ







旧北陸本線 「柳ケ瀬トンネル 長浜市側」  (滋賀県長浜市)

旧北陸本線跡は、国道365号をほぼそのまま北へと暫く走った後、県道140号へと向きを変えます。

2020090813.jpg

365号はそのまま北へ。140号は西方向へ向きを変えます。

140号に入ってすぐ見えてくるトンネルが「柳ケ瀬トンネル」
1883年(明治16年)貫通 1884年(明治17年)運行開始の 旧北陸線で使われていたトンネルがほぼそのまま道路として使われています。

2020090712.jpg
トンネルの上は一般道365号

2020090706.jpg
右上には北陸自動車道柳ケ瀬トンネル入り口が見えています。


[ 2020/09/18 17:00 ] 旧北陸本線 | TB(0) | CM(0)

旧北陸本線 「中之郷駅」 (滋賀県長浜市)


2020090603.jpg


 北陸自動車道 木ノ本インターを出て、365号を北へとしばらく走ると、右手に「中之郷駅跡」が見えてきます。

明治15年(1882)長浜-柳ケ瀬間が開通した時に出来た駅です。
その後の延伸により、北陸本線の主要駅として活躍しましたが、昭和32年(1957)に、新線ルートが出来たことにより、木ノ本駅~敦賀駅間は「柳ケ瀬線」となり、昭和39年(1964)廃止となりました。
峠手前の駅であり、補機の付替え作業の必要性などから、最盛期 複合式2面9線。転車台・給水塔のある駅でした。


2020090612.jpg

駅・ホーム跡から、木ノ本方向(南方向)を見ていますが、右手奥の白い建物 長浜市余語支所 の、あたりが駅舎だったという事からも、その大きさを思い浮かべる事が出来ます。



[ 2020/09/16 17:00 ] 旧北陸本線 | TB(0) | CM(1)

宇曽川ダム (滋賀県東近江市)


 車旅。廃線跡を目指すため「木ノ本インターまで行ったらいいよ」と言ったのに、「下を行こう」と一般道を走らせる主人。
聞けば ダムを目指しているという。
砂浜があれば、そこにダムを作って子供を喜ばせるのが好きな主人。 郡上八幡を目指して走っていた時も、途中の御母衣ダムに立ち寄りました。 仕事に行っても時間があればダムに行っているという。。 そして今回行くダムもはじめてではないらしい。
 急ぐ旅でもないし、私もダムが嫌いなわけじゃない。


2020090401.jpg






[ 2020/09/14 17:17 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

奥びわ湖への旅 (滋賀県)

 「GoToトラベルキャンペーン」が始まった時、時期尚早ではないかと、批判的だった者の一人です。
その後、経済状況、感染者数の推移などを見ていて 「with コロナ」という言葉を支持するようになりました。
感染対策をしながら社会生活を営んでいく。今はそういう時期なんだと思うようになりました。

 仕事・学校の再開が一番ですが、伴っての飲食、イベント、旅行も、感染対策を十分にしながら再開していい時だと思いました。




2020090501.jpg



 滋賀県では、「今こそ滋賀を旅しよう! 滋賀県観光宿泊キャンペーン」 が実施されています。
これは、GoToキャンペーンの割引とは別に、滋賀県独自に5000円のクーポンを配布するというものです。
滋賀県のみでしか使えませんが、有効期限は12/31までで、観光施設、お土産店、飲食店の他、「平和堂」というスーパーでも使える。つまり、商品券のように使えるということで、「これなら無駄遣いせずに有効に使える」と。
シフトでたまたま連休となっていた、二日間、一泊で奥びわ湖方面へ行ってきました。

 奥びわ湖は、結婚前に主人と何度も訪れ、結婚してからも家族で毎年同じ場所で写真を撮り続けてきた特別の場所。 それも、子供たちが大きくなってきたころから、途絶えてしまったけど、この機会に久しぶりにゆっくりと訪れてみる事にしました。

 何十年もの時を経た二人には、「のんびりと温泉につかり。。 長浜の黒壁と彦根城を」 が似合うかもしれないけど、「ダムへ、廃線後へ。。」

 そんな二日間を、のんびりと紹介させて頂きます。

[ 2020/09/12 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(3)

多治見駅前 昭和の風景 (岐阜県多治見市)


2020090311.jpg

駅前で見かけたこの貼紙の店名を手掛かりに検索をしてみました。
2010年に中津川に移転、お洒落な竹かごのお店をされています。
店主さんは、山仕事など様々な職業を経て、使う物すべてを自分の手で作りたいという思いから、愛知県奥三河で山暮らしを始められ、その経緯から、私が訪れた2008年には、多治見でお店をしておられたのでした。
そしてこの建物は、元郵便局なのでした。

2020090312.jpg

2020090313.jpg

2020090314.jpg


今もなお、頑張っておられる事を知り、嬉しくなりました。

[ 2020/09/10 17:00 ] ---まちあるき--- 岐阜県 | TB(0) | CM(0)

オリベストリート (岐阜県多治見市)


 「オリベストリート」というのは、うつわを見てさわって楽しめる陶器三昧の町
多治見橋を渡った先に続く大通りのようです。
ようです?  これも記憶が定かではなく、陶器がたくさんあったのかどうか、当時はまだ出来たばっかりだったのかもしれません。

町並みを撮っています。
2020090201.jpg

2020090205.jpg




2020090204.jpg




2020090202.jpg

2020090203.jpg


[ 2020/09/09 17:00 ] ---まちあるき--- 岐阜県 | TB(0) | CM(0)

多治見橋 (岐阜県多治見市)

(2008年12月訪問)

 多治見駅で下車して、どこをどう歩いたのかはもう記憶にまったくないのですが、目に留まったのは土岐川に架かる立派な橋でした。

2020090102.jpg


2020090104.jpg

2020090107.jpg



[ 2020/09/08 16:46 ] ---まちあるき--- 岐阜県 | TB(0) | CM(2)

JR東海 中央本線 「多治見駅」 下車 まちあるき (岐阜県多治見市)


 お久しぶりです。 8月ももう終わろうとしています。
例年になく梅雨明けが遅く、夏の暑さを感じ始めるのが遅かった今年。 
「お盆過ぎたら。。」なんてよく言いますが、今年はお盆の頃から猛暑が襲ってきたように思います。
子供の頃は、せいぜい33度だった最高気温は、今では涼しい気温の部類。 さすがにエアコンなしには生活できない毎日です。
それでも、夜になるとコオロギの鳴き声が聞こえてきて、もうすこし。。もうすこし。。したら秋が来る。。。。。と心待ちにしています。

2008年の太多線の旅も、あとひといき。。 続けさせてもらいます。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

2008年12月26日の 0時13分~の写真。
あれから 12年 多治見の町は、どんな風に変化したでしょう。
あの頃、「昭和感じる懐かしい風景」と心惹かれシャッターを押した画像の数々です。


2020080301.jpg
NHKの連続テレビ小説「半分青い」で 五平餅が出てきたのは、この何年も後の事。
岐阜の町では、五平餅看板も町風景です。

2020080302.jpg


[ 2020/08/29 22:19 ] ---まちあるき--- 岐阜県 | TB(0) | CM(0)