FC2ブログ







矢切の渡し (東京都・千葉県)

 比較的過ごしやすい梅雨でしたが、明けると同時に猛暑の日々で、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
私は 青春18切符で岡山までチャギントン電車と、岩国のハス畑を見に行ったり、孫達と姫路セントラルパークを行ったりと元気に過ごしていますが、この時期は公私ともに忙しくブログ更新が滞っています。 また今週末からは娘たちが帰省してくるので、このままだと一ヵ月近く更新が途絶えそうで、頑張ります。



 寅さん記念館、山田洋二ミュージアムを出ると、「矢切の渡し」へ通じる 柴又公園への通路があります。

19080101.jpg


 前回訪れた時は2月で運航中だった「矢切の渡し」ですが 乗場まで行ってその素朴な情緒に惹かれました。
→  矢切の渡し


19080126.jpg

19080127.jpg

19080106.jpg


 この手作り感漂う乗場の雰囲気が庶民的でいいのですが、手書きの注意書きもまたいい。
[ 2019/08/07 22:14 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(8)

山田洋二ミュージアム (東京都葛飾区)


寅さん記念館を出ると、すぐに「山田洋二ミュージアム」があります。

19072603.jpg

19072604.jpg

19072601.jpg
[ 2019/07/27 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(2)

寅さん記念館 感動のエンディング (東京都葛飾区)


19072501.jpg

 「さくら」という女性は、誰に対しても、何に対しても心優しく、それでいて芯はしっかりしている。
作中の人物だとわかっているけれど、私が最も理想とする女性です。
[ 2019/07/26 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

寅さん記念館 「寅さんが愛した鈍行列車の旅 コーナー」 (東京都葛飾区)


19072413.jpg
寅さんの移動はいつも鈍行列車。
のどかな中短距離フェリーの移動や、時に地方でのバス移動はあるけれど、飛行機は嫌いで大騒ぎ。
ゆっくりした移動は、その土地その土地の変化を体で感じる事が出来るからいい。
各駅停車なら、乗り込んで来る人の方言も会話も面白い。



19072401.jpg

列車に見立てたコーナーでは、座席の車窓に寅さん旅が映し出されます。
ひとつひとつ、席を移動してじっくり満喫できたのは、オフシーズンの開館直後だったから。

私はこれを一番見たかったのでした。

[ 2019/07/25 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(4)

寅さん記念館 「帝釈人道鉄道への旅」 (東京都葛飾区)

19072311_20190723201156aeb.jpg


19072309.jpg


帝釈人道鉄道は、明治32年12月に運行を開始。
当時の日本鉄道(現常磐線)の金町駅と柴又までを1.2キロで結んでいました。

[ 2019/07/24 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

寅さん記念館 「故郷駅」 (東京都葛飾区)

 続いての展示は「故郷駅」
男はつらいよ=寅さんにとっての故郷駅はなんと言っても「柴又駅」ですが、こちらの展示は昔の駅を模したものなのでしょう。


19072201.jpg

[ 2019/07/23 17:14 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

寅さん記念館 「わたくし生まれも育ちも葛飾柴又です」コーナー  (東京都葛飾区)


「わたくし生まれも育ちも葛飾柴又です」コーナー

19072004.jpg

19072002.jpg
映画によく出てくるお煎餅屋さん。
今も 帝釈天参道にあります。

19072003.jpg




[ 2019/07/20 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)

寅さん記念館 「撮影スタジオ“くるまや”」「くるまや模型」「タコ社長の“朝日印刷所”」 (東京都葛飾区)


19071801.jpg

 実際の撮影に使用した「くるまや」のセットを大船撮影所から移設したということで、ここに寅さんも、さくらちゃんも おいちゃん おばちゃん マドンナたち 満男君、源ちゃん、が居たのだと思えば、映画の世界が突然に私に近づいた気がします。


[ 2019/07/19 17:00 ] ---まちあるき--- 東京都 | TB(0) | CM(0)