- サンライズ出雲の旅 - “列車に抱かれて”

17030106.jpg

 日本海に沈む夕陽はどこから見ても美しいものだけど、「駅のホーム」と「夕陽」 
哀愁を盛り上げてくれます。
2014年夏 出雲市駅で オレンジ色に包まれた「出雲市駅」に佇みました。
→ オレンジ色の出雲市駅

17030107.jpg




 そして、また この日、夕暮れの出雲市駅に立ちました。






17030102.jpg



17030101.jpg

鉄道を好きになり、次々に乗りたい路線が押し寄せてきて、次々に乗車してきました。
上田電鉄、松本電鉄、大井川鉄道、銚子電鉄、各地の路面電車、飯田線 三江線。。 まだまだ まだまだ乗りたい路線は押し寄せてくる。
そんな中に潜在的に「寝台夜行列車」はありましたが、距離的・経済的な理由で躊躇しているうちに トワイライトエクスプレス、カシオペア 等 近年次々定期運用がなくなり、現在は 「サンライズ出雲号」「サンライズ瀬戸号」のみとなりました。
東京と出雲を結ぶ寝台特急は山陰を訪れた時に、何度も見かけていました。

旅頻度が人より多く できる限りリーズナブルな移動を心掛けている私は、基本 お得な切符でしか移動しないのです。
東京、出雲、高松。 遠いなあ。

今年の2月 ふと 思いついたのです。
「そうだ 青春18切符で つなごう!!」
青春18切符で始発駅まで行き、夜行列車に乗車。翌日夜行列車の終着駅から青春18切符で帰ってくる。
これで 私の 「寝台列車乗車願望」は果たせる。



朝7時前に自宅を出て、東海道本線、山陰本線、伯備線、山陰本線と乗り継いで、サンライズ出雲号の始発駅に到着したのは 17時過ぎでした。


あの日のように、出雲市駅がオレンジ色に包まれ、日が落ち ホームはひっそり。
夢にまで見た、寝台夜行列車の旅が今から始まろうとしています。


指定席は1号車。
最後尾、発車数分前の入線だったので、車両をゆっくり撮る間もなく乗り込みました。

17030103.jpg


17030105.jpg

17030104.jpg

車窓を見逃したくないので、発車までの、2.3分でとりあえず車内を後ろから前まで歩いてみる。。

すぐ部屋に戻り 使い勝手を確認しつつ、車窓からは目を離さず。。
もう とにかくこの瞬間瞬間を見逃したくないと、浮足立った気持ちのままいつの間にか発車。

列車は、今日 自宅からここまで通ってきた路線を走ります。
まるで子供のように窓ガラスにはりついて闇に流れる景色を眺めます。

さっきみた伯備線沿線での工事現場は、危険区域を知らせる赤いランプがまるでイルミネーションのように見えている。



17030108.jpg

17030109.jpg

17030110.jpg

倉敷駅 岡山駅ではまだ通勤時間。
人々が日常の生活をしている時間に、列車から駅に居る人たちを見下ろす。。

17030111.jpg



切符を手に入れた京都駅。
深夜の静まり返った京都駅を列車から見るのは勿論はじめてのこと。
17030112.jpg


ここは、私の最寄り駅。
17030113.jpg

そしてここは瀬田川。
眠る町を今、私は列車で通り過ぎてゆく。。
17030114.jpg

ガタンゴトン ガタンゴトン
列車の振動に身をゆだね。。 いつしか眠りに落ちる。。
至福の時。
すべてが夢の時。




ここは、静岡駅たったかな。
発車の時を待つ列車でしょうか。
17030115.jpg


17030116.jpg

17030117.jpg

17030118.jpg

17030119.jpg

夜は明け、満員列車の関東の列車を見下ろす。
なんという贅沢なんでしょう。




17030120.jpg
品川駅手前の線路沿いの工事が長距離続いていました。
これは、どうやらオリンピックに伴う線路工事らしい。







17030121.jpg

17030122.jpg
いつまでもいつまでも列車に揺られていたいと思ったけれど、東京駅到着。


贅沢だけだと、またこんな贅沢をしたい。








関連記事
[ 2017/03/20 18:00 ] 長距離列車 | TB(0) | CM(6)

サンライズ出雲、乗られたんですね!
いいですねぇ~
私もいつかは乗ってみたいです。
[ 2017/03/20 19:49 ] [ 編集 ]

★タケヘイさん

走るビジネスホテル と言われる寝台列車ですから、ブルートレインのような情緒はありません。
でも、個室でしっかりと列車に寄り添える12時間は至福の時です。
何度もでも乗りたいです。
[ 2017/03/20 21:12 ] [ 編集 ]

わー贅沢な旅でしたね、列車に乗るだけの。昔の列車とちかって、個室ですからね。トワイライトに乗ったときは2段B寝台でした、周りに気をつかいますね。でも北海道新幹線できて、機関車で動かす寝台列車はなくなったんですね。
JR西日本は瑞風と言って高くて乗れない寝台列車です。
岡山での瀬戸号連結の時間かからなかったですよね、1号車は最後だから。
[ 2017/03/20 23:54 ] [ 編集 ]

★そば打ちおじさん

本当に贅沢ないい旅でした。個室と言っても私に手の出させる金額です。 これで個室で夜汽車を満喫できるなんて最高ですよ。

30年位前に東京から銀河に乗った時は、2段B寝台。周りに気を使うってのもありますが、車窓が見られなかったのが残念でした。 今回はずっと、ロールカーテンあけてました。
従来の夜行列車は移動手段のためのものでしたが、瑞風のようなものは、もう完全に列車を楽しむためのもの。。 私の場合 とても手が出ないってのもありますが(笑) 楽しむことに作られた列車はあまり好きじゃないんです。

岡山での連結は条項扱前で見られませでした。サンライズ瀬戸だとみられるのにねぇ。
ムーンライト九州の機関車付け替えはは下関で下車してみてました。
[ 2017/03/21 20:59 ] [ 編集 ]

karesansui

懐かしいですねぇ。
よく東京/横浜-岡山で使ってました。
ノビノビ座席の快適さを知ってからは、もっぱらそれで。
海外にいると寝台特急の指定券を取ることができないので、予定に組み込みづらくて使ってませんが、帰任したらまた乗ってみたいものです。
[ 2017/03/21 23:38 ] [ 編集 ]

★karesansui さん

お久しぶりです。
のびのびシート、やはり快適なんですね。枕元には シキリもあるのでプライバシーも守られ、昔のフェリーのような感じとは全く違ってますね。
夜行バスより少し料金は高めとなりますが、鉄道好きにはたまらない移動手段。私も 出雲市-東京という全線利用でなく部分的に利用してみたいと思います。
みどりの窓口に行かないと購入できないのが難点ですね。
[ 2017/03/22 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://michiyo0520.blog20.fc2.com/tb.php/3772-0090d73b