FC2ブログ







しなの鉄道 「田中駅」 “信州・私鉄の旅” (長野県東御市)

 「大屋駅」のお隣の駅、「田中駅」
友人・知人を思い浮かべてしまう駅。 身近に感じてしまう駅。
~田中駅は、全国各地にいくつかありますが、「田中駅」はここだけです。

16050701_20160603223542c6d.jpg



16060717.jpg


しなの鉄道 「大屋駅」界隈 信州・私鉄の旅“” (長野県上田市)



16050601_20160603213258234.jpg

 大屋駅から1.5キロの距離にあるという「海野宿」は北国街道の宿場町。
帰ってきてからサイトを見れば、街道好きの私が惹かれる魅力がいっぱい。
時間調整をうまくして是非とも足を伸ばしたかった場所です。

→ 海野宿

 


街道沿の雰囲気が漂っています。

16060502.jpg

16060503.jpg

[ 2016/06/06 17:30 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(2)

岩瀬浜 “おとなび北陸フリー切符の旅” (富山県)

 
 富山ライトレール 終着「岩瀬浜駅」

なかなか雰囲気のある、古い町のようです。
→ 岩瀬浜まち歩きマップ
方向音痴名私は、このように手作りの詳しいマップが大好き。 
すぐにでも歩きたくなります。
旧北国街道をゆっくり歩いてみたい、東岩瀬浜駅までもそう遠くなさそう。
1人なら、ここで十分な時間を取りたい所ですが、仕方ありません。

 とりあえず、水辺まで出てみました。

16011801.jpg
運河の向こうに、海が広がっています。

16011802.jpg
「大漁橋」

16011804.jpg
「岩瀬橋」



16011803_20160121143201439.jpg
このような佇まいの医院が垣間見えるのは、この町に 繁栄の時代の風景がたくさん残っているからなのでしょう。



運河の提案をしたとされている、「オランダ人 ヨハネス・デレーケ」
この方は、大津でも砂防工事に貢献されています。
富山のこの地で知ったお名前に出会えるとは、嬉しいものでした。

→ オランダ堰堤


[ 2016/01/22 21:00 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(0) | CM(6)

「菊水飴」 (滋賀県長浜市)

ブロガーによる歴史探訪情報発信
【 余呉湖周辺から高時川の上流域を訪ねて-長浜市- 】 

 先日お知らせしました 探訪【近江水の宝】 -余呉湖- 
に関連しての ブロガーによる歴史探訪情報発信、8月31日に行ってきました♪

* 「探訪「近江水の宝」鏡湖の天女羽衣伝説をゆく-余呉湖」の 締切は明日9/12午後5時までです。お急ぎください♪

【INDEX】

***********************************************


 菅山寺里坊「弘善館」への、北国街道沿にある「菊水飴本舗」

13091310.jpg

13091309.jpg


 お商売をしておられるようには、見えない素朴な佇まい。

[ 2013/09/11 20:28 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(6)

「近江天満宮大箕山菅山寺 里坊 弘善館」 (滋賀県長浜市)

ブロガーによる歴史探訪情報発信
【 余呉湖周辺から高時川の上流域を訪ねて-長浜市- 】 

 先日お知らせしました 探訪【近江水の宝】 -余呉湖- 
に関連しての ブロガーによる歴史探訪情報発信、8月31日に行ってきました♪


【INDEX】

***********************************************


 米原から琵琶湖東岸を南北につないで越前今庄を経て直江津につながる北国街道が余呉の町に通っています。

13091201.jpg



ふと右手に現れる朱の鳥居。
13091202_2013090422303807d.jpg



[ 2013/09/10 22:21 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

湖岸ライン③ 「観音寺~旧北保町」 の湖岸ライン (滋賀県大津市)

13060801.jpg

湖岸ラインを求めて散策中このような地図を見つけました。 5~6年前の地図と思われますが、カラーで比較的わかりやすい地図です。

湖岸ライン① 湖岸ライン②で遺構が確認できたのは、地図左上 「増田タバコ店」後ろの道路のところまで。
元実家「㈱木豊」の後ろで、「㈱木豊」の敷地後ろにあった蜜柑の木のところまで、琵琶湖があったと聞いていますから、そこまでは、辿れたとしましょう。。

問題はその先です。「湖岸ライン巡り」でのその部分については触れられなかったそうで、あとは私の推測ですすめてみることにしました。


地図、真ん中から右真ん中あたりへと走る道路は国道161号線。




「尾花川橋」は昭和38年竣工
13060906.jpg

13060907.jpg

続く「新三保ヶ崎橋」は昭和35年竣工
13060908.jpg


画像の国道161号線部分は昭和30年代に開通した事がわかります。


[ 2013/06/12 18:35 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

湖岸ライン① 「尾花川~観音寺」 (滋賀県大津市)

 今年3月 大津歴史博物館で開催された「れきはく講座」
「かつての湖岸ラインを探る」 休みを取って待っていたのに残念ながら抽選漏れ。。
残念でなりませんでしたが、心ある方から資料をお借りする事ができました。



13060604.jpg


13060605.jpg

13060601.jpg

地図によると、赤線部分に湖岸ライン跡があるという事です。

[ 2013/06/09 21:26 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

尾花川警察官舎 (滋賀県大津市)

 大津市尾花川 北国街道沿には、古くからの町並みが今も残っていますが、琵琶湖岸に向かい尾花川公園の手前に 警察官舎があります。



13060201.jpg


小学校5年の時に、官舎に住んでいる友達が出来て、よく遊びに行きましたが、当時としては珍しかった集合住宅はコンパクトにすべてがまとまっていて、かつ部屋が独立しているので、憧れでした。

[ 2013/06/06 13:11 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

親玉饅頭 (大津市)

13051303.jpg


 私の生まれ育った、大津市長等学区に残っているお饅頭屋さんは、もうここ一軒じゃないかと思います。


 北国街道沿、長等神社の参道口にあった「三上さん」は、たいそう大きなお饅頭屋さんで、小関にある父のご先祖様のお墓参りに行く時、お供えのためにいつも買っていました。
 竹の皮にひとつひとつお箸でつかんでお饅頭を並べ、折りたたんで紐を結ぶ。。そしてさらに包装紙で包む。
その所作は、母がお肉屋さんでお肉を買うときの所作に似ていたけれど、子供にはお饅頭の方が楽しかったんです。
 そのお饅頭屋さん、何十年も前に閉店されていますが、今もシャッターが下ろされているだけで、当時のお店の大きさや雰囲気の名残を感じます。
(写真を探しましたが、撮っているようで撮ってなかったです 残念)






13051301.jpg
大津市立図書館近くの「日野餅」さんは開いているのを見た事がないような気がするのですが、前を通る日が休日だからでしょうか。

長等商店街から少し入った所にも小さなお饅頭屋さんがありましたが、20年以上前に閉店されています。



[ 2013/06/02 22:24 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(7)

北国海道 と 北国街道  (滋賀県)

 前回の記事で「北国海道」と記しました。
単純に考えて、昔の街道ですから「北国街道」でしょ? 間違ってるんじゃないの? と思ってしまいます。

 自分自身の中で理解を深めるためにも、少し整理します。

「北国海道」
 大津の礼の辻で東海道と分かれ、湖岸沿いに衣川(大津市)、和迩(志賀町)、木戸(同)、小松(同)、の各宿駅を経て高島郡に入り、河原市(新旭町)、今津(今津町)の両宿駅を経て海津の宿駅に至り、海津からは七里半越えで 北国海道は「西近江路」と別称され、「北国脇往還」とか「西国街道」とも呼ばれました。剣熊関(マキノ町野口)を通り、山中(敦賀市)-疋田(同)の両宿駅を経て敦賀市に至っていました

「北国街道」 
 中山道の鳥居本宿(彦根市)から琵琶湖の北東岸を通り、栃ノ木峠を経て越前に至っています。




 幼い頃を過ごした家の前、生活道路が「北国街道」であると聞いたとき、へ~ 木之本まで続く道なんだなぁ。。 と思ったものですが、「北国街道」ではなく「北国海道」なのでした。


 「札の辻」を基点に琵琶湖の西を経て敦賀に至る道が「北国海道」で 平安時代の頃から既にあったそうです。


[ 2013/03/25 10:44 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

海津の町 (滋賀県高島市)

11011706.jpg


11011705.jpg


滋賀県高島市マキノ町海津
琵琶湖の北にある町。
「海津大崎の桜」ばかりが有名ですが、静かで綺麗な風景の町です。

琵琶湖に突き出ているこの板。
戦前、野菜や衣類をすすぐため町の人達が設置したものです。


[ 2011/01/29 13:54 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

「きのもと」 (滋賀県長浜市)

11011601.jpg

「仕込み方とデザインは創業当初から変わっておりません」

 以前に何度も書いていますが、私はイマドキの聞き慣れないフランス語のような響きを名前につけた、べるのが勿体無いような綺麗なケーキではなく、昭和の時代のこってり系のケーキだけが好きです。
さすが木之本。。昭和のケーキ健在でした。

11010812.jpg



秘密のケンミンショーで紹介された「滋賀県民のスーパー=平和堂」県内のいたる所、駅前から住宅街どこにでもあります。
「黄色いモンブラン」の地蔵坂の「大利」さん。駅前の平和堂店内にお店がありました。
11011602.jpg




[ 2011/01/26 12:31 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

つるやのサラダパン (滋賀県長浜市)

11011505.jpg


「サラダパン」 一躍有名になりました。
秘密のケンミンショーでも紹介され、滋賀県民はみんな「サラダパン」をべている、滋賀県のどこにでも「サラダパン」が売ってあると思われているようです。

大津に住んでいる私は知りませんでした。
おそらく地元の方々、木之本の方々が何気なくべておられたパンだと思います。
2年前に、長浜の某スーパーで尋ねてみましたが置いてありませんでした。
最近でこそ、草津のスーパーにスポットで入ってくるようですか、「滋賀県民はみんなサラダパン」をべているなんてことはありません(笑)
[ 2011/01/25 18:19 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

北国街道② (滋賀県長浜市)

 地蔵坂を登り突き当りを左へ折れてみます。こちらには特に目立った店舗などはありませんが、街道らしい風景を心地よく感じる事ができます。


11011302.jpg


11011301.jpg




[ 2011/01/23 20:30 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

旧滋賀銀行木之本支店(きのもと交遊館) (滋賀県長浜市)

 木ノ本駅から地蔵坂を登り右に折れた風情ある北国街道筋にある「旧滋賀銀行木之本支店」

11011201.jpg
昭和10年(1935年)建築
RC造 川端組施工



11011202.jpg


現在は「きのもと交遊館」となり、町民や来訪者が集う憩いの場となっていまいす。



[ 2011/01/21 16:17 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

北国街道① (滋賀県長浜市)

11011101.jpg

木ノ本駅から地蔵坂を登り、正面に木之本地蔵の見える角「あたらしや洋品店」さん。
札の辻跡です。

11011102.jpg


右に折れて歩きます。


[ 2011/01/20 11:58 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(6)

旧丸二テグス株式会社  (滋賀県長浜市)

 木ノ本駅から北国街道への風情ある町並の途中にある近代建築
11010605_20110117205403.jpg

丸二テグス株式会社 旧本社
1927年(昭和2年)建築
現在はすぐ近くに移転しています。


 縦長窓が建物をスマートに見せてくれます。
[ 2011/01/18 20:40 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

木ノ本駅~北国街道 (滋賀県長浜市)

 木ノ本駅から北国街道に通じるなだらかな上り坂の町並みに趣があります。
ほんの数百メートル、歩いて5分程度ですが、昔は塩津街道から北国街道に通じる道であり、主要道路であった名残でしょう。

11010811.jpg

木ノ本駅から北国街道に向かって歩いて、振り返った画像です。

[ 2011/01/17 16:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

JR西日本 北陸本線「旧木ノ本駅」 (滋賀県長浜市)

11010409.jpg

北国街道脇の細い路地の正面にある、赤い瓦屋根の「木ノ本駅」
ここから見える「木ノ本駅」が一番好きだなぁ。。


博物館通  (滋賀県長浜市)

北国街道の二本東の通。
「博物館通」

時間の都合で十分に歩く事はできなかったのですが。。。


hakubutsukan2.jpg

「曳山博物館」


hakubutsukan1.jpg

「長浜オルゴール堂」 (旧大垣共立銀行)
昭和7年建築

オルゴール専門店。
300坪の落ち着いた雰囲気の広い店内には多種多様のオルゴールが一杯並んでいる。さまざまな音色、メロディーがありメルヘンティックな世界が展開されており、その規模の大きさに圧倒される。鑑賞するだけではなく、全て即売されており、値段もお手ごろのものがほとんどである。


女性なら、この中に入って綺麗なオルゴールを楽しむのでしょうが、どうしても建物に目が行きます。
時間がなくて店内に入る事はできませんでしたが、きっと、天井部分、階段部分に近代建築の名残をさがしてしまったでしょう。。。
[ 2008/02/04 15:02 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)




FC2 Management