仙台駅 「すし通り」  (宮城県仙台市)

 夕刻、再び 同行のぷにょさんと再会。
何度か仙台には来た事のあるぷにょさんの お勧めで「すし通り」で立ちい寿司。
立ちいそば、立ちいうどん、なら経験あるけれど、「すし」ははじめて。
こういうのは、やはり先駆者についていくのが心強い。 社会人になった時 先輩にはじめてのお店に連れて行って貰った時の感覚です。



16011401.jpg

16011402_20160119220219f63.jpg





[ 2016/01/19 21:00 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(4)

JR東日本 奥羽本線 仙山線 (山形県 宮城県)

 はじめての東北、到着翌日は、同行のぷにょさんと石巻線、鳴子温泉泊で楽しみましたが、翌日は お互い自由行動。
私は、やはり鉄道旅。
さて、どこを回ろうかと 時刻表とにらめっこをしたのですが、本数か少なくなかなか思い通りにいかなくって、結局 反時計周りに仙台駅に戻るプランしかできなかったというのが、正直なところ。

「はじめての」東北です。

16011321.png

陸羽東線で新庄駅。
奥羽本線で西へ。
「奥羽本線」は、福島駅~青森駅までを結ぶ路線。
東北へ来たんだと気分も高揚。
いつか奥羽本線を乗りとおしたいと思いつつ、部分乗車。

16011301.jpg


JR東日本 陸羽東線 鳴子温泉駅~新庄駅 (宮城県大崎市~山形県新庄市)

 列車は東北の内陸部へと走ります。

16011201.jpg

16011202.jpg
「日本こけし館」界隈にある「鳴子峡」 タクシーの運転手さんが、このあたりで一番の紅葉の名所だとおっしゃっていましたが、なるほど、多くの人が、おられます。
列車内でも、鳴子峡についての案内がありました。
(拡大写真のため、不鮮明で申し訳ありません)

16011203.jpg

16011204.jpg


JR東日本 陸羽東線 「鳴子温泉駅」ホーム  (宮城県大崎市)

16011101.jpg


 鳴子温泉駅へ戻り、ホームへ。
この字体・いい感じ。

16011102.jpg

16011103.jpg


16011106.jpg

右も左も「湯」関係。
広く、「湯の町」である事を目で感じます。

「日本こけし館」 「奥の細道」  (宮城県大崎市)

 日本の「こけし」がずらりと展示されているという「日本こけし館」。
歩いて行けない距離ではないけれど、ちょっと遠い。私にしては、珍しくタクシーを利用しました。


16010903.jpg

16010904.jpg

16010902.jpg


仙台から山形県の酒田を結んでいる国道47号。
ちょっと山手に入った所にあるのが「日本こけし館」

16010901.jpg

 残念ながら館内撮影禁止だったのですが、地域ごとに違う「こけし」の形、顔。 歴史。など多くの事について詳しく展示してあり、興味深く見る事ができました。
「こけし」の研究もいいなぁ。「こけし」を巡る旅もいいなぁと思う。
なんとも言えない、すまし顔がいい。
ひとつ おおきーな「こけし」を買おうと思ったけれど、いざとなると、思いきれなかった。

[ 2016/01/14 21:00 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(2)

JR東日本 睦羽東線 「鳴子温泉駅」 (宮城県大崎市)

 東北、鳴子温泉の玄関口。

16010801.jpg

16010802.jpg

16010803.jpg


鳴子温泉郷は、趣のある温泉が多く、温泉巡りをするのも面白そうです。
同行のぷにょさんとは、ここから別行動。でも。。。後から話を聞けば、ご一緒すれば良かったと後悔。。


第六北羽前街踏切  (宮城県大崎市)

 鳴子温泉の中心街を過ぎ、ぽつぽつと「こけし」のお店が点在する通りを歩くと、踏切がありました。


16010701.jpg

うわぁ~ 道路のカーブにかかる踏切はいい。
賑やかな温泉街から町へと続くのどかな雰囲気がいいなぁ。
いえぃえ。 これは町から温泉へ入る道なんでしょう。 

16010706.jpg


鳴子温泉 (宮城県大崎市)

 さて、去年11月の旅。
更新が途中になったままです。
はじめての東北。二泊目が「鳴子温泉」 日の落ちた温泉街に「こけし」が優しく華やかに浮き上がる風景に心穏やかに 夜の温泉街を楽しみました。 
→ 鳴子温泉へ

翌朝、明るくなった「鳴子温泉」もまた、独特の優しい雰囲気が漂っています。

16010601.jpg

16010602.jpg


[ 2016/01/11 22:32 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(2)

鳴子温泉 温泉神社 

 温泉旅館の建ちならぶ通りより、少し脇道を入った小高い場所に、ひっそりとあるのが「温泉神社」

日本は火山帯が縦横に走り、各地に温泉がある。温泉は、湯神・温泉神として古来より崇敬の対象となってきた。その神を祀るのが湯神社・温泉神社である。 (Wikipediaより)

正式名は「延喜式内鳴子温泉神社」と言います。

15111101.jpg

15111102.jpg


[ 2015/11/15 15:00 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉元祖うなぎ湯の宿 「ゆさや」 お食事 (宮城県大崎市)

 旅館に到着したあとは、湯の町散策、宿から道を挟んだ正面奥にある貸切露天風呂に入ったあとは、お楽しみのお事です。

部屋ということで、のんびりとしていたら、たくさんのお膳が運ばれてくるではありませんか?
あれ? 私達2人だけなんだけどなぁ。。。

ずらりと並べられたお膳。
15110901.jpg

うわぁ~~
これ一人分です。
こんなお事って経験した事ありません。
あらまぁ~

[ 2015/11/14 15:00 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(2)

鳴子温泉元祖うなぎ湯の宿 「ゆさや」  (宮城県大崎市)

 今回の東北の旅。
実はすべてぷにょさんが計画してくれました。
格安飛行機の手配、旅館の手配。旅をするにあたって、これほどにノータッチだったのは久しぶりでありがたい事でした♪
宿も、「ふるさと割」を使って5000円引き。
おかげさまで、素晴らしい宿に宿泊することができました。

鳴子温泉元祖うなぎ湯の宿 「ゆさや」

創業380年の伝統を誇る宿。木造2階建て純日本建築は国の「登録有形文化財」
お部屋についての説明はこちらです → お部屋のご案内

 さすがに、最近 歴史ある温泉旅館めぐりをされているぷにょさんだけの事はあります。

15111001.jpg

15111003.jpg

15111004.jpg


「旅館」と言うよりも「旅篭」と言うのがふさわしい。。
旅の情緒がたっぷりです。


[ 2015/11/13 11:12 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(0)

鳴子温泉へ (宮城県大崎市)

 東北で始めての地、「石巻」
考えさせられる事も多かったけれど、意外に関西と変わらないなぁと感じたのは、都市部だったからかもしれません。

石巻をあとにして、一路 「鳴子温泉」へ


15110801.jpg

15110803.jpg
石巻から乗車した電車はこれでした。


15110802.jpg 15110804.jpg

15110805.jpg 15110806.jpg

15110807.jpg 15110808.jpg

「小牛田(こごた)」駅からは、陸羽東線。 通称 「奥の細道湯けむりライン」

う~ん。鄙びたイメージが漂っています。









[ 2015/11/12 14:42 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(0)

観慶(かんけい)丸商店   (宮城県石巻市)

 石巻の町を歩いていて、ひときわ目を惹く建物。
タイル張の建物はそれだけで独特の輝きを持つのに、建物の意匠がまた、目を止めてくれます。

15110501.jpg

15110502.jpg


さほど大きい建物ではないなぁと思うけれど、ただモノじゃない事は確か。

[ 2015/11/07 22:55 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(8)

石巻で新鮮おさかな (宮城県石巻市)

 秋晴れの石巻の町を歩いていて、ふと見つけた雑貨屋さん。
秋の洋服って胸元が寂しいなぁって思っていたから、こんなアクセサリーが目について、購入しました。
滅多にアクセサリーなど買わないのに、手作りの素朴な暖かさに惹かれました。

15110410.jpg


 店内に掲示されていた震災時の写真を見ていたら、いろいろとお話をして下さいました。
ご自分が撮られたという写真は、お店の前。
此処もテレビで見ていたような惨状になり、周辺が今 静かにお店を再開されているのが嘘のような光景。
今まだ、見つからぬ子供さんを捜し求めておられる女性がおられる事。
活字やテレビのニュースでなく、被災地の方の生の声をお聞きしていると、何故か涙が出てくるのでした。


 「お昼はどうされるんです?」
「じゃあ その先のお魚屋さんがいいよ。さばいたお魚がべられるから」

[ 2015/11/05 11:35 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(2)

日活パール (宮城県石巻市)

 秋の日の土曜。
石巻の町は青空の下。
ふと、目についた看板。

15110301.jpg


「日活」言えば、「ロマンポルノ」を連想してしまうのは、私達の世代?

15110302.jpg

裸電球の電飾やら、ちらっと見える赤い屋根の神社やら。。
なんだか、怪しげでもあるし、今は営業してないようにも見えるのですが。。


[ 2015/11/04 22:45 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(4)

石巻の建物 (宮城県仙台市)

15110224.jpg

 土曜の朝 青空の下の石巻は、とても見通しのよい広々とした町の印象を受けました。
ただ、4年半前までがどうであったのかは、見えません。



町を歩いて、私の目に留まったものです。

「食堂 東洋」
ネーミングに歴史を感じます。
15110202.jpg

15110203.jpg



[ 2015/11/03 22:57 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(2)

石巻立町復興ふれあい商店街で、おいしいものふたーつ (宮城県石巻市)

 

駅前を歩いていると、「復興商店街」の看板がありました。

15110101.jpg

私が最初に、東日本大震災の被害をこの目で見たのが此処でした。

15110102.jpg

仮設商店街というものが、実際 どのようなものなのか。
こじんまりとした店舗が長屋のように、一軒ずつ営業されていました。

→ 石巻まちなか情報局 石巻立町復興ふれあい商店街


 一生懸命、生きておられるこの場所に関西から来た私などが足を踏み入れていいものなのか、躊躇してしまいました。

[ 2015/11/01 22:33 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(9)

仙台駅~石巻駅 (宮城県仙台市 石巻市)

 東北のJR路線については、これまた全くわかっていない状況。
どこへ行こうか、何があるのか。
宿は決まっているから、時間的な事から石巻駅まで行く事にしました。

「仙石線」というものが仙台と石巻を結んでいる路線のようだけど、路線図で見ると東北本線から小牛田を通り石巻線を通るのが最短のような気がする。
どこを通っているのかもわからないまま、車窓に海が見えました。

15103001.jpg

駅名すらチェックしてなかったので、もしかすると「仙石東北ライン」だったのかもしれません。
未知の地に、入る時は、もっと目を光らせないといけないと、今更思います。

車窓に飛行機が見え、なんだろう?と思っていたら ここは航空ショーの最寄駅のようです。

15103002.jpg

[ 2015/10/29 22:21 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(0)

「仙台駅」「北仙台駅」 (宮城県仙台市)

 はじめての東北。まるで外国にでも来たかのような気分で何もかもが珍しく、私の基本? 駅舎観察も上の空。

「仙台駅」
昭和のターミナル駅の堂々たる風格が漂っています。
ローカル線を旅していても、ターミナル駅というのは乗換駅であったり宿泊地にしたりするので多くの県庁所在地駅等を見てきましたが、これほど昭和感を残している駅はもう少なくなってきました。

15102914.jpg


15102901.jpg


ペデストリアンデッキ等なかったであろう、昭和の時代の方が、もっと存在感があり、駅全景を望めたでしょうに、ちょっと寂しくもあります。

15102902.jpg
なにやら、工事中です。



[ 2015/10/26 22:52 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(4)

東北 はじめの一歩  (宮城県仙台市)

 関西人の一番遠い日本は「東北」だと言います。
日本は大きな二つ地域に分けられていて、東日本・西日本。
ここでまず、西日本の分類に属してしまうため、すべての情報が西日本中心になってしまいます。
さらに、旅も、まず北海道へ向かいます。ツアーも北海道中心、修学旅行も北海道。関東は言わずと知れた日本の中心ですし、北陸はJR西日本が富山まで伸びているため比較的近い。
そんなこんなで、中間地点の東北という場所は、どうしても一番馴染みのない場所となってしまいます。
 私とて、この歳になっても東北はまだ未踏の地。
「東北」ってとこに行ってみたいなぁと思っていたところへ、フットワーク軽く、リーズナブルに旅をするぷにょさんの様子を見て 「一度お得な飛行機で一緒に東北行ってみたいねぇ」と言っていたら、お得な飛行機予約してくださいました。
往復12000円。


 そんなわけで、二週間前に一緒に新居浜へ行ったばかりだと言うのに、贅沢にもまた旅行♪

15102801.jpg

 神戸空港の利用は二度目。
通勤時間帯に神戸空港まで移動した前回は、その混雑振りにうんざりしました。
ところがどうして、昼間の時間帯に移動すれば混雑知らず、ポートライナーを降りればそこが空港。 昼特切符を使ってJRで移動すれば1000円。
こじんまりとした空港は、落ち着けるし、意外に穴場な空港だと今回 魅力を感じました。


15102803.jpg

陽が落ちる頃に飛行機に乗るのは、何年ぶりでしょう。
飛行機に乗るのももう10年ぶり位です。




[ 2015/10/22 12:21 ] ---まちあるき--- 宮城県 | TB(0) | CM(6)