「由良谷川隧道」 (滋賀県湖南市)


(2014.9.29訪問 同種の内容なので未投稿記事を付け加えています)

大沙川隧道より北西方向にしばらく歩いたところにありました。

17051302.jpg
明治19年竣工
トンネルの上は由良谷川。
今でも重厚で剛健です。

17051303.jpg



旧東海道。
このトンネルの下を多くの旅人が通過したかと思うと胸が高鳴ります。

[ 2017/05/13 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

JR西日本 草津線 大沙川隧道 (滋賀県湖南市)

 鉄道研究会のフィールドワークは今回が始めてではなく、過去に何度か開催されましたが、ブログ記事にするタイミングを逃してしまったものがあります。
 2014.9.29にも湖南地方を訪れ、鉄道遺産、産業遺産を見学しました。
湖南地方記事のタイミングに合わせて、記憶をたどって記事にすることにします。

 湖南市に流れる天井川のひとつ、「大沙川」
旧東海道やJR草津線は天井川の下の隧道を通っています。

17051204.jpg

隧道の上が大沙川。
現在は殆ど川の水はありません。

JR西日本 草津線 国分橋梁 (滋賀県甲賀市)


新道橋梁から少し先にあるのが「国分橋梁」

17051003.jpg

ここも、地元の方の生活道路である事がうかがえます。
交通量もそれなりに多く、見学中も何台かの車が通り抜けていきました。

17051001.jpg

さきほどの新道橋梁よりも、ずっしりとした感じを受けるのはその大きさのせいからでしょうか。

JR西日本 草津線 「新道橋梁」  (滋賀県)

貴生川駅から 築堤沿いののどかな道を歩いていると、再び橋梁です。

17050901.jpg

小ぶりですが、舗装されていない道路には、しっかり轍がついていて、地元の方の生活道路になっている事がうかがえます。

17050902.jpg

120年以上も前に作られた煉瓦造りの橋梁の上を今も、列車が走る。。
なんと、素晴らしい事なんでしょう。
この周辺の風景は、120年間、きっとあまり変わる事はなかったのだろうと思います。。

JR西日本 草津線 貴生川駅~次の橋梁まで  (滋賀県甲賀郡)


貴生川駅から、次の橋梁へと向かいます。

17050712.jpg
停車中のバスにまで忍者が描かれていました。

17050701.jpg
貴生川駅から狸で有名な信楽までは、貴生川駅から信楽高原鉄道で20分程度です。

17050702.jpg
甲賀、土山はお茶も有名です。

17050703.jpg