桐生駅~京都駅 

 関東の地理は、まったくわかってないし、鉄道網は複雑で、「えきから時刻表」で検索したまま、一路 新宿駅へ。

桐生駅17時25分 → 小山駅18時23分
小山駅18時34分 → 新宿駅19時57分

桐生駅から2時間半。
関東圏は、どこからでも小一時間で都心に移動できるという感覚でいた私には意外。
勿論、事前に所用時間は調べていましたが、桐生ではまだ明るかったのに、新宿駅ではすっかり夜。
はじめての車窓をガタゴト揺られ、ラッシュに巻き込まれ。。
「乗り鉄」するに十分な距離なのに、移動手段でした。


始めて目にする、車輌の色。
15091101.jpg

15091102.jpg
のどかな風景。


わたらせ渓谷鐵道 JR東日本・両毛線 「桐生駅」 (群馬県桐生市)

リュックひとつでの一人旅。ローカル電車途中下車。町歩き。
不要な荷物が邪魔になるので、お土産は最後。
群馬、栃木、高崎=だるま、こんにゃく、かんぴょう
加えて何か楽しいお土産は桐生駅で買いましょう。。。。 と思っていたのに意外に小さな駅でした。

15091001.jpg

どうやら北口が、開業当初からの玄関口のようですが、全体像を撮るのを忘れていました。。。 というよりも高架下にこのような駅名表示があったようなだけのような気がします。



15091007.jpg
高架下の北口にある、「桐生観光物産館」。 ここが唯一 お土産を購入できるところのような気がします。

15091006.jpg
群馬は、幅広のおうどんが有名なんだそうで、町のご婦人が手作りしておられるというものを2つ買わせて頂きました。

15091013.jpg








わたらせ渓谷鐵道 連結 (群馬県)

 わたらせ渓谷鐵道の旅も、いよいよ終わりです。
お天気が良ければ、きっと車窓がたまらなく綺麗だったでしょう。
でも、雨に濡れた足尾駅、神戸駅は静かで至福の時でありました。

夕刻、一路 桐生駅へと向かいます。
再び大間々駅に停車。
これからの通勤通学ラッシャに向けての連結作業。


15090901.jpg

15090902.jpg

わたらせ渓谷鐵道 「上神梅(かみかんばい)駅」 (群馬県みどり市)

 大間々駅から、再び間藤駅方向に引き返す事、7分。
「あー やっぱり ここの駅へ来て良かった」
私の鉄道旅は、古い駅舎を訪れる事が一番の目的。 駅風景と、ダイヤを見ながら いかに私好みの駅により多く降りるか、より長い時間滞在するか。 これがまた、ローカル線となると本数の少なさから苦労します。行きつ戻りつ、ロスタイムの少ないように。

15090824.jpg

「上神梅駅」
すでに駅名が魅力。

15090801.jpg
 季節の花で綺麗に飾られている。
いかに鉄道会社の方や、地元の方が愛している駅かがわかります。


15090802.jpg


どこまで続くのだろう。。
単線ほど、そんな果てしない希望を感じます。

わたらせ渓谷鐵道 「大間々駅」 (群馬県みどり市)

 神戸駅から桐生方向へ30分で「大間々駅」
ここは、わたらせ渓谷鐵道の中心駅で、車輌基地、本社があります。

15090716.jpg
みどり市にある、緑に包まれた駅と思いたくなりますが、中心駅だけあり駅前の広場も大きく、開放的な雰囲気があります。




15090702.jpg

15090701.jpg



15090703.jpg



わたらせ渓谷鐵道 「神戸駅」 “レストラン清流” (群馬県みどり市)

15090601.jpg

15090602.jpg

神戸駅には、列車のレストランがあります。


15090615.jpg

 まるで向こうのホームに列車が停車しているかのようです。

わたらせ渓谷鐵道 「神戸駅」 (群馬県みどり市)

 通洞駅から桐生駅方向へ走るとすぐこのような景色が見えてきました。

15090513.jpg

15090514.jpg
銅山の名残でしょうか。




沢入駅から約6kmは急勾配区間で、草木ダムの高さ(約140m)と同じ高低差を草木トンネルで一気に登っています。

15090515.jpg

15090516.jpg






生憎の雨が、さらにその険しさを感じさせてくれて、鉄道好きの私にはたまらない時間。

あえぎながら走ってきた列車を見送ると、紫陽花の花に包まれた標識が迎えてくれていました。

15090502.jpg


15090501.jpg


「ごうどえき」
関西在住の者にすれば神戸=こうべ、
刑事ドラマ好きの者にすれば、神戸君=かんべくん
ここは「ごうど」です。

わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 かいわい “山手” (栃木県日光市)

今度は、駅から山手の方へ進んでみましょう。



15090102.jpg

山に沿ったこの道は何があるのでしょう?


わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 かいわい “駅前” (栃木県日光市)

15090201.jpg


わたらせ渓谷鐵道「通洞駅」 素直に真っ直ぐ正面に出ると、「ふるさと館」
道路に沿って、両方向にそう広くない道路がいい雰囲気のカープを描きながら続いていて、商店がポツポツあります。



15090202.jpg

[ 2015/09/04 15:50 ] ---まちあるき--- 栃木県 | TB(0) | CM(0)

わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 かいわい 銅山観光地周辺 (栃木県日光市)

 往時に、銅山関係者の住宅や、施設で賑わいを見せていた場所らしく、今も此処は銅山観光の中心。

15090401.jpg

15090402.jpg

15090403.jpg

15090404.jpg

15090410.jpg

 遠足や、修学旅行で訪れている学生さんが多くいらっしゃいました。

[ 2015/09/03 22:31 ] ---まちあるき--- 栃木県 | TB(0) | CM(0)

わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 かいわい “通洞大橋” (栃木県日光市)

 通洞駅から、20分ほど歩くと、足尾銅山の廃坑を利用した観光施設があります。


15090304.jpg

 観光地らしく、スピーカーから音楽や案内放送が流れ、係員の方の誘導もあるのですが、残念ながら時間がないので入坑はせず、まわりを歩いてみます。


15090306.jpg

 大きなたくましい赤い橋が大地に足を着けています。

15090305.jpg

 迫力の橋です。

15090307.jpg


[ 2015/09/02 09:00 ] ---まちあるき--- 栃木県 | TB(0) | CM(0)

わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 (栃木県日光市)

15081620.jpg

「足尾駅」より、桐生方向にひとつ進んだ駅です。
足尾駅よりも、こちらの方が中心街に近く、足尾銅山の観光にも近いので賑わいのある駅です。


15081621.jpg


15081602.jpg

それでも、木製改札口は健在で、駅の風情に特に手が加えられてはいません。





わたらせ渓谷鐵道 「足尾駅」 界隈 貨物支線跡 (栃木県日光市)

 私以外の誰も下車しなかった立派な「足尾駅」
怪しかった空模様、いよいよ本降りになり、傘をさして、水溜りをよけながら駅の外に出てみました。


15081508.jpg

駅の外。
もう使われなくなって何年にもなるホームに、走らなくなった気動車が佇んでいます。

大きな木造駅舎の前の、こんな風景。
往時の賑わいと、今の対比が、哀しく寂しい。


15081522.jpg

駅前の道路から見れば、こんな風景で、当時はきっと多くの作業員さんや駅員さんがおられて、大きな音がしていたのでしょう。



15081503.jpg
足尾本山駅まで貨物専用線が伸びていましたが、1987年に休止になりました。

わたらせ渓谷鐵道 「足尾駅」 (栃木県日光市)

 「相老駅」から、1時間。山あり谷あり渓谷ありの素晴らしい車窓に酔いしれ、到着したのは終着駅から2つ手前の「足尾駅」

15081402.jpg

 石積みのホームと言うだけで珍しいのに、それが濡れていて 一目ぼれ。

15081406.jpg


15081401.jpg


15081403.jpg


 ここで降りたのは私だけ。
当時、主要駅だったからホームは長く、駅舎の造りも乗降なのに、駅員さんもいないから、より静かさを感じます。
雨音がするほどに降りだしました。


大正元年 1912年建築。

わたらせ渓谷鐵道  「相老駅」  東武鉄道 「相老駅」  (群馬県桐生市)

 実は、わたらせ渓谷鐵道の小さな木造駅舎は、関西の大手私鉄東武鉄道との共用駅です。
そして、勿論 乗り換え駅。
高架のコンコースでもありそうなイメージがあるのに、以外に跨線橋でつながれているという、私にとっては意外で、面白い風景でした。

15081208.jpg

わたらせ渓谷鐵道1番ホーム。改札口に通じているここから、反対方向に、わたらせ渓谷鐵道2番ホーム・東武鉄道3.4番ホームへの跨線橋が伸びています。


わたらせ渓谷鐵道 「相老駅」 (群馬県桐生駅)

わたらせ渓谷鐵道 桐生駅からふたつめ 「相老駅」 = 「あいおいえき」
兵庫県の「相生駅」と同じになるため「老」の文字にしたそうですが、関西人しては申し訳ない気分です。
何も「老」の字を使わなくてもいいのに。 その控えめな姿勢が、また魅力なのかもしれません。

15081301.jpg


15081310.jpg


わたらせ渓谷鐵道 「桐生駅」 (群馬県桐生市)

JR高崎駅から、両毛線で45分 桐生駅に到着です。

15081101.jpg


 今日 訪れるのは わたらせ渓谷鐵道。
1989年に廃線となった足尾線を第三セクター化した路線で、その路線名のように渓谷美が素晴らしく観光路線としても有名です。

15081102.jpg

JR東日本 「高崎駅」 (群馬県高崎市)

15081001.jpg




 15081004.jpg

 大都市駅程、大きい構えの駅ではありませんが、9路線が乗り入れ、上越新幹線・北陸新幹線の分岐点となる「高崎駅」はかなりの賑わいがあり、周辺も大きな商業施設やホテルが建ち並んでいました。
北関東最大のターミナル駅です。

 ホテルを高崎駅に取っていましたが、西口と東口を間違えて結局ホテルに電話してわかったというほど、両口とも、賑やかです。
迷ってしまった西口は、気持ちの余裕がなくなって写真を撮っていないのですが(笑)、多くの飲食店が建ち並び町らしさが漂っていました。 中心部も西口が近いようです。

東口は、複合型商業施設・ホテルが建ち並び、ゆったりとしたロータリーがあります。
15081002.jpg


15081003.jpg

15081005.jpg




15081008.jpg


上信電鉄 「下仁田駅」 かいわい (群馬県甘楽郡)

 煉瓦建築に惹かれウロウロと歩いて再び駅舎に戻り、ぐるっと見渡すと。。 おやおや。。 面白そうな通りが見えます。
やっぱり、下車予定の駅をひとつ飛ばして、終着駅の時間を多く取ったのは正解!!

 期待に胸を膨らませ、またまた吸いよせられるように歩き始めました。

15080901.jpg

15080902.jpg


 へー 下仁田ってこういう町なんだぁ。
関西在住の者に取っては、すべてが新鮮。
そういや、そう上毛カルタってあるよなぁ。そういや群馬ってこんにゃくが有名だったよなぁと、目で認識です。



[ 2015/08/25 12:00 ] ---まちあるき--- 群馬県 | TB(0) | CM(0)

上信電鉄 「下仁田駅」 かいわい ① (群馬県甘楽郡)

 暫く、お休みしていましたが、「上信電鉄の旅」 を続けます。
私の大好きな「終着駅」 線路が途絶えた町。そこから無限に広がる自由さに快感を感じます。

15080401.jpg



15080402.jpg

 留置されている車輌を見ていると、少し先に煉瓦建築が見えました。

 なんでしょう? 

[ 2015/08/24 15:20 ] ---まちあるき--- 群馬県 | TB(0) | CM(0)