中播磨旅モニターツアー INDEX (兵庫県姫路市)

中播磨旅モニターツアーINDEX



2014年3月1日 日曜日
「姫路駅スタート」
「姫路駅前昭和風景」
「昭和遺産 姫路モノレール跡」
「手柄山交流ステーション モノレール展示館」
「手柄山回転展望レストラン」
「姫路手柄山遊園」
「手柄山温室植物園」
「兵庫県姫路市飾磨区」
「姫路港~家島へ」
「家島での夕食 於アイランドハウスいえしま荘」



2014年3月2日日曜日
「アイランドハウスいえしま荘の朝」
「家島 真浦の町」
「家島の町歩き 真浦~宮」
「家島 宮~網手港」
「家島本島~坊勢島」
「乱菊さんでちらしずし 於坊勢島」
「坊勢島風景」
「坊勢島 奈座港」
「嗚呼 男鹿島」
「網干の町へ」
「網干商工会館」
「タケダ洋品店(旧網干銀行)」
「東京電機工業株式会社(旧網干塩務局網干出張所)」
「タムラ技研」
「ディサービスなぎさ(旧長久医院)」
「ダイセル外国人技師住宅」
「ダイセル外国人技師住宅 内部見学①」
「ダイセル外国人技師住宅 資料館見学」
「ダイセル外国人技師住宅 衣掛クラブ」
「異人館群もうひとつの建物」
「網干の町」
「姫路駅の“えきそば”」

随時更新します。

[ 2014/05/02 14:00 ] その他 | TB(0) | CM(0)

「姫路駅の“えきそば”」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>


「姫路駅の“えきそば”」

 幼い頃の「そば」は黄色でした。
「黒いそば」は「年越そば」だけでした。
いつの頃からか、お店でべる「そば」が黒くなり不思議な思いでいながら、いつしか「そば」は黒いものと認識するようになりました。

 姫路駅の「えきそば」をべて、記憶の中の「そば」に出会えた気がしました。

14042806.jpg


 「中華そば」ではありません。和風だしの「そば」です。。

「網干の町」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「網干の町」

14042701.jpg
二度目に訪れた時に下車したのは、JR網干駅でした。
目的地の近代建築が点在している場所まで3キロ弱。

14042702.jpg

14042703.jpg

JR網干駅の周辺はのどかな町でした。


[ 2014/05/01 22:39 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「異人館群のもうひとつの建物」<中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「異人館群のもうひとつの建物」


14042404.jpg
資料館と、衣掛クラブがある異人館群の中に、もうひとつ近代建築らしい建物があります。

14042403.jpg

14042401.jpg

14042402.jpg

平屋建で、部屋の配置などが感じられないところから、もしかすると外国人技師住宅ではなく、集会所のようなものだったかもしれないと思っています。



中播磨旅モニターツアー INDEX





[ 2014/04/30 22:41 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「ダイセル外国人技師住宅 衣掛クラブ」 <中播磨旅モニターツアー>

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「ダイセル外国人技師 衣掛クラブ」

ダイセル異人館群の一角に、あるもう一棟の建物。

14042506.jpg

童話の中の洋館のような「おうち」
赤い屋根がとってもかわいい。

こちらも 外国人技師住宅で明治43年の建築です。


[ 2014/04/30 22:27 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「ダイセル外国人技師住宅 資料館見学」<中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「ダイセル外国人技師住宅 資料館見学」

近代建築の内部を見学しようとする時に、その建物が資料館や展示館として活用されていると、申し訳ないけれどその二次的利用が目障りになってしまう事が多々あります。
でも今回は違います。 なんたって、あの「セルロイド」の資料館です。
まさしく、昭和初期~30年代を懐古するのにたまらない展示です。



14042312.jpg
「セルロイドは、綿実の繊維を原料にしてつくられています」
始めて知りました。
だから、あの優しい感触があるのだと聞けば、納得。
思わず、なでまわしたくなるほどの気持ちになるのは 生きた原料から出来ているからなのでした。
木造駅舎に身を置きたくなるのと同じ感触。。


14042306.jpg
アコーディオン。
今は殆ど見かけなくなりましたが、私が小学生の頃は音楽室に5台6台は置かれていましたし。
音楽クラブだった私は、何度か演奏しました。
ただ「空気を送る」という作業に気をとられ演奏はお留守に。。すぐに ピアニカ担当になりましたが。。


アコーディオンの本体。あれもセルロイドだったと言われれば、あの重厚感が蘇ります。

[ 2014/04/29 21:27 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「ダイセル外国人技師住宅 内部見学①」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「ダイセル外国人技師住宅 内部見学①」

ダイセル外国人技師住宅は、月曜から金曜 内部見学が可能です。

14042203.jpg

14042204.jpg
道路を挟んだ向かい側にある、守衛所で名前を記入すると、自動で開錠してくださいます。

だーれもいない洋館を一人で見学するのですが、当然 監視カメラで見られているかと思うとちよっと恥ずかしい気分です(笑)


14042201.jpg

14042202.jpg

初代通天閣を設計された設楽貞雄氏の設計と聞くと、そのデザイン性に納得します。


[ 2014/04/28 10:29 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「ダイセル外国人技師住宅」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ


<中播磨旅モニターツアー>

「ダイセル外国人技師住宅」

「ダイセル」を聞いた事あるという方はどれだけいらっしゃるでしょう?
「ダイセル」=「セルロイド」と連想するのは私の世代なら普通なのか、周りの人々による影響なのかはわかりませんが、「セルロイド」と結びつきます。
「セルロイド」が何なのかがわかる人も少なくなってきているのかも?と思うと、私も古い人種になってきたかと寂しくも誇らしくもなってきます。
と言っても「セルロイド」を日常的に使ってきた世代ではありません。
そういやセルロイドってあったよなぁ。重くずっしり、手に馴染む素材で石鹸箱があったかな? おばあちゃんちの置き方ライターがそうだったかも。
あ、でも妹の起き上がりこぼしの人形もセルロイドだったらしい。。


 網干の近代建築が集中している旧網干市街の公園から煙突が見えます。

14042101.jpg
あれがダイセルの工場。


公園や河川敷を通り煙突を目指します。

14042102.jpg

14042103.jpg
14042103_s.jpg



14042105.jpg

「外国人技師住宅」



[ 2014/04/27 09:20 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(2)

「ディサービスなぎさ(旧長久医院)」<中播磨旅モニターツアー>  (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「ディサービスなぎさ(旧長久医院)」

タケダ洋品店(旧網干銀行)のすぐ近くにある医院建築です。

14042003.jpg



[ 2014/04/26 23:34 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「タムラ技研」<中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「タムラ技研」

14071901.jpg

街道筋のような落ち着いた町並みの中にある建物。

14071902.jpg

ドアも窓枠も昭和の雰囲気です。

昭和20年代からあったというこちらの建物は、はじめから「タムラ技研」だったようです。
社屋を新しくせずに、そのまま、お仕事されている精神に堅実さを感じます。

[ 2014/04/26 22:42 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「東京電機工業株式会社(旧赤穂塩務局網干出張所) <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「東京電機工業株式会社(旧赤穂塩務局網干出張所)」

14071801.jpg


入組んだ道路の突当たりにある下見板張りの三角屋根がまず目に付く建物。

地元の女性の案内がなければ、多分なかなか見つけられなかっだろう建物です。


「旧赤穂塩務局網干出張所」

14071808.jpg

赤穂の塩を管理する役場だったのでしょう。
明治後期の建設です。

[ 2014/04/25 22:03 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「タケダ洋品店(旧網干銀行)」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>


「タケダ洋品店(旧網干銀行)」

14041709.jpg

最初に訪れた時は、この建物を目的に訪れる人が通る一般的なコース。
山陽網干駅から歩いて商店街に真っ直ぐ伸びる道。



二回目。「網干商工会館」から、このあたりだったかな?と歩いていると、ひょっこりと建物の間から、立派な塔屋が見えてくるのでした。
14041701.jpg

14041702.jpg


どこから見ても、綺麗な建物。

[ 2014/04/24 21:18 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

「網干商工会館」  (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「網干商工会館」

網干の町の東、揖保川に沿った道が静かに、神社や公園が見えるようになった頃、ゆるいカーブの角に風情のある建物が見えます。

14041601.jpg

14041602.jpg


14041603.jpg



[ 2014/04/23 22:22 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「網干の町へ」<中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「網干の町へ」

14041501.jpg

姫路港到着、すぐにタクシーに乗り、山陽電鉄飾磨駅へ網干駅へ向かいます。



網干駅から5分。
14041502.jpg

脇道を入りしばらく歩けば。

[ 2014/04/23 20:59 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「嗚呼 男鹿(たんが)島」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>



「嗚呼 男鹿(たんが)島」

14040951.png

坊勢島から、姫路港へと向かいます。
14041401.jpg


船内は生活観に溢れています。
14041402.jpg
姫路港に着いたら自転車で市内中心部に行くのかなぁ?
お買物かなぁ。

14041403.jpg
「ママレモン」ってまだあったの? なつかしいなぁ。

[ 2014/04/22 15:39 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「坊勢島 奈座港」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市#)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「坊勢島 奈座港」

家島本島の真浦港 宮港 網手港、坊勢島の奈座港。 定期船の発着する港の中で一番、開放的で広々しているのは奈座港です。山は迫っているけれど、間口が広い港でも言いましょうか。


14041101.jpg

14041307.jpg


[ 2014/04/21 14:53 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「坊勢島風景」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「坊勢島風景」

14041218.jpg

乱菊さんで楽しい時間を過ごした後、海岸線を長港に向かって歩いてみました。



坊勢島 面積187平方キロメートル 人口約3000人。
家島諸島の有人島の中では一番面積の小さい島ですが、人口は家島本島についで2番目です。
姫路まで船で30分、本州に近いからか島離れも少なく若者が多いのも特徴です。
漁業の島ですが 乱菊さんでお聞きしたように漁の取引は海の上。
漁港独特の磯の香りのようなものはしませんが、漁港らしさは漂っています。


[ 2014/04/20 21:05 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「乱菊」さんで、ちらしずし 於・坊勢島 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「乱菊」さんで、ちらしずし 於・坊勢島


お昼時に、坊勢島に渡るのはいいけれど、御昼御飯べるところはあるかなぁ?と心配をしていました。
昭和の雰囲気の喫茶店か定屋さんがあれば嬉しいけれどなぁ。。
通りかかった人に聞けば、お寿司屋さんがあるとの事。


港から歩いて10分。

14041108.jpg
いい雰囲気の暖簾がかかっています。

14041112.jpg
お寿司屋さんって、お値段が心配で入りづらいものですが、ちらしずしが1200円なら大丈夫♪


[ 2014/04/19 20:56 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

「家島本島~坊勢島」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ


<中播磨旅モニターツアー>

「家島本島~坊勢島」
14040951_201404141501063c9.png


家島本島の南にある「網手港」に到着、
道路の目の前に、で~ん船体が。。
いいなぁ。船、海、港、島。

14041001.jpg

14041002.jpg

14041015.jpg


[ 2014/04/18 14:53 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

「家島 宮~網手港」 <中播磨旅モニターツアー> (兵庫県姫路市)

#昭和レトロ

<中播磨旅モニターツアー>

「宮~網手港」


家島諸島には、四つの大きな島があり、家島本島の次に人口の多い島が「坊勢(ぼうぜ)島」です。
家島へ行こうと決めた時、四つの島を巡りたかったのですが、距離的なものと船の時間の関係で、どこへも行けないと諦めていたのですが、アイランドハウスいえしま荘でお聞きしたら、家島の南「網手港」から船に乗れば坊勢島へ渡れると教えてくださいました。
網手港へは、山越えをしないといけないので徒歩では無理と聞いていたのですが、それも私達の足なら大丈夫な事が判明したのでした。
14040925.png



 「宮」の町、今度は山手を歩いて、網手港へ向かいました。
14040901.jpg
「イエスキリストは。。」の貼紙の横に、お地蔵様。。


14040902.jpg
ショーケースには、キティちゃんと一緒にお昼根しているにゃんこちゃん。。


「島」だなぁ。。
ゆったりと、のどかだなぁ。。と思います。






[ 2014/04/17 13:40 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)