長野駅~京都駅 “信州・私鉄の旅” (長野県~京都府)

 22時30分発 京都行夜行バス。

16062311.jpg

 高速バスの乗り場はわかりにくい事が多く、一度一時間近く探し回った事があり、とりあえずバス停の確認。 おっけ~♪


 JR長野駅は開放的で大きいのですが、ベンチや待合室を見つける事ができません。
結局 上田電鉄の待合所に多くのベンチがあり、そこで本を読みながら、待ちました。
夜の長野駅前を歩いてみればよかったのですが、雨と、疲れから断念。。

[ 2016/06/23 17:00 ] 長距離バス | TB(0) | CM(2)

やっと 信州蕎麦 “信州・私鉄の旅”  (長野県長野市)


16062309.jpg



 雨の長野駅前。
バスの時間まではかなりあるし、どうしようか。善光寺あたりまで歩いてみようかと思っていると、蕎麦屋さん。
べたかったんです。 信州へ来たら、なんたって信州蕎麦。
でも「旅」しているわけじゃあないから、なかなか遭遇しないし、やっと見つけても時間的余裕がなかったり。
「駅旅」をしている人は、多分みなさんそうだろうと思います。

 今日のお昼には、なんとか蕎麦を頂けたけれど、「信州蕎麦」と銘打っているわけではありませんでした。


16062401.jpg

駅前の大きなお店。
観光客相手が主というわけでもなさそうです。

[ 2016/06/22 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

信越本線 「長野駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県長野市)

 昨日の早朝長野駅に着いてから丸二日。たくさんの物に出会ったけれど、いよいよ終わりに近づいています。
たくさんの駅に出会え、耳にしていただけの観光地にも立ち寄れました。

足早見た旧軽井沢駅舎記念館も名残惜しいけれど、きっとまた来られる。
そんな思いの中、しなの鉄道「軽井沢駅」を発ちました。


長野駅到着。
手にしているフリー切符、しなの鉄道区間は軽井沢-上田 上田-篠ノ井間のしなの鉄道区間と、篠ノ井-長野間の信越線区間は乗り越しとなります。
清算したら、こんなレシートを渡されました。

1602301.jpg


「ラッチ精算額」
JR西日本では見た事ありません。

ラッチとは、自動改札のない頃、駅員さんが立っていたあのコーナーの事です。
その名残で、改札口の事を今も「ラッチ」というのだそうです。

珍しいものを手にすることができました。


しなの鉄道 「軽井沢駅」 界隈散策 旧軽井沢駅舎記念館 旧壱番線ホーム “信州・私鉄の旅” (長野県北佐久郡)

 旧軽井沢駅舎。
現軽井沢駅 旧1番線ホームに寄り添うように復元されています。
その一番線ホームには、古い車両が並んでいました。

16062002.jpg







16062017.jpg

16062005.jpg

16062004_s.jpg


[ 2016/06/20 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「軽井沢駅」界隈散策 [軽井沢聖パウロ教会] (長野県北佐久郡)

 近代建築がある小さな森の反対側。
軽井沢銀座商店街の通りの奥に見えている塔は、「軽井沢聖パウロ教会」でした。

16061901.jpg


16061902.jpg


昭和10年
レーモンド設計

[ 2016/06/18 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「軽井沢駅下車」 界隈散策 近代建築いろいろ (長野県北佐久郡)

 
 軽井沢銀座商店街から一歩入って、テニスコートを見つけた時、「ここが美智子さんと天皇陛下が出会ったというテニスコートなのかな?」  「いやいや、そんな簡単に見つかるわけないやん」
と思ったのがそもそもの間違い。
ただならぬ、静かな空気の中に点在する近代建築に目を見張りつつ、下調べもしてない私に、近代建築が押し寄せてくるわけないと思ったのでした。

 ところが、このあたりこそが、軽井沢の近代建築群なのでした。

16061704.jpg

 向こうに見える、ハーフティンバーの赤い屋根の建物は  軽井沢会テニスコートクラブハウス。

切り取って拡大してみます。
16061705.jpg

16061706.jpg
昭和5年 ヴォーリズ設計


[ 2016/06/17 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「軽井沢駅」 界隈散策 [ユニオンチャーチ]  (長野県北佐久郡)


 軽井沢にヴォーリズ建築が多数あると知りつつも、まさか駅からの徒歩範囲に多くあるとは思いもしていなかったので お上りさん感覚で町歩きの計画をしていました。
 でも、実は 軽井沢銀座の裏手にいくつもあったのです。
「この近代建築はなんだろ?」と撮った写真が 実はヴォーリズ建築だったなんて ヴォーリズファンだとは言えません。

 これもヴォーリズ建築。
かの有名な「ユニオンチャーチ」 
なんてことでしょ。もっとじっくり見るべきでした。

16061601.jpg


[ 2016/06/16 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「軽井沢駅」界隈 散策 [軽井沢集会堂] “信州・私鉄の旅” (長野県北佐久郡)

 軽井沢は近代建築の宝庫。 ヴォーリズ建築の宝庫。
今回は、途中下車して「軽井沢」って所を、とりあえず見てこようという気持ちだったので、具体的場所も調べていませんでした。
観光案内所で頂いたマップを参考に、近代建築らしい場所に行ってみました。

 軽井沢銀座からは、ほんの一本 路地を入るだけ、という場所でこの建物発見。

16061401.jpg

 ヴォーリズ建築とすぐわかる建物。
大正13年 三越社長、朝吹常吉ら日本人有志14名の出資によって建設されました。

W.M.ヴォーリズ建築

[ 2016/06/15 13:42 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道「軽井沢駅」 界隈 軽井沢の町散策 “信州・私鉄の旅”  (長野県北佐久郡)


 軽井沢の観光的中心が「旧軽井沢」「軽井沢銀座」であるということは、旅の直前に調べ、バスがあるのだという情報までは得ていましたが、バス停がよくわからず、観光協会でお聞きしました。
「バスはありますが、歩いても20分程度なんで町を見て歩かれるといいと思いますよ」とのお返事。。

 関西人ですから、軽井沢については「上流階級の避暑地」という概念のみ。この間 ブラタモリで、町の様子を見たのが始めて。

まぁ。。いっか。歩いてみましょ。

16061201.jpg

16061206.jpg


 駅前からひろーい道がまっすぐ続いています。

[ 2016/06/13 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「信濃追分駅」 界隈 “信州・私鉄の旅” (長野県北佐久郡)


 信濃追分駅。
周辺には、お店も学校も、昔ながらの集落もなく。 特徴のない町のようですが、南東方向に軽井沢を感じさせてくれる風景がありました。

16061005.jpg

[ 2016/06/11 17:30 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「信濃追分駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県北佐久郡)

「信濃追分駅」 ここに下車したいと思ったのは 2013年春に下車した 大糸線「安曇追分駅」があまりに素晴らしく印象に残ったので、同じく 信州で「追分」を名乗る駅を感じたかったからです。
イメージとして、至近距離にあるような気がするのですが、実は電車を乗り継げは 信濃追分駅と安曇追分駅は3時間強もかかってしまいます。
→  安曇追分駅

16060925.png




16060901.jpg

16060910.jpg


しなの鉄道 「小諸駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県小諸市)


“小諸なる古城のほとり。。。。”
島崎藤村の「千曲川旅情の歌」は小学校の時に覚えました。
先生のその情景の説明に広い川を思い、大地を思い。。。

ここに来るのは始めてじゃないのだけど、やっぱり電車の一人旅がいい。
ひとつひとつ、思いを確かめながら此処へ来たんだと、実感できるから。


16060809.jpg

16060804.jpg

しなの鉄道 「田中駅」 “信州・私鉄の旅” (長野県東御市)

 「大屋駅」のお隣の駅、「田中駅」
友人・知人を思い浮かべてしまう駅。 身近に感じてしまう駅。
~田中駅は、全国各地にいくつかありますが、「田中駅」はここだけです。

16050701_20160603223542c6d.jpg



16060717.jpg


しなの鉄道 「大屋駅」前で、お蕎麦 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 次の電車まで、少し時間があります。
ここらあたりで事をしないと、またお昼抜きになります。
ローカル線の旅は、そういうもの。 自分が惹かれる駅で降りれば、そこには、何もありません。





駅前に「お事」のノボリ発見。

16060608.jpg


16060606.jpg

16060601.jpg


[ 2016/06/07 17:30 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

しなの鉄道 「大屋駅」界隈 信州・私鉄の旅“” (長野県上田市)



16050601_20160603213258234.jpg

 大屋駅から1.5キロの距離にあるという「海野宿」は北国街道の宿場町。
帰ってきてからサイトを見れば、街道好きの私が惹かれる魅力がいっぱい。
時間調整をうまくして是非とも足を伸ばしたかった場所です。

→ 海野宿

 


街道沿の雰囲気が漂っています。

16060502.jpg

16060503.jpg

[ 2016/06/06 17:30 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(2)

しなの鉄道 「大屋駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 上田駅から6分。

満開の桜の下の姿は、見事でした。
日本で最初の請願駅だという事で、地元の人々が愛する駅舎なのでしょう。

16060311.jpg

16060312.jpg

16060316.jpg






横姿も木の暖かみの感じられる、なつかしい雰囲気です。
16060313.jpg

16060314.jpg
これは、社章かなと思いましたが、「大屋市」のイニシャルをかたどった物らしいで。


しなの鉄道 「上田駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 手にしている切符は上田電鉄と、しなの鉄道の上田~軽井沢のフリー切符です。
さぁて、上田駅に戻って、しなの鉄道の旅です。

16060210.png





16060202.jpg

16060203.jpg






上田電鉄 六文銭電車・御柱祭電車 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)

上田の町を真田丸電車は、インパクトがかなり大きいのですが、もう一輌 目に留まったのがこちら。

16060105.jpg

16060104_20160523083057068.jpg

六文銭電車とでも呼びましょうか。
色合いも落ち着いていて、上品な感じがします。

16060103.jpg
車内は、「真田丸」の吊広告です。

「別所古道具店」 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 別所温泉の静かな通りを歩いていて、立ち止まってしまいました。

16053501.jpg

子供の頃に見かけたような自転車が三台。道路脇に寄り添うように停められていました。



16053502.jpg
自転車の前の建物の中をのぞくと、またまた懐かしいものがいっぱい。
懐かしい乾電池も見えています。

[ 2016/06/02 17:00 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)

別所温泉 “信州・私鉄の旅” (長野県上田市)


 16053413.jpg



別所温泉駅降りてすぐ坂は二つの方向へ
人の心理は、何故か右ですね。 これは右利きの者の心理かなぁ。

16053401.jpg



[ 2016/06/01 17:30 ] ---まちあるき--- 長野県 | TB(0) | CM(0)