FC2ブログ







小林点描 (宮崎県小林市)


 義母の卒寿のお祝いと称しての宮崎県小林市帰省+鹿児島の旅。
4日目最終日の朝は、小林市中心部を主人と散歩。


19070601.jpg
昭和の時代「はきもの」のお店だったところは、「靴の相談所」 ウォーキングシューズのお店でしょうか。


19070602.jpg


19070603.jpg


[ 2019/07/08 22:42 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(0)

小林市「まんてんや」でのんびり。(宮崎県小林市)


 義弟夫婦の優しい心遣いのもと、主人念願の幼少期を過ごした場所の再訪、私の鉄道趣味を考慮に入れたルート。。一泊二日で旅して、小林市着。
 今晩 私達はビジネスホテル泊。

(このシリーズをずっと読んでいてくださる方は疑問をお持ちになるかもしれません。 義母は入院中で帰省に合わせて一泊外泊で戻ってきていただけでした。義母のいない実家を荒らすと義弟夫婦に迷惑をかけるのでホテル泊となりました。)

 居酒屋へ。
何度も帰省しているけれど、主人と二人で居酒屋なんてはじめての事。
主人とて小林を出て50年近くなるのですから、どこのお店がいいかなどわかるわけもなく。
外観の雰囲気で選んだお店。


19070301.jpg

[ 2019/07/06 17:00 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(0)

肥薩おれんじ鉄道 「阿久根駅」 (鹿児島県阿久根市)


 ハンドルを握ってくれている義弟には用事があり、帰路を急がないといけないというのに、立寄ってくれたのが「阿久根駅」
九州新幹線か眼下に見たことのある 肥薩おれんじ鉄道ですが、新幹線開業前は、鹿児島本線。
八代-川内間が肥薩おれんじ鉄道に移管されました。


 19070203.jpg

19070208.jpg


19070205.jpg

北さつま漁連市場食堂 「ぶえんかん」 (鹿児島県阿久根市)


 あたりを走って行き着いたお事処。
お昼時を過ぎているというのに、たくさんの人がおられました。

19070102.jpg

19070109.jpg

19070106.jpg

19070108.jpg


お刺身がコリコリと新鮮でとてもおいしいのはやっぱり漁連の経営だからでしょう。

飾り切りの鮮やかな生姜も綺麗です。





[ 2019/07/04 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(2)

~ 道の駅「阿久根」 (鹿児島県阿久根市)

 一路 北上です。
国道207号~国道3号 

19062101.jpg
車窓に見えるものを随時説明してくれる義弟。
ここは、有名な進学校だとの事でしたが、学校名は忘れました。


19062102.jpg

19062103.jpg

目に留まるのは鉄道路線ばかり。
こちらはJR九州の鹿児島本線。
[ 2019/07/03 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

日本三大砂丘 「吹上浜」 (鹿児島県日置市)

 鹿児島県西部のいちき串木野市・日置市・南さつま市にかけて、全長47キロという日本一の長さを誇る、日本三大砂丘「吹上浜」があります。
 公園として整備されているところもありますが、義弟が連れてってくれたのは、手が加えられていない砂丘。

19062003.jpg

19062004.jpg

19062005.jpg

[ 2019/07/02 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

浜田橋 (鹿児島県日置市)

19061908.jpg
永吉川橋梁の少しだけ下流側にある、歴史の重みを感じさせる石橋は「浜田橋」

19061905.jpg

19061902.jpg
左は南薩鉄道廃線跡を利用した自転車道。 実際の廃線跡は現在は橋脚のみとなっています。

[ 2019/07/01 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

朝さんぽ後の朝食“えぐち家”  (鹿児島県いちき串木野市)

 2時間近く歩いたでしょうか。
「えぐち家」での朝食です。

19061501.jpg


[ 2019/06/28 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

お花がいぃっぱいのお墓 (鹿児島県)

 今度は国道270号を南へとちょっと歩いてみます。

19061401.jpg
南国らしい雰囲気が漂っています。




食育スローガンでしょうか?

19061402.jpg

19061403.jpg


ダイエットなんか考えず、思いっきり食べて、寝て、おおらかに暮らしたいですよね。

[ 2019/06/27 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

えぐち浜公園 朝さんぽ (鹿児島県いちき串木野市)


 兄弟2組夫婦。 夜更けまで話し込むことになるかと思いきや、やっぱりもう若くないのでしょうか。
義弟夫婦は毎晩9時には床に入るとの事で、同室の私達も長く起きているわけにいかず、意外に早々と眠りにつきました。

 翌朝も私達夫婦だけが早く目覚め朝さんぽ。

19061213.jpg
ホテルの窓から見えていた景色。

右端真ん中の赤い花のようなものは、食事処からも見えていました。
19061201.jpg

どうやら公園に咲いている?ようです。

[ 2019/06/25 22:06 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

オーシャンリゾート えぐち家 (いちき串木野市)

19061117.jpg



 国道270号を北へ。 一路 今夜の宿 「オーシャンリゾートえぐち家」へと車を走らせます。
宿に近づいてくると、東シナ海の反対側には、急な断崖が迫っています。
これはどういう事なのでしょ。 日本列島の誕生に関係した地形なのでしょうか。
断崖の横に国道を作ったという事になりましょうか。


19061103.jpg

19061104.jpg

[ 2019/06/21 17:27 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(2)

吹上浜 「砂の祭典」 準備中 (鹿児島県南さつま市)


 鹿児島県西部薩摩半島の、いちき串木野市・日置市・南さつま市にかけて47キロメートルの砂丘海岸があり、一帯は「吹上浜」と呼ばれています。 

 堀川橋の工事をしておられた人が、「サンドアートの準備をしているから見にいってみては?」と案内してくださり、車で向かいます。



19061007.jpg

 
[ 2019/06/20 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

玉手神社 (鹿児島県南さつま市)


 住宅街の中を走っているというより、集落の中を走っているという表現の方がいいのでしょう。

細い道路の曲がり角。
「ここん じんしゃで、相撲取ったがなぁ(ここの神社で相撲取った事があるなぁ)」と、つぶやけば義弟が車を停めてくれます。
駐車場を気にすることもない、邪魔にならないように傍らに停めればいい。


19060912.jpg

緑に包まれた石段の上に鳥居と神社が見えます。




[ 2019/06/19 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

堀川橋 (鹿児島県南さつま市)

 思い出を辿りながら、小さな道路を走っていると工事中の橋。 通り抜け可能?車を停めると、そこもまた主人の思い出の橋だったらしい。

19060801.jpg


19060803.jpg
架け替え工事中。
左が新しい橋です。

[ 2019/06/18 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

南さつま市立田布施小学校 (鹿児島県南さつま市)


田布施 = たっせ
「たっせ」という地名は、主人や義母からよく聞いた地名でした。

主人の母校 「田布施小学校」は、田布施界隈を車で走っていると遠目でも見つける事が出来たのは、見通しのいいのどかな田園地帯だったからです。

19060701.jpg

19060709.jpg

[ 2019/06/17 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

南薩鉄道 「南多夫施駅」 (鹿児島県南さつま市)


 主人の育った地域に「南薩鉄道」という私鉄が走っていた事は、廃線跡に興味を持ち始めた頃に知りました。
聞けば、のんびりのんびりコトコトコトコト揺られながら何度も乗った記憶があると懐かしそうに話してくれたのでした。

 今回目指す場所は南薩鉄道の走っていた場所でもあるのですが、土地勘がまったくありません。
そして 義弟がまた車を停めてくれました。


19060513.jpg




案内板に沿って真っすぐ道路が伸び、それに沿うように廃線跡らしきが続いています。
19060512.jpg



「南薩鉄道」
19060509.jpg 19060510_s.jpg
 南薩鉄道は、鹿児島本線の伊集院より薩摩半島を縦断し、枕崎に達する49.6キロの本線、加世田~薩摩万世を結ぶ万世線2.5キロ、阿多~知覧を結ぶ知覧線16.3キロ 総延長68.1キロにも及ぶ大きな路線でした。
 終戦直後からは輸送需要も増え、昭和30年頃には最盛期を迎えましたが、昭和59年(1984)に廃線となりました。
 意外に、廃線時期が 比較的最近であり結婚後も走り続けていた事で、もう少し、鉄道に興味があれば乗車する事が出来たのではと思ってしまいます。



[ 2019/06/16 17:00 ] ▼廃線・未成線 南薩鉄道 | TB(0) | CM(11)

金峰ダム (鹿児島県南さつま市)


 錫の駅で食事をした後、南薩摩半島を横断していると義弟が車を停めてくれたのは「金峰ダム」
道中 主人がダム好きだという話をしていたからで、ここでも心配りに感謝です。


19060410.jpg

19060408.jpg



19060401.jpg


鹿児島県が所有するかんがい用水専用ダム
2003年完成
このダムで取水された水は、下流の金峰町の田畑に運ばれ、かんがい用水として使用されるのはもちろんのこと、 新茶の防霜や桜島の火山灰対策にも使用されているとのことです。

ロックフィルダム(岩石や土砂を積み上げて建設する型式のダム)を見るのは、岐阜県の御母衣ダムに続いて二回目。
ダム好きの主人に同行してダムは結構見ています。




[ 2019/06/15 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

錫の駅 (鹿児島県鹿児島市)


 最近は高速道路も広く網羅されるようになり、さらに道路事情もよくなっていて 山越えはくねくね道なんて言うことは少なくなりました。
  久しぶりに、くねくね山道で薩摩半島縦断中に立ち寄ったお食事処は「錫の駅」

19060321.png

19060301.jpg
[ 2019/06/14 17:00 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(0)

えびのIC~桜島SA~ (鹿児島県)

 
 少しご無沙汰となってしまいました。
近江鉄道フィールドワークシリーズは終了、再び 4月に主人の実家へ帰省した時の記事へ戻ります。

 
 有難いもので、私は大津に生まれ大津で育ち、学校も大津。少しだけ仕事で京都に通っていた時がありましたが、大津からは全く出たことがないとと言っても過言ではありません。それゆえ、世間知らずな人間でもあると言えるのですが。
 そんな私ですら、生まれ育った場所に行けば、郷愁を感じ幼い比の情景が浮かびます。 
京都に通っていたほんの少しの間ですら、JRで大津に戻ってきて琵琶湖が見えるとほっ。。としたものです。
 卒業と同時に関西に出てきた主人。実家に帰る事は人並みにあり、そんな中で小学校4年~中学1年まで過ごした場所は、その時以来訪れていないのでした。
 私と違い旅行は好まない主人ですが、「死ぬまで行っておきたい」という場所は、そこでした。
 
 義弟の運転で、吉都線の駅を訪れたあとは、一路、主人の育った場所へと車を走らせます。

 何度も帰省をしてきましたが、殆ど遊びに出たことはなく、車で南へと向かうのは今回が始めです。




えびのICから九州自動車道。
19060201.jpg

19060203.jpg




[ 2019/06/13 21:59 ] ---まちあるき--- 鹿児島県 | TB(0) | CM(2)

加久藤 (宮崎県えびの市)

19051302.jpg

「えびの駅」は 1990年(平成2年)までは、「加久藤駅」という名称でした。



19051304.jpg
旧加久藤町。 今でも 公共施設やお店には「加久藤」の名が使われています。



[ 2019/05/21 21:32 ] ---まちあるき--- 宮崎県 | TB(0) | CM(2)