FC2ブログ







名古屋市中村区界隈 昭和の香り (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

 2017年12月と言えば、今から約2年半前の事。

西枇杷島駅界隈の画像のあとに、入っていたのは昭和の香がする町並みの写真。
ん? こんなとこ行った? 時期が違うのかな? ここは名古屋? 思い出せない。
確かに名古屋駅に戻り、高速バスで帰ってるから、行ったらしいけど?
画像をすみずみまで見て、住所などのヒントを手掛かりに、そこが中村区である事判明。
なんだっけ? どうしてそんな所に行った?
そして、徐々に思い出しました。 駅の近くに昭和の町並みがあると知り、計画の中に入れたのでした。
困ったものです。せっかく出かけたのに記憶から飛んでいる。
でも、こうして思い出せたことに感謝しましょう。
やっぱり 旅から帰ってすぐブログ記事にしないといけません。






20051501.jpg

名古屋駅から、地下鉄に乗って、「中村区役所前」駅まで。ここは、桜通線の終着駅です。



下車してしばらくすると、昭和の商店街が現れました。
20051502.jpg


[ 2020/05/20 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

名古屋鉄道 「西枇杷島駅」 JRとの立体交差 (愛知県清須市)

(2017.12.19訪問)


20051409.jpg

名古屋鉄道「西枇杷島駅」のすぐ西側を、東海道本線と、東海道新幹線が立体交差しています。
立体交差の真下へと、名古屋鉄道の線路沿いを歩きました。



20051402.jpg





名古屋鉄道本線 「西枇杷島駅」  (愛知県清須市)

(2017.12.19訪問)

名鉄名古屋駅から、三駅めの普通列車しか停車しない駅。昔ながらの雰囲気を残しています。

20051102.jpg

200501.jpg




名古屋鉄道 西枇杷島駅デルタ地帯・枇杷島分岐点 (愛知県清須市)

(2017.12.19訪問)

20051407.jpg
(グーグルマップ航空写真)

西枇杷島駅東には、三方を線路で囲まれたデルタ地帯があります。

右下から写真中央左へと伸びているのが本線 左・岐阜方向 右下・名古屋方向
右下から写真上方向へと伸びているのは犬山線 上・犬山方向 右下名古屋方向
そして写真上方向から写真中央左へと伸びているのは定期旅客列車は運行されず、主に車両の留置場所として使用されている線路です。


以前、テレビでこのあたりの特集をやっていて、是非訪れてみたいと思っていたのですが、今 写真を見て振り返ってみると、重要な場所は何も見られていません。
デルタ地帯にも踏切があり、多分、デルタ部分に入る事もできるようなのですが、ほんの少し周囲を歩いただけでした。

「西枇杷島(にしびわじま)駅」 の狭いホーム  <名古屋鉄道本線>   (愛知県清須市)

(2017.12.19訪問)

 名古屋の旅 今回でとりあえず最後にするのなら、絶対に行きたかったのが「西枇杷島駅」
その理由はふたつ。 
そのひとつは、「狭い」事で有名なホームに立ってみたかったから。

20051001.png
(グーグルマップ航空地図より)

画面中央の長細い三日月形のふたつがホーム。
右下端の赤い屋根が駅舎です。
右・名古屋駅方向 左・岐阜方向





ゆとりーとライン 大曾根駅 ⇔ 小幡緑地駅 (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

2017年11月名古屋を訪れた時に、気になった「ゆとりーとライン」
今回は 「思い残した場所」の再訪です。
前回訪問記事はこちら → 「ゆとりーとライン」 (愛知県名古屋市)

大曽根駅の様子は今回 時間都合で写真がありません。
「線路のような所を走ってみたり、一般道を走ってみたりという 電車のようなバスのような不思議な乗り物。」

今回は 軌道から、道路に変わる所まで、乗車してみます。


20050701.jpg



20050703.jpg
出発です。

高架の道路をバスが走るだけかな?と思いますが、これは軌道でバスの車輪が横向きに出て軌道にひっかけて走るのだそうです。

芝金鰻店 (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

Facebookの昭和グループで知り合ったおじいさん(「おじいさん」という呼び方が似合いすぎる、とても優しいお方です)
昭和レトロな小物収集が趣味で、なおかつ昭和の小物やロボットをそれはそれは、精巧に味わい深く製作されています。
本業は鰻屋さんの店主。
「一度遊びに来てください」との言葉に甘えて、上飯田駅まで。


20050804.jpg





[ 2020/05/15 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

大須商店街 (愛知県名古屋市)

(2017.12.19訪問)

 新型コロナウィルス感染拡大防止の為の「緊急事態宣言」は少しずつ解除されつつありますが、まだまだ予断は許さない状況です。
多くの業種がテレワーク、自宅待機などとなり、自宅でのんびりと過ごしておられる方が多い状況ですが、私の場合、なんら変わらず。逆に多忙となり「年末の繁忙期のよう」という状況の日が続いていました。
コロナの影響で変わった事と、言えば、鉄道歴史研究会に行く事がなくなったこと、4月の福島の旅に行けなかった事位でしょうか。
 外出自粛のため、最近の記事をアップする事はてきませんが、気になっていた2017年末の記事の続きです。






 その地を訪れば、訪れる以前よりも興味が広がり二度三度と再訪する事が多くなる私。
名古屋・東海もそうでした。2017年には9月・11月に訪れてるのに12月三度目の訪問となりました。

前回記事は 大須観音の記事まででした。→ 「大須観音」()愛知県名古屋市


20050601.jpg



大須観音門前町にアーケードが縦横に伸びる「大須商店街」があります。



[ 2020/05/14 20:58 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

「大須観音」 (愛知県名古屋市)

 日本三大観音のひとつ「大須観音」
観音寺の魅力は、不思議な華やかさでなびく五色旗。 穏やかな気持ちになれます。


18021701.jpg


駅の案内に沿って歩けば、そこはすぐに「大須観音」
18021702.jpg

18021703.jpg


[ 2018/02/22 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(4)

クリスマスの「ナナちゃん」 (愛知県名古屋市)

11月に名古屋へ行った時、あんなにさがしまわったナナちゃん。
名鉄のインフォメーションや、店員さんにお聞きするなんて、まったくもっての田舎者の観光客。
今日は、柳橋中央市場から抜けて偶然に出会えました。

18021604.jpg

これが知らないと大きすぎて見えないものなんです。
[ 2018/02/21 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

柳橋中央市場 「さらしな」で朝ごはん (愛知県名古屋市)

 私世代の女性なら、朝食はホテルバイキング、いえ一人旅ならお洒落なカフェでのモーニングって所でしょうが、私は柳橋中央市場にある「さらしな」というお店。

18021504.jpg

18021505.jpg
[ 2018/02/20 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

「柳橋中央市場」 (愛知県名古屋市)

 知りませんでした。
日本の三大都市。「名古屋」 その名古屋のターミナル駅至近に市場があること。
名古屋駅近くの市場なんて聞けば、おしゃれなビル、最新鋭の設備が整っているようなイメージを持ってしまいがちですが、そうじゃない。 手押し車にトロ箱を押した人が行き交い、転びそうになるくらいに床には水がこぼれてる。 迷路のように所せましと小さなお店が並んでる。

 図書館で借りてきた観光ガイドを見ていてその存在を知りました。

早朝、伏見のホテルから駅まで歩きます。


18021401.jpg





18021402.jpg
急ぎ足で駅へと向かわれるサラリーマンさんの波をそれて脇道に入れば、散乱ている発泡スチロール製トロ箱。

あ、ここだなぁ。。。

[ 2018/02/19 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

「岩倉屋商会」 (愛知県名古屋市)

 昭和が潜んでいる納屋橋界隈を歩いてて見つけたもの。

18021301.jpg

枯れ草が絡まっています。

18021302.jpg
[ 2018/02/18 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

堀川 納屋橋界隈 (愛知県名古屋市)

納屋橋界隈風景。

18021202.jpg

納屋橋を南から北へと横断しようとすると串カツお店が正面に見えます。
18021204.jpg
この欄干はもしかして架け替え前のものでしょうか。

[ 2018/02/17 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

名古屋の堀川 「納屋橋界隈」 (愛知県名古屋市)

 名古屋のほぼ中心部を南北に貫く堀川。
文字の如く、610年名古屋築城の際にあわせてて開削され、舟が行き来し物流の大動脈としての活躍もありました。

名古屋陶磁器会館にあった堀川を利用した陶磁器運搬の写真です。
18021110.jpg

18021111.jpg




そして、今もなお、都会の喧騒の谷間に静かに流れています。

昨日投稿の「加藤商会ビル」は、堀川に架かる堀川七橋の一つ「納屋橋」の東詰に佇んでいるのでした。
18021011.jpg
(再掲)


18021101.jpg
[ 2018/02/16 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

「加藤商会ビル」 (愛知県名古屋市)

 今回の名古屋の旅、一日目は近代建築を見る事が目的。 思っていたより移動距離が長く、疲れを感じ始めた頃に出会った「加藤商会ビル」  出会ったことが一番うれしかった建築です。
私が好きなのは、丁度これくらいの大きさで、会社関係のものがいい。

このビルについて多くのサイトを閲覧させて頂きましたが、歴史的背景が一番良くわかるのはこちらでした。
→ 登録文化財 加藤商会ビル



18021011.jpg

 堀川の袂に佇む「加藤商会ビル」
1931年(昭和6年)建築。
[ 2018/02/15 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

広小路通の近代建築 (愛知県名古屋市)

広小路通にはいくつかの近代建築があります。

「旧名古屋銀行本店ビル(旧中央信託銀行株式会社名古屋支店)」
18020901.jpg

18020902.jpg
1926年(昭和元年建築)
縦に伸びる柱が重厚感を出しています。 コリント式列柱というそうです。

[ 2018/02/14 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

大津通から広小路通へ (愛知県名古屋市)

18020817.jpg
Parco前スクランブル交差点。
 滋賀県にはスクランブル交差点がありません。長野県の松本市で見かけた時、県庁所在地でない町にもスクランブル交差点があるんだと、驚いたものです。 スクランブル交差点を見ると 都会だなぁと思います。

18020818.jpg
高層ビルの建ち並ぶ名古屋でも、ビルの間から垣間見える名古屋タワーはランドマーク的存在です。


[ 2018/02/13 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

「中日ビル」 (愛知県名古屋市)

18020713.jpg

「栄」と呼ばれている名古屋で一番の繁華街にある「中日ビル」

重厚な昭和建築だと思い写真を撮りました。
自宅に帰ったあと、旅の報告を友達として教えてもらった、このビルの解体。

→ 「中日ビルの建て替えについて (中日新聞からのお知らせ)」

中日ビルの地下二階 地上三階は飲食店や店舗、10.11.12階は中日劇場になっているそうです。
屋上部分にあるまぁるいものは回転レストランだったそうです。

私はそうとは知らず写真を撮るにとどまってしまいましたが、多くの人が足を運び、多くに人に感動を与えただろう場所が、消えゆくとゆうことは、とても寂しいことです。

この目で見る事が出来たことに感謝です。
[ 2018/02/12 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(4)

「大津通」と「矢場とん 矢場町本店」 (愛知県名古屋市)

 「文化のみち」界隈を歩いた後は、「矢場とん本店」へ
前回 名古屋駅名鉄店で「みそかつ丼」を食べた感動が忘れられない、ぜひとも本店でわらじとんかつを。今回名古屋を訪れた目的のひとつでもあります。

18020701.jpg

18020712.jpg



「大津通」という名前には親しみを感じます。
滋賀県の大津は地方都市らしさの漂う田舎ですが、大津通には百貨店・大型店・ブランド店が並び多くの人が行き交っていました。
「文化のみち」から真っすぐ南下するだけ。。 と思ったけれど、知らない場所は予想以上に遠く、わらじとんかつ のために空腹にしていたけれど、お腹が鳴ってきたり。。。。

[ 2018/02/11 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)