FC2ブログ







富山地方鉄道の旅(2010) 1日目の終わり (富山県富山市)

(2010年3月17日訪問)

富山駅に戻ってきました。
2020071101.jpg





富山地方鉄道市内電車に乗車 ホテルへ向かう途中に気になった 「シネマ食堂街」
2020071103.jpg

2020071102.jpg


富山地方鉄道 本線 「荻生(おぎゅう)駅」  (富山県黒部市)

(2010年3月17日訪問)

2020070901.jpg

2020070902.jpg

富山地方鉄道は、降りた瞬間に、駅とホームの味わいが伝わってくる。




富山地方鉄道 本線 「長屋駅」  (富山県黒部市)

(2010年3月17日訪問)

新黒部駅が出来るまでは 舌山駅の隣だった駅。


2020071003.jpg

いかにも、小さな町の駅。ローカルな雰囲気のある駅です。



2020071001.jpg

富山地方鉄道 本線 「舌山駅」 (富山県黒部市)

(2010年3月17日訪問)

本線終着駅宇奈月温泉駅から、再び、今来た路線を戻ります。


2015年2月 北陸新幹線開業に合わせ、舌山駅と長屋駅の間に「新黒部駅」が開業しました。
そのひとつ手前の「舌山駅」です。



20070801.jpg

20070814.jpg

黒部峡谷鉄道 「宇奈月駅」 (富山県黒部市)

(2010年3月17日訪問)

富山地方鉄道宇奈月温泉駅から200メートルの所にある 黒部峡谷鉄道「宇奈月駅」


20070703.jpg

20070701.jpg
北陸の風物詩 「雪吊」が傍らに見えています。


[ 2020/07/09 17:00 ] 黒部峡谷鉄道 | TB(0) | CM(2)

富山地方鉄道 本線 「愛本駅」 (富山県黒部市)

(2010年3月17日訪問)

20070501.jpg

電鉄黒部駅を出た列車は東方向へと向きを変え、立山連峰を望みながら進みます。





20070505.jpg

20070507.jpg

20070502.jpg

さらに向きを変え、山間部へ分け入ろうとする手前の小さな無人駅の名前は「愛本駅」
鮮やかな青屋根がかわいいメルヘンチックな駅。


富山地方鉄道 本線 「電鉄黒部駅」 (富山県黒部市)

(2010年3月17日訪問)

20070404.jpg

20070407.jpg

20070413.jpg

20070414.jpg


1951年(昭和26年)竣工の駅舎。
富山地方鉄道の駅舎の中では、比較的新しく、また規模も大きいものです。

富山地方鉄道 本線 「東三日市駅」 (富山県魚津市)

(2010年3月17日訪問)

富山地方鉄道の駅舎は、ただ古い駅舎が多いだけでなく、立地環境、駅舎の形などそれぞれ違っていて、飽きる事ありません。
「東三日市駅」は、駅舎の周りに低い階段があり、まるで、ちょっとしたお城のように、堂々とした印象を感じさせてくれます。



20070302.jpg

20070301.jpg

20070303.jpg
線路と平行した面が、出入口となっている駅舎も珍しい。




20070304.jpg

富山地方鉄道 本線 「経田駅(きょうでん)」 (富山県魚津市)

(2010年3月17日訪問)

富山地方鉄道の駅舎は、どこまでも「そのまま」 どこで降りても「そのまま」である事が 古駅好きにとってはとても嬉しい。
それでも 放置されての「そのまま」でなく、富山地方鉄道を愛している人たちによって暖かい心を吹きかけ続けられたという、暖かさを感じます。


20070212.jpg

20070213.jpg

富山地方鉄道 本線 「西魚津駅」 文字に惹かれ (富山県魚津市)

(2010,年3月17日訪問)

「西魚津駅」
案内板、お知らせ。
人の暖かさが、伝わる文字で溢れていました。
決して演出しているわけではない、「そのまま」であるだけ。


20070130.jpg

20070129.jpg

富山地方鉄道本線 「西魚津駅」 (富山県魚津市

(2010年3月17日訪問)

JRに乗っていても(当時北陸本線でした、現在は あいの風とやま鉄道 となりました) 富山地方鉄道に乗っていても北側に大きく見える観覧車。何もさえぎるものがないのどかな平地だからこその風景でしょう。
この観覧車は ミラージュランドという遊園地のもので、日本海最大級だそうです。
昭和の雰囲気一杯の遊園地だそうで、一度行ってみたいと思っています。


20070101.jpg



20070102.jpg

20070103.jpg


西魚津駅は、ミラージュランド、魚津水族館の最寄り駅。
歩いて10分なら、丁度いい距離です

富山地方鉄道 本線 「浜加積駅」 (富山県滑川市

(2010年3月17日訪問)

1面1線の無人駅。
20062301.jpg

20062303.jpg

20062302.jpg

20062320.jpg


3本の柱が印象的。
ずっしりとしっかりしたコンクリートの柱は、木の柱を支えている。

富山地方鉄道 「寺田駅」 (富山県中新川郡)

(2010年3月17日訪問)

2010年の富山地方鉄道の旅 まずは「寺田駅」からです。
この寺田駅 駅構造といいますか、配線がとても面白い。
再訪したいと思っている四国は徳島県の高徳線の池谷駅にも似ています。
分岐の真ん中にホームがある、地上駅のため目と体で確認できるのです。
何も知らずに、駅舎画像だけで選んで下車したけれど「何ここ? どうなってるの?」と興奮したのでした。

下手な説明よりも、富山地方鉄道さんの駅構内図を最初に見て頂きましょう。

20062237.jpg


高徳線の池田駅と違うのは、線路に挟まれた場所にあるのは、待合室。
駅舎は線路外側。 構内図では画面中央の下の部分となります。



富山地方鉄道の旅 2010年  (富山県)

(2010年3月17日訪問)

2009年は色んな事があった年でした。
初孫の誕生というおめでたい事からスタートしたものの、その前から私の病気の発覚、入院・手術、母の入院、二人目に孫の誕生、そして年末に父の事故死。 今振り返っても目まぐるしい一年でした。にもかかわらず、西日本パスで多く飛び回り、それとは別に多くの鉄道旅もしました。
2010年 父が亡くなった事に関連しての用事が多くあり、母の入院、三女の結婚もあり。。と それでも忙しさを引きずっていたのに、3月に富山地方鉄道の旅に出ています。
駅旅友達から、絶賛の評価を得ていた「富山地方鉄道」の旅は2009年に予定していたものでしたが、とにかく何があっても「今のうちに」という気持ちがあったのでしょうか。
押し寄せる波の合間の旅。立山の駅から歩いた先で川の流れを見ながら、で声をあげて泣いてしまいました。

そんな中での 富山地方鉄道の旅でしたから、ブログ記事も途切れ途切れとなっていて 何が整理できているのかわからない状態ですが、今 写真を見返せば、やはり素晴らしい駅舎ばかりです。

そして、また既に姿を変えてある駅舎もあるようですが、だからこそ 今 ブログ記事にしようと思います。


20062234.jpg



富山地方鉄道 本線 「越中荏原駅」 (富山県富山市)

ホームに降りてみる。。 簡易フェンスと三角コーンがあり、誘導路がある。。
おや? なんかおかしい。。

10070704.jpg

私降りる駅間違った?。。

富山地方鉄道 本線 「東新庄駅」 (富山県富山市)

 今から、4ヶ月前。今年3月に富山地方鉄道に乗りに行った時の話です。
あの時、立山の広大な景色に感動したあまり。。立山の記事からはじめてしまい、キリのいい駅まで進んだところで、桜の下の美作滝尾駅の感動を伝えたくて鳥取の記事へと変えてしまいました。。

 今。。 再び富山地方鉄道の画像を振り返れば、やっぱり素晴らしい。
気持ちが高揚したところで再び富山地方鉄道の記事を書かせて頂くことにしました。


第一日目。
富山駅の脇にある「電鉄富山駅」

特徴のない、まるでデパートの入口かな?と思ってしまうような駅ですが、天井の高さが印象的です。

10070601.jpg


富山駅前 「小馬」 (富山県富山市)

 富山で宿泊した夜、金沢から娘が来てくれました。
さて。。夕は何にしようかと駅前をウロウロ。。 若い子好みはやっぱりこういうお店♪

1004301.jpg

1004302.jpg


[ 2010/04/05 17:00 ] ---まちあるき--- 富山県 | TB(0) | CM(2)

富山地方鉄道 立山線 「岩峅寺(いわくらじ)駅 構内 ①番②番ホーム (富山県中新川郡)

1004022.jpg

岩峅寺駅立山線五百石方面の①番ホームの屋根の形が、とても綺麗てす。

富山地方鉄道 立山線 「岩峅寺(いわくらじ)駅 構内 ③番線④番線 (富山県中新川郡)

10040210.jpg



岩峅寺駅は立山線と上滝線が合流する駅で、たくさんの線路が絡み合っています。
その絡み具合を、肌で感じられるのが、こういうった地方ローカル線の良さ。絡んでいる構内を線路、電車と同じ地上で感じる事ができます。

そしてこの岩峅寺駅は、田園に囲まれた開放的なところにあり、広々としたところに 線路と駅舎があるのでとても気持ちがいいのです。。



1004021.jpg

立山線の途中駅、上滝線の終着駅。折り返して南富山方面へと出発するこのホームは ③番ホーム (④番ホームは年末年始以外使われないそうです)


富山地方鉄道 立山線 「岩峅寺(いわくらじ)駅」 (富山県中新川郡)

10040102.jpg

富山地方鉄道の立山線と不二越・上滝線が交わるちょっと複雑な構造を持つ駅。
その複雑さは、とても面白いのですが、駅舎そのものも重厚で立派な事からも重要な駅であることがわかります。


10040106.jpg


10040104.jpg


屋根の形は、駅近くの「雄山神社」の屋根の形を模したものだそうです。


10040111.jpg