JR西日本 山陰本線 「浜村駅」 (鳥取県鳥取市)

青谷駅のお隣。
きちっと整ったイメージの駅です。

15023106.jpg


15023105.jpg



JR西日本 山陰本線 「青谷駅」 (鳥取県鳥取市)

 倉吉駅からみっつ 東の駅。
「青谷駅」 ですが、赤い瓦屋根が綺麗です。

15023001.jpg


15023002.jpg



 山陰本線の駅は、駅前スペースが広く、開放的で明るい印象を受けます。


JR西日本 山陰本線 「御来屋駅」③ -駅舎 待合所-

15022601.jpg

15022617.jpg

15022602.jpg


 子供の頃の、田舎の駅舎はこんな感じだったなあと思います。
駅員さんが居て、人もいっぱいいて。



JR西日本 山陰本線 「御来屋駅」② ーホーム待合室- (鳥取県西伯郡)

 御来屋駅 ホームにある待合室。

15022509.jpg

なんやら、四角っぽい変わった形。

15022501.jpg


15022505.jpg



貨物列車の最後尾に連結されていた車掌車だそうです。
「現在も貨物列車に連結されています。 昭和59年3月31日」 とありますが、翌年 昭和60年(1985年)3月14日のダイヤ改正により、原則として 運転手だけの業務となり、連結されなくなったそうです。




JR西日本 山陰本線 「御来屋駅」①  (鳥取県西伯郡)

1902年、山陰初の鉄道として、境港-御来屋間が開業した当時から残る山陰最古の駅舎。
2002年に山陰鉄道発祥100周年を記念して、昔ながらの雰囲気を大切にしたリニューアルがされました。


15022705.jpg


15022618.jpg


15022702.jpg




JR西日本 山陰本線 「米子駅」  (鳥取県米子市)

 鳥取県の県庁所在地は鳥取市ですが、米子市の方が大きな都市のように感じるのは、駅前が賑わいを見せているからでしょうか。鳥取駅前よりもゆったりした道路と、廉価なビジネスホテルが林立しているといった感じです。

 「米子駅」
昭和のターミナル駅の貫禄を放っています。

14100310.jpg

14100301.jpg

JR西日本 山陰本線 「波根駅」 (島根県大田市)

14092102.jpg

14092101.jpg





14092117.jpg

山陰本線。 海岸沿にある駅です。

JR西日本 山陰本線 「江南駅」 (島根県出雲市)

 夏の始めに出かけた山陰本線の旅の記事。中断してから一ヶ月以上が過ぎてしまいました。
旅からは、二ヶ月以上が過ぎ、自分でも記憶と感動が薄れて、つくづく「帰ってすぐ」「感動の醒めないうちに」を実感します。


 「江津駅」を後にして、気になっていた駅舎巡りを始めました。
出雲市方面に戻り 途中下車したのは「江南駅」

14092009.jpg


14092005.jpg

14092006.jpg




江津本町を駆け抜ける「三江線」 (島根県江津市)

 三江線は島根県江津市と広島県三次市を結ぶ108.1キロのローカル線。
江の川にほぼ並行して走るのどかな路線ですが、起点の江津駅から江津本町駅までの線路風景もなかなか面白いものでした。

140810_map1.png

 マップでも確認できるように、江津駅を出た電車は南へとカーブ、間もなく道路と並行して走りますが、ここまで真横を走るのかと最初南へと歩いた時 驚きました。

14081008.jpg

14081009.jpg

JR西日本 三江線 「江津本町駅」 (島根県江津市)

 江津駅発着の三江線は一日わずか5本。
途中下車好き、駅舎好きの私も、さすがに覚悟を決めるか、上手に計画を立てないと途中下車は出来ないダイヤです。
ところが、「江津本町駅」は 「江津駅」から1.1キロ。 十分徒歩範囲です。

 江津本町甍街道から、駅への道があります。

14080908.jpg



石州赤瓦の町並は、やがて途切れます。
14080907.jpg


江津本町 「豆茶香」でランチ  (島根県江津市)


14080802.jpg

江津本町甍街道の入口にある、不思議な雰囲気のお店。

14080801.jpg


[ 2014/08/16 20:55 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(0)

「旧江津町役場本庁舎」 (天領江津本町甍街道) (島根県江津市)

 江津本町の町並みの中、明日祭礼が行われるという山辺神社の参道にあるのが 「旧江津町役場本庁舎」

14080701.jpg

大正15年(1926)建築。
現庁舎が完成するまで役場として使用され、その後は老人福祉センターなどとして使用されました。

14080702.jpg
左右対称の装飾性のある外観、壁の模様が美しい建物です。

14080703.jpg


[ 2014/08/14 20:12 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(3)

「旧花田医院」  (島根県江津市)

江津本町郵便局の隣に建っているのは「花田医院」

14080501.jpg

14080503.jpg

14080502.jpg


昭和12年建築。
洋風建築の建物が医院、和風建築の建物が居住部分です。

屋根の色が、この地域の他の屋根と少し違っているのは、その頃の瓦の色が当時の軍服色=カーキ色と定められていたからとの事です。


[ 2014/08/14 20:00 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(0)

旧江津郵便局 (天領江津本町甍街道)  (島根県江津市)

 石州赤瓦の映える江津本町にある 旧江津郵便局。

14080601.jpg


14080606.jpg

三代目局長(明治17年~28年 1868~1911)による建築。
2008年に改修されています。


[ 2014/08/14 19:43 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(2)

天領江津本町甍街道 「本町散策」 (島根県江津市)

 旧矢上銀行江津支店を右手に見て南へ三江線沿(後日アップします)に歩くと、再び古い町並みが見えてきます。


14080520.jpg



[ 2014/08/12 13:40 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(2)

旧矢上銀行江津支店 (島根県江津市)

 江津駅前の山陰道(国道9号)は、東へ10分程歩くと、江川橋を渡るための取り付け道路となり存在感のある、あるいは圧迫感のある道路になります。
 その脇道には、庶民的な生活観が見えます。

14080306.jpg

14080307.jpg

140803_map3.png


ちらりと奥に見える赤い、橋の手前に建つ、建物。


[ 2014/08/10 22:42 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(3)

江津駅前風景 (島根県江津市)

 山陰線途中下車をすると、近くにある幹線道路は国道9号。このあたりでは山陰線にほぼ並行して通っています。
こちら 江津も同じく、駅前の道路がすぐ国道9号。
沿線には、やはりなつかしい雰囲気の建物を見る事が出来ます。

14080301.jpg

14080303.jpg

14080304.jpg
「大」の文字に○ 京都では「大丸百貨店」を連想しますが、大正・昭和の時代 各地にこのロゴマークがあったようです。



[ 2014/08/08 21:06 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(0)

JR西日本 山陰本線 「江津駅」 (島根県江津市)

 夏に青春18切符で山陰線の旅をした時、ダイヤの乱れで駅前の写真を撮っただけの江津駅。 → JR山陰本線 都野津駅~江津駅~米子駅
 こんなにも早く再訪できるとは思いもしていませんでした。

山陰本線の駅ですが、ここから陰陽連絡線である三江線が伸びていて、山陰線の中では代表駅のひとつです。

14080221.jpg

14080223.jpg


 木造駅舎というわけではありませんが、幼い日を思い出す懐かしい造りの駅舎です。


JR西日本 山陰本線 「江津駅」 思いがけず いい瞬間に遭遇♪ (島根県江津市)

 温泉津駅 9時09分。 山陰本線、さらに西へと向かいます。

14080101.jpg
中国地方の美しい風景のひとつは、石州瓦の赤い甍(いらか)で、さらにそこに青い海、青い空が一緒であれば、胸が高鳴ってしまったりします。

14080102.jpg
江の川橋梁を渡ると、そこは「江津駅」

大きな音で長いあいだ警笛がなりました。
何?

JR西日本 山陰本線 「温泉津駅」 (島根県大田市)

14071810.jpg

温泉津温泉を後にして、昨晩降り立った温泉津駅。
緑に包まれたのどかなホーム。

14071807.jpg

14071811.jpg