JR西日本 山陰本線 「松崎駅」 下車 (鳥取県東伯郡)

15022812.jpg

 駅を出て、正面に広がる景色を見た時。。
あれ? ここは来た事ある。。 降りた事ある。。  夕暮れ時だった気がする。
まさか夢じゃあるまい、まさか狐につままれてるわけじゃぁあるまい。
足を進め、道路を渡ればますます、記憶が蘇る。
駅舎めぐりをしていると多々ある事。。? いえ、こんな間違いをしたのは始めてでした。
「再訪」と意識して下車する事はあっても、何も思わず降りてしまうとは。
景色は印象にあれど、駅名が印象になかった。 松崎駅さんに申し訳ない。。

でも、これもまた、楽しいものでした。同じ場所を訪れる事は決して悪い事でなく、条件がすべて変わってくるから新鮮です。

 前回訪問記事 →   JR西日本 山陰本線 「松崎駅」 (鳥取県東伯郡)




駅横の「のき下ギャラリー」に展示されていた、昭和48年の同じ場所の写真です。
15022818.jpg 15022818_s.jpg


昭和初期には鳥取県内で第二の集客力を持つ温泉地として賑わい 昭和時代には旅館街があり多数の旅館が営業していたのですが、現在は5軒。ピークは昭和40年代後半から昭和50年と言いますから、この写真はまさしく、それを物語っています。


[ 2015/03/02 16:28 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

JR西日本 山陰本線 「松崎駅」 (鳥取県東伯郡)

15022913.jpg


15022914.jpg


15022905.jpg



 鳥取県 倉吉駅のひとつ東側にある駅です。


「米子市立 山陰歴史館 (旧米子市庁舎)」  (鳥取県米子市)

 近代建築を求めて、町歩きをしている時に、ちらちらと目に入るの大きな建物。
見通しのいい場所にある事ので、どこからも目につきます。

15022301.jpg

「米子市立 山陰歴史館 (旧米子市庁舎)」 
1930年(昭和15年)建築
鉄筋コンクリート3階建

15022302.jpg

15022303.jpg


 県庁所在地でない都市で、これほど重厚で大きな庁舎とは。。驚きます。

[ 2015/02/25 14:30 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

「坂口合名会社」  (鳥取県米子市)


15022101.jpg


 古い町並みの続く、静かな通りの中に、堂々たる洋風建築が現れます。

「坂口合名会社」
昭和6年建築
現在も続く、坂口合名会社の本社ビルです。

15022103.jpg



[ 2015/02/24 21:38 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

加茂川・中海 周辺 (鳥取県米子市)

 この界隈をなんと呼ぶのでしょう?
「米子市公会堂」「角盤文庫」を後にして、西の方へと歩くと、今までとは違った落ち着きのある町並に入ります。

15022001_1.jpg

15022002.jpg



[ 2015/02/23 18:02 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(4)

「角盤文庫(旧角盤郵便局)」 (鳥取県米子市)

 

 米子市公会堂、西側の道を真っ直ぐ北へと進むと、見えてくるのが、昭和の香りのする木造建築。



「角盤文庫(旧角盤郵便局)」
1935(昭和10)年建築

15021901.jpg

15021906.jpg


 1984年に郵便局としての役割を終えた、まちの本屋さん「角盤文庫」として1989)年から市民に親しまれてきました。

 まだ 郵便局らしさが十分に漂っています。



[ 2015/02/22 21:14 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(4)

「米子市公会堂」 (鳥取県米子市)

15021806.jpg

 出雲街道と、山陰街道が交差する場所。
緑の木立に囲まれた中に見える、お洒落な形をした茶色い建物。


米子市公会堂

15021801.jpg
1958年建築
村野藤吾設計




[ 2015/02/21 20:31 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

米子駅から、北へと。  (鳥取県米子市)



15021701.jpg
近代建築を求めて、米子駅前のホテルから、右へ左へ歩きます。

 人通りが少なく、商店もまだ閉まっている時間からの町歩き。


15021702.jpg

15021703.jpg




[ 2015/02/20 19:55 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(4)

「旧日ノ丸自動車法勝時鉄道車両フ50形フ50号付随客車」  (鳥取県米子市)

 「米子専門大店」を見たあと、周辺をうろうろ。
元町サンロードを歩いていると、広場の奥に電車発見。


15021601.jpg

15021602.jpg

なんだか、大きな木箱のよう。



[ 2015/02/19 13:05 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

「米子専門大店」 (鳥取県米子市)

  昨年夏~秋に発売されていた、山陰めぐりパスは、山陰指定地区4日間乗り放題 10500円。
この地域で一番宿泊に便利なのが米子。低価格でたくさんのホテルがあり、周囲に飲食店、スーパーもたくさんあります。
2日続けて米子泊。
四日目の朝は、米子の近代建築めぐり。


 ホテルからすぐの場所。

「米子専門大店」

15021503.jpg


1924年頃 大正期の建築
原八十吉設計


15021504.jpg

堂々たる姿です。



[ 2015/02/18 10:49 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

「山陰合同銀行根雨支店(旧雲陽実業銀行根雨支店)」  (鳥取県日野郡)

 昨日、一昨日に続き、根雨駅前から続く出雲街道沿にある建物のひとつです。

15021305.jpg


 僅か数百メートルを歩いただけ。 往時を感じる和風建築は、街道の雰囲気を十分に感じさせてくれました。
そんな中で、唯一の洋風建築といえましょうか。
ひときわ、異彩を放っていました。

[ 2015/02/17 23:02 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

「日野町歴史民族資料館(旧根雨町公会堂)」  (鳥取県日野郡)

15021307.jpg

根雨駅前から続く、出雲街道沿の脇道。 気になります。

15021308.jpg
高台になにか、いい建物が見えているけど、どうしたら近づけるのでしょ。


15021309.jpg
こちらから回めば行けそうです。




[ 2015/02/16 20:32 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(2)

「根雨の町並み」 (鳥取県日野郡)


15021301.jpg

,根雨の駅前をほんの10メートル程歩くと いかにも昔から人が生活してきたような細い道が伸びています。



15021302.jpg

15021303.jpg 

 根雨には出雲街道の本陣がありました。

[ 2015/02/15 22:29 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

JR西日本 伯備線 「根雨(ねう)駅」 (鳥取県日野郡)



15021203.jpg

 赤い瓦屋根が綺麗な「根雨駅」
山間に来たなぁ、四方を山に囲まれています。



15021230.png
米子から、かなり南へ進んだ場所。
特急「やくも」の一部が停車。
山陰めぐりパスの自由乗降区間の、ぎりぎり南限という場所。


JR西日本 山陰本線 「乃木駅」 (島根県松江市)

「乃木駅」
松江駅からひとつ西の駅です。

15021101.jpg


15021103.jpg

15021104.jpg




JR西日本 山陰本線 「荘原駅」

 「荘原駅」
山陰本線、出雲市駅からふたつ東の駅。

15021004.jpg

15021008.jpg



JR西日本 山陰本線 「直江駅」 (島根県出雲市)

 「直江駅」
山陰本線出雲市駅のひとつ東の駅です。

15020901.jpg

15020903.jpg

水木しげるロード裏~境港駅 (鳥取県境港市)

 水木しげるロードが、途切れた場所あたりから、Uターン。
今度は海岸線沿を歩いてみましょう。


15020801.jpg

15020802.jpg

15020803.jpg


[ 2015/02/10 14:08 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(0)

「水木しげるロード」 (鳥取県境港市)

05020701.jpg

 「境港駅」から、まっすぐ伸びる 水木しげるロード。
 境港線が すっかり、鬼太郎、水木しげる ワールドになってしまっている事に、私など戸惑いを隠しきれませんでしたが、町を歩き始めて、こころ弾んできました。

  お店の姿を変える事なく、境港出身の、水木しげるさんにエールを送っている。。
そんな暖かさを感じました。


15020702.jpg

15020703.jpg



[ 2015/02/09 22:39 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(6)

JR西日本 境線 「境港駅」 (鳥取県境港市)



15020601.jpg

終着 「境港駅」
車止め、頭端駅。

この先は、海。
鉄路の終わり。