湖岸ライン⑮ 「袋町」 (滋賀県大津市)

湖岸ラインシリーズ最終回。
湖岸ライン⑥の「大橋堀」


13070804.jpg
ここから、手前方向に大橋堀の小橋が架かっていましたが、その先 細い路地が伸びています。



13070803.jpg
[ 2013/07/17 09:41 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

湖岸ライン⑭ 「石場の常夜灯」 (滋賀県大津市)

 大津の琵琶湖岸には、 小舟入の常夜灯の他にもうひとつ常夜灯があります。
 小舟入が一度も移転せずに、その時からじっとしているのに対して、「石場の常夜灯」は何度も移転しています。


13070708.jpg13070706.jpg

もともとは、赤い矢印で示した場所、現在の大津警察署の位置にありましたが、今は黒い矢印で示した琵琶湖文化館横にあります。
地図に数字の入っている部分は、湖岸ラインの遺構のある場所。 琵琶湖に向かって埋め立てされたのは、1968年(昭和43年)の琵琶湖博覧会開催前ですので、かつての湖岸ラインは比較的わかりやすくなっています。


[ 2013/07/13 15:15 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(17)

湖岸ライン⑬ 「蘆花浅水荘」 (滋賀県大津市)

 思い描いた膳所城址周辺の湖岸ライン。これより南については地図の収集もしていませんでした。
ただ、以前訪れた「蘆花浅水荘」の御当主さんは、庭続きに琵琶湖だったとおっしゃってました。

 現在の地形との関係がわかりやすい地図はこれになりますでしょうか。
→ 大津のかんきょう宝箱 蘆花浅水荘

 何度かお邪魔する機会があったのですが、写真を撮らせて頂いたのは2006年の見学会の時だけなのですが、いくら探してもその時の写真が見つからず。。

 過去記事にリンクします。
→ 国重要文化財「蘆花浅水荘」見学会

07012210.jpg

琵琶湖と対岸を借景にしたというこのお庭。
手前にある葦の部分まで琵琶湖で、舟を浮かべていたという事です。


 このさらに南はなんの手がかりもなく。。また図書館に行って昔の地図を見せて頂いたりしながら、少しずつ調べていきたいと思っています。

 
 あと。。少し 湖岸ラインシリーズは続きます。。




【琵琶湖岸ラインINDEX】
[ 2013/07/12 18:41 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

湖岸ライン⑫ 「膳所公園」界隈 (滋賀県大津市)

 大津市歴史博物館のれきはく講座で、歩かれた「湖岸ライン」は前々回の場所まで
(湖岸ライン⑩)



この先は、コメントを頂いたCHOKKOさんの情報と自分の想像での記事です。


13070610.jpg
明治28年の地図、右下の琵琶湖に浮かんでいるような場所が「琵琶湖の浮城」と言われた「膳所城」です。
1600年築城といいますから、安土桃山時代末期にはすでに存在していた事になります。




【琵琶湖岸ラインINDEX】
[ 2013/07/11 13:21 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(12)

湖岸ライン⑪  「小舟入の常夜灯」 (滋賀県大津市)

 湖岸ラインシリーズ、暫らくお休みしていたので、もう終わったのかと思われていたかもしれませんが、もう少し続きますのでおつきあいくださいませ。。


湖岸ライン⑧「島ノ関駅~石場駅」で、取り上げました、「小舟入鉄橋」

京阪電車の線路の西側(内陸側)にまわりこんでみると、「小舟入の常夜灯」を見つける事ができます。



13070512.jpg
ゴミ集積所が前に出来ているのが、残念ですが、奥に京阪電車が見えているのがわかるでしょうか。
丁度 小舟入鉄橋の正面になります。

[ 2013/07/10 14:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

湖岸ライン⑩ (滋賀県大津市)

13070213.jpg
湖岸ラインに沿って走っていた京阪電車は、石場駅を過ぎるあたりで内陸部へとカーブします。

13070214.jpg





現在の地図ですが、赤線の部分がかつての湖岸ラインだっただろうと予想される場所です。

13071216.jpg


[ 2013/07/04 12:30 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

湖岸ライン⑨ 「呼次松児童公園」 (滋賀県大津市)

 京阪電車石坂線(大津線)「石場駅」の湖岸道路側を少し石山方向へと歩くと、大きな公園があります。
公園というより「広場」という方がいいかもしれない位に、この周辺ではゆったりした場所です。

13070103.jpg

12062703.jpg

13070105.jpg


[ 2013/07/03 15:50 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

湖岸ライン⑧  京阪電車島ノ関駅~石場駅 (滋賀県大津市)

13063422_20130701165430.jpg
「島ノ関駅」

13063411.jpg

13063410.jpg

ホームの下を よ~く見ると川のようなものがあります。
[ 2013/07/02 15:40 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(14)

湖岸ライン⑦ 京阪電車浜大津駅~島ノ関駅 (滋賀県大津市)

13063424.jpg
平成25年「京阪石坂線100thアニバーサリーin大津パルコ」に展示されていた画像です。
写真左側は琵琶湖。
昭和20年のこの画像にあるように、大橋堀を過ぎた頃から、湖岸ラインは京阪電車の線路に沿っていて、辿りやすくなります。



江戸時代の湖岸ライン
13063425.jpg


現在の地図。
数字の入っているラインが、ほぼ昔の湖岸ライン。で京阪電車の線路に沿っています。
13063426.jpg

地図方向が逆で見づらくて申し訳ありません。


[ 2013/07/01 17:49 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(6)

湖岸ライン⑥ 「大橋堀」 (滋賀県大津市)

 暫らくお休みしていました、「湖岸ライン」シリーズ、此処でお休みとなっていました。
湖岸ライン⑤「大浜」「大橋堀」


13063206.jpg

 お休みしている間に、わかりやすい地図を見つけました。
「大津百町ガイドブック」掲載の 江戸時代の古絵地図です。

右端の黒い部分が既に記事にしています「川口堀」

その隣が「大浜」 左端が「大橋堀」です。

[ 2013/06/28 22:26 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

湖岸ライン⑤ 浜大津付近 「大浜」「大橋堀」 (滋賀県大津市)

13061102.jpg

湖岸ライン、川口堀湖岸国道161号線をそのまま浜大津方向に進むと、「浜大津明日都」前に出てきます。
(写真左の建物)

かつて、このあたりには「大浜」という入り江があり船が荷物を積んで入ってきていたそうです。

13061101.jpg
「浜大津明日都」旧国道161号線側。



13061109.jpg
右「川口堀」
中央した「大浜の入り江」
(明治36年発行地図)

13061110.jpg
(現在地図)
濃い線が、「川口堀」 「大浜の入り江」




[ 2013/06/14 21:34 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)

湖岸ライン④ 「観音寺~浜大津 川口堀」 (滋賀県大津市)

 明治23年(1890年)竣工の第一疎水、明治45年(11912年)竣工の第二疎水の取水口になっているあたりは、その建築により大きく手が加えられ、そのまま変わることなく長い年月を経ているので、湖岸ラインは「疎水」そのものと言えましょう。
 
 13061001.jpg
明治36年発行の地図です。

地図右寄り、「西川口丁」「東川口丁」の間が入り組んでいますが、ここが「川口堀」

 この堀は、もと豊臣秀吉の時代に築城された大津城の中堀の跡で、江戸時代は薪炭などを荷揚げする船入り堀として活用されていた。大正年間以降は湖東の農村から大津町で出る下肥えを採集する船が出入りしていたという。昭和になって埋め立てられ、現在は堀の区画をしのばせるような長細い公園となっている。

 江戸時代にあったお堀が、今も確認できると言うのは、嬉しい事です。



[ 2013/06/13 19:36 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

湖岸ライン③ 「観音寺~旧北保町」 の湖岸ライン (滋賀県大津市)

13060801.jpg

湖岸ラインを求めて散策中このような地図を見つけました。 5~6年前の地図と思われますが、カラーで比較的わかりやすい地図です。

湖岸ライン① 湖岸ライン②で遺構が確認できたのは、地図左上 「増田タバコ店」後ろの道路のところまで。
元実家「㈱木豊」の後ろで、「㈱木豊」の敷地後ろにあった蜜柑の木のところまで、琵琶湖があったと聞いていますから、そこまでは、辿れたとしましょう。。

問題はその先です。「湖岸ライン巡り」でのその部分については触れられなかったそうで、あとは私の推測ですすめてみることにしました。


地図、真ん中から右真ん中あたりへと走る道路は国道161号線。




「尾花川橋」は昭和38年竣工
13060906.jpg

13060907.jpg

続く「新三保ヶ崎橋」は昭和35年竣工
13060908.jpg


画像の国道161号線部分は昭和30年代に開通した事がわかります。


[ 2013/06/12 18:35 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

湖岸ライン②「観音寺」 (滋賀県大津市)

 尾花川から観音寺にかけての湖岸ラインは 突然途切れています。
その先は 製材所の材木置き場、製材所でした。
そしてその後ろが元実家です。

13060417_20130609221446.jpg


「なんで二階がないの?」
「昔な、蜜柑の木のとこまで琵琶湖があってな、台風が来ると危ないし、二階は切ったんや」と父は答えてくれていました。

腰を屈めてしか歩けないような二階は、物置になっていて、父はハシゴで登っていました。


写真、製材所跡は保育園になっていて園庭の後ろの、緑の部分に蜜柑の木がありました。
製材所との境の立入禁止ゾーンのような場所へは、殆ど足を踏み入れませんでしたが そこに石が埋まっていたような記憶があります。
もしかしたら 湖岸ラインがあそこにあったのでは。。。。


旧製材所から、琵琶湖疏水までの途切れた部分がとても気になっています。



ただ疑問。。




[ 2013/06/10 14:59 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

湖岸ライン① 「尾花川~観音寺」 (滋賀県大津市)

 今年3月 大津歴史博物館で開催された「れきはく講座」
「かつての湖岸ラインを探る」 休みを取って待っていたのに残念ながら抽選漏れ。。
残念でなりませんでしたが、心ある方から資料をお借りする事ができました。



13060604.jpg


13060605.jpg

13060601.jpg

地図によると、赤線部分に湖岸ライン跡があるという事です。

[ 2013/06/09 21:26 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

琵琶湖岸ライン INDEX

【琵琶湖岸ライン INDEX】


湖岸ライン① 「尾花川~観音寺」 
湖岸ライン② 「観音寺」
湖岸ライン③ 「観音寺~旧北保町」 の湖岸ライン 
湖岸ライン④ 「観音寺~浜大津 川口堀」 
湖岸ライン⑤ 浜大津付近 「大浜」「大橋堀」
湖岸ライン⑥ 「大橋堀」
湖岸ライン⑦ 京阪電車浜大津駅~島ノ関駅
湖岸ライン⑧ 京阪電車島ノ関駅~石場駅
湖岸ライン⑨ 「呼次松児童公園」
湖岸ライン⑩ 
湖岸ライン⑪ 「小舟入の常夜灯」
湖岸ライン⑫ 「膳所公園」界隈
湖岸ライン⑬ 「蘆花浅水荘」
湖岸ライン⑭ 「石場の常夜灯」
湖岸ライン⑮ 「袋町」

[ 2013/06/08 21:58 ] その他 | TB(0) | CM(0)