FC2ブログ







福井鉄道福武線 「ベル前駅」 (福井県福井市)

12053103.jpg

「ベル前駅」

1989年開業と言われて納得出来る駅構造です。


ショッピングシティベル
キーテナントのスーパーマーケットを経営する株式会社平和堂、その子会社かつ福井市の第三セクターで不動産賃貸及び施設管理を行う福井南部商業開発株式会社などで組織する協同組合ゴールドショッピングセンター





12053104.jpg

真正面が「ベル」




福井鉄道福武線 「ハーモニーホール駅」 (福井県福井市)

12052704.jpg

 駅の構造が面白いので下車しました。


12052711.jpg

12052710.jpg


 まあるく覆われた屋根。


福井鉄道福武線 「神明駅」 (福井県鯖江市)

12052606.jpg

福井鉄道福武線「神明駅」

間口が大きく、駅前広場もゆったりとしていて、その名の通り明るい印象を受けます。


12052605.jpg

福井鉄道福武線 「西山公園駅」 (福井県鯖江市)

12052501.jpg


12052504.jpg
ん? またもや新しい駅舎になっていました。
こちらも、原型に近い形で修復されているようですが、やっぱり趣は感じられず、残念でした。

福井電鉄は日中20分間隔で運転されているので、新しくなっている駅で降りてもそれなりに時間をすごすことができますが、2時間3時間に一本のローカル線で下車した駅が新しくなっていたりすると。。頭抱え込みたくなります。。

福井鉄道福武線 「家久駅」 (福井県越前市)

 北府駅の二つ先の駅。

12052410.jpg
小さな島式ホームがポツンとあるだけでローカル色を感じます。


12052402.jpg
構内踏切の先にある家のような建物が「家久駅」

今度は修復されてないようです。。

福井鉄道福武線 「北府駅」 (福井県越前市)

 福井鉄道の駅舎で、一番楽しみだった駅舎「北府駅」 武生の町から歩いてもすぐの距離にあるのですが、電車から降りて駅を感じたかった。


12052301.jpg

この感じ。カーブの先のホーム。両脇の密接感。


12052304.jpg
ん? おや? なんか感じが違う。綺麗。
え? 外観だけが古くってホームはこんな感じだったのかな?


12052305.jpg
え? こんな感じじゃなはず。
どうした?



12052308.jpg

え~~
3月に新しい駅舎になったって。。今日は4/21.。
ひとあし遅かった。。

木造平屋建ての現駅舎の趣を残していると言うものの。違う。私にとってもまったく違う駅。



過去にもこんなことあったなぁ。
富山地方鉄道の「越中荏原駅」

福井鉄道福武線 「越前武生駅」 (福井県越前市)

12052207.jpg
 
北陸本線武生駅から北へ2分程のところにある、福井鉄道武生駅。

12052204.jpg

12052202.jpg

駅舎というより、ビルの一部が「駅」です。



福井鉄道福武線は文字通り、武生と福井市を結び、JR西日本北陸本線とほぼ並行して走っています。




ミドリドレスメーカー専門学校 (福井県越前市)

12051824.jpg

12051825.jpg


突然目に飛び込んできた衝撃の建物。
実はこういう変り種が好きな私。

昭和5年(1930年建築)
「うどんの日野食堂」としてデビュー後、昭和10年に県下初のアパートとして改造。
鉄筋コンクリート造3階建ての屋上に8角形の展望台があったそうです。


[ 2012/05/18 22:00 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(0) | CM(2)

引接寺・丈生幼稚園 (福井県越前市)

 ブログ記事を書くため色々調べているうちにたくさんの見落としがある事に気づいています。

「まちなか博物館」の地図をみながら、訪れたはずの丈生幼稚園。
あのお寺の中にあるのかな?と思いながら少しのぞいて見ただけで通り過ぎたけれど、お寺の中に入ればフェンス越に全景を見ることができたようです。

12051818.jpg

少し曲がった道の正面にお寺が見えている。。
「町のお寺さん」として町に溶け込んでいる雰囲気です。

[ 2012/05/18 21:22 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(0) | CM(4)

武生に来たらボルガライス!!? (福井県武生市)

 今回の旅は近場で余裕もあるので「」についても下調べ。。
「武生に来たらボルガライス」というサイトを見つけました。
ん? 秘密のケンミンショーでも紹介された事があるそうですが、私は知らなかった。。私だけ知らなかった?
 ボルガライスとは…「ライス・たまご・トンカツ・お店のこだわりソース(カレーは除く)が重なり合った絶品グルメ」である!

ん~ まぁいっかぁ。 私の好みです。越前そばも気になりますが、新しい「」にもこだわりましょう。。


12052004.jpg


[ 2012/05/17 12:59 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(6)

武生の建造物 ① (福井県越前市)

 武生の町は、懐かしさが自然に漂っています。古いだけでなく、美しさを感じるのは人々が、町を愛し大切に守っておられるからでしょう。




12051802.jpg
大正2年(1913年)建築
正面下の左右の白いタイルが時代を感じさせてくれます。
店内のドイツ製大型時計は昭和初期のもので、今まで一度も修理をしたことがなく未だに時を刻んでいるそうです。



[ 2012/05/16 12:25 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(4)

旧武生郵便局

 武生の町には、徒歩範囲内に多くの近代建築が残っています。戦禍を被っていない中心都市というのは、なんとも言えない、落ち着きを持っているものです。




12051904.jpg
旧武生郵便局
大正3年(1914年)建築

間口が広く、きっちりとしたシンメトリーで、堂々とした印象を受けます。


[ 2012/05/16 11:07 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(0)

旧北川医院 旧井上歯科医院 (福井県越前市)

 近代建築に医院建築が多い。どの町にもひとつやふたつ。。「おっ」と思うものがあるし、「これは何?」とよく見ると大概、医院・金融機関です。

武生にも同じように、立派な医院建築がありました。


12051604.jpg

旧北川医院
大正2年(1813年)建築。
[ 2012/05/15 19:16 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(0)

Mode大井ビル(旧大井百貨店)  (福井県越前市)

 ブログ記事にしようと写真整理をして、角度が気に入らなかったり、細部に目が行ってなかったり「どうして。。? もう二度と行かないかもしれないのに」と思うことが多々あります。
その時感じたままに、そのまま被写体に近寄ればいいのに。。いつも反省ばかりです。



12051505.jpg

武生の一番賑やかな通りを歩いていて、目についたのは写真右屋の黄土色の建物。



12051503.jpg


[ 2012/05/14 13:49 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(2)

武生町タンス町 (福井県越前市)

12051401.jpg


12051404.jpg

「タンス町」と聞くと、京都のお隣に住んでいる者は「夷川通の家具屋さん街」と同じように販売されている所かと思ってしまいますが、こちらは「製造」されている所。


武生は、全国でも指折りの打刃物の産地であり、北前船によって各地の漆が集められたところでもあります。伝えられた指物の技に、それらの技が重なり合い生まれたのが、越前府中箪笥だったと言えます。
往時の府中武生の街は、指物師が軒を連ね箪笥町通りとして栄えました。米の収穫の終わる秋には嫁入り道具を買いに訪れた人でにぎわいました。その中でも、武生時代箪笥は、繊細でシンプルな意匠が特徴で、特に、金具は鍛鎧の技法により秀逸でその風合いは他に類を見ません



[ 2012/05/13 18:07 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(2)

越前市武生公会堂記念館(旧武生町公会堂)  (福井県越前市)

12051303.jpg

武生駅を降りて、右も左もわからないまま歩いていて、目に入ってきたのは、瀟洒に伸びる塔屋。
途切れることなく、建物に縦ラインが綺麗です。




12051304.jpg
塔屋部分は、階段に利用されているらしい。

[ 2012/05/12 15:45 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(1) | CM(3)

JR西日本 北陸本線 「武生駅」 (福井県越前市)

 今年はじめから、4月半ばまでは「籠の中の鳥」状態、晴れて自由の身になってすぐの土日に早速、鉄道旅に出てしまったのですから、いかに私が、じっとしていられない性格か、鉄道旅好きかがわかります。

 青春18切符の時期は過ぎてしまったけれど、過ぎてしまったからこそ青春18切符では元の取れない微妙な距離の行きそびれてしまっていた福井方面へと、行き先が決定。


 12051221.jpg
(京都駅に用事があったため京都駅からの切符です)


12051222.jpg
珍しく車内検察がありました。


鯉のぼり (福井県勝山市)

 4月22日。
ずっと気になっていた、えちぜん鉄道に乗りました。
朝から、気になる駅での途中下車を繰り返しながら、お昼過ぎに永平寺線終着駅「勝山駅」で下車。
しばらく歩くと、恐竜を模したかのような勝山橋が見えてきました。

12050402.jpg

橋の下を流れる九頭竜川の上にはたくさんの、鯉のぼり。

さらに向こうには、桜並木が見えているではありませんか。
大津ではすっかり桜は終わっていましたが、北へ行くにつれて桜は満開の時を迎えていて車窓風景をさらに楽しませてくれていましたが、終着駅の向こうに桜並木と鯉のぼりが見えるなんて、なんと素晴らしい事でしょう。

ただこの日は、傘もさせないほどの強風。合羽は持ってないし、これ以上進めないなぁ。。と遠目に眺めて、足早に駅へと戻りました。

ちよっと残念。
12050401.jpg


最近、殆ど鯉のぼりを見かけなくなって寂しく思っています。
開放感いっぱいのGW、風薫る5月の空に元気よく泳ぐ鯉のぼりは、心を広くしてくれていたのに、「鯉のぼり」という風習は少なくなってしまったのでしょうか。

[ 2012/05/03 16:08 ] ---まちあるき--- 福井県 | TB(0) | CM(2)