福山聖子 絵画展  ~於 マンポのとなり~  (滋賀県草津市)


 何十年も、朝日新聞滋賀版で目にしてきた、福山聖子さんの絵画。
10年位前から、絵画展をしてくださるようになり 会場まで足を運ぶ時から、わくわく。

草津の「マンポのとなり」へ足を運ぶのは二回目です。

17010601.jpg

[ 2017/01/22 22:12 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

福山聖子さん絵画展 於るーむ木無  (滋賀県大津市)

 

一ヵ月以上前、ようやく過ごしやすい日々が続くようになった頃。
大津市北部の和邇にある「るーむ木無(ぶな)」さんへ足を運びました。
 「福山聖子 絵画展」 画文集 第2弾 「水のしらべ 琵琶湖のうた」 出版記念!! 


 福山さんは、朝日新聞滋賀版に毎週木曜日に画文を掲載されている他、京都、滋賀の冊子にも掲載されています。
滋賀のさりげない日常生活風景を繊細なタッチで暖かく描かれ、風景の機微を優しく文章にされていて、画文に触れれば心穏やか、心休まります。

 今まで何度も絵画展に足を運び、ご本人ともお話しさせて頂きましたが、飾らず素朴で優しい心遣いをされ、画文に一致する素敵なお方です。




16111101.jpg

湖西線和邇(わに)駅下車。
5分も歩けば、喫茶&ギャラリー 「るーむ木無(ぶな)」さんにたどり着けます。

16111109.jpg


[ 2016/11/24 17:00 ] 日常 | TB(0) | CM(2)

福山聖子 「近江の水辺と暮らし」絵画展 (滋賀県大津市)

朝日新聞滋賀版に毎週水曜日に掲載されている、 滋賀県のスケッチ風景とそれに添えられた文章。
毎回、深くうなづいて、余韻に浸ってしまいます。 出勤前の幸せのひととき。

「近江の水辺と暮らし」というテーマでの絵画展が、5/20まで 瀬田の唐橋中之島の「ギャラリー唐橋」で開催されています。

14050803.jpg


14050802.jpg



[ 2014/05/16 22:00 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

「近江鉄道の駅舎と沿線 福山聖子絵画展」 (滋賀県愛知郡愛荘町)

13120207.jpg


 滋賀県の身近な日常の風景を優しい目で描いておられる福山聖子さんの作品展に行ってきました。
福山さんの絵が大好きで、作品展が開催されれば万障繰り合わせて出来る限り鑑賞させてもらっています。
 そして今回は私の大好きな鉄道がテーマ。滋賀の、のどかなローカル線。 田園地帯をガタゴトと走る近江鉄道は滋賀県の宝とも言えるでしょう。

 コラボ展となっている、愛荘町立歴史文化博物館での「湖東の鉄路−近江鉄道の誕生と愛知川駅−」の会期が12/15までと迫ってきているので、今日早速、近江鉄道に揺られ行ってきました。

13120204.jpg

描かれていた幼き日の風景 (滋賀県大津市)

 先月、膳所市民センターで開催されていた 福山聖子さんのスケッチ展」

 日常のさりげない風景を、暖かい目で見て、優しく描かれてその絵画は ほっ。。とする魅力があります。

 何枚もの絵画を見ていて、ふと目が留まりました。


13060305.jpg

13060304.jpg


 こ、これは。。 私の元実家の隣の建物じゃ?



[ 2013/06/07 10:50 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(4)

福山聖子さん スケッチ展

福山聖子さんの 「ふるさと大津スケッチ展」が5月12日から5月25日まで、膳所市民センター2階 膳所歴史資料室で開催されています。

開催を知った時から、心ウキウキ
いつ行けるかなぁ?と思っていましたが、開催日の初日午前中仕事しながらも気持ちが落ち着かず。。仕事を終え制服を着替えたら、自転車は自宅方向とは違う膳所方向へと向かっていました。。
自転車で走ると30分~40分はかかるでしょうか。。 福山さんの絵に早く会いたくって その時間のまどろっこしいこと。。(笑)

13050201.jpg


[ 2013/05/15 21:41 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(6)

「夕げの匂い オレンジ色の空」 福山聖子

 滋賀のさりげない暖かい風景を繊細な線で描いておられる「福山聖子」さん。
愛してやまない、福山さんの絵画展にはどこべても飛んで行っているのですが、情報収集が手薄になってしまう時があって、本を出版されている事を知らなかったんです。。
なんという迂闊。もっと新聞見ておくべきだった。

 ご当地映画を見に行った帰り、「大津百町館」で、迷うことなく手に入れました。
ネットで購入する事ができない、どこの本屋さんに置いてあるというものでない。。 それがまた福山聖子さんらしさで、ほっ。。とします。
大津の町家に置いてあるんですもの。。

13021303.jpg


 父も福山さんを愛し、綺麗にスクラップブックに整理して残していました。
「本を出して欲しい。。」と 何度も朝日新聞滋賀支局に手紙を書いていました。
発行は2010年10月。父が亡くなって1年後です。。

 父の仏壇に供えてから、読ませて頂きました。。


13021302.jpg



五個荘町で風景画展
滋賀を感じる
福山聖子さん絵画展
福山聖子 風景画展 草津線沿線を歩く
御幸湯

[ 2013/03/06 11:23 ] 日常 | TB(0) | CM(4)

「福山聖子 風景画展 草津線沿線を歩く」  (滋賀県湖南市)

福山聖子」さんと聞くと、どこへでも万障繰り合わせて飛んで行きたくなります。
それほどに、福山さんの描かれる絵が大好きです。
講演会で福山さんのお人柄を知り、ますます惹かれる女性となりました。

今回は、葉書でご案内を頂きました。


0907018.jpg


[ 2009/06/13 21:01 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(2)

福山聖子さん絵画展 (滋賀県草津市)

0904284.jpg

福山聖子さんの「絵」 大好きです。
さりげない懐かしく暖かい町風景を「絵」に表現してくださる。

「素顔の街角描く 福山さん 草津で個展」



[ 2009/04/28 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(8)

滋賀を感じる

朝日新聞滋賀版 毎週木曜日に掲載されている 福島聖子さんのスケッチと随筆。
4月24日掲載のスケッチに添えられていた文章。

「若者がこぐ自転車は、目にも留まらぬ速さで駆け抜けてゆくし、お年寄りは大地との摩擦と戦いながら、若者よりはゆっくりと過ぎる。。 (中略) ペダルをこぐ、どの人の服も明るい色になったな、と思う。たった一瞬間の光景が、春の陽気を教えてくれた」

表通りを建物の壁と壁の間から見ていての「スケッチと文章」
一瞬の風景にも、温かい感性が溢れる 女性。 なんて素敵なんでしょう。



この福山聖子さんと、琵琶湖を愛する画家ブライアンさんの講演会が先月 琵琶湖岸のホテルでありました。

「滋賀の景観とまちなみを語る」

0803195.jpg




[ 2008/04/30 17:00 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

五個荘町で 風景画展

五個荘の町に行ったもう一つの目的は ブライアンさんと福山聖子さんの風景画展を見るためでもありました。
0603041.jpg


ブライアンさんの個展は時々開催されることがあり、画集も出ているので、近づくことができます。
少し前に京都高島屋に見に行きました。
でも「福山聖子」さんは 朝日新聞滋賀版の水曜日に毎週掲載されるだけで、近寄れないのです。
[ 2006/03/05 21:50 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(5)