JR西日本 小野田線 「長門本山駅」 “美祢線・小野田線の旅”  (山口県山陽小野田市)


16102725.jpg

雀田駅方向から列車が入線。
警笛は一度鳴ったけれど、それは柔らかく注意を促すだけのものだったのでしょう。
列車に乗るために駅へ向かう人も、列車も決して慌てることなくのんびりと時間が流れていきます。

「のどか。。」 
そんな言葉がよく似合う。
列車と人がこんな風に共存している景色って他にあるでしょうか。。

今回の旅で一番、印象に残った、ひとコマです。


JR東海 名松線 「伊勢奥津駅」 “青春18切符 名松線の旅”  (三重県津市)

16093914.jpg
家城駅から、30分。伊勢奥津駅に到着です。
2009年10月の台風被害の後、家城駅から伊勢奥津駅まではバス代行運転が長らく続いていたのですが、4ヵ月前 6年半ぶりに復旧。
鉄道ファンと思われる方が多く乗車されていました。







16093903.jpg

16093911.jpg

この先 名張までを結ぶ予定だっから「名松線」
「車止め」の存在は、まだまだこれから延伸される心意気なのか、「志」の証を残したいのか、せつなさを感じます。

近鉄鈴鹿線 「平田駅」 “近鉄週末フリーパスの旅” (三重県鈴鹿市)


 三重県鈴鹿市の伊勢若松駅から平田町駅までを結ぶ8.2キロの線です。


16031105.jpg 16031104_s.jpg
関西本線、伊勢鉄道との関係は地図のようになっていますが、他社線との接続駅はありません。



16031102.jpg
大都市「四日市」に対して「三日市」もあるのに、意外に地味な地名。滋賀県は八日市に対して、四日市もなければ、三日市もないなぁ。。地名が消えたのかと考えているうちに、鈴鹿線の終着駅、平田駅に到着です。


16031114.jpg







近鉄湯の山線 「湯の山温泉駅」 “近鉄週末フリーパスの旅”  (三重県三重郡)

 意外に生活路線の雰囲気だなぁと思っていたけれど、終着「湯の山温泉駅」で下車したのは私一人。
山間の静かな終着駅のホームは、寂しげないい雰囲気を醸し出していました。

16030803.jpg

16030813.jpg

16030811.jpg






16030810.jpg