FC2ブログ







中山道 愛知川宿 (滋賀県愛知郡)

 フィールドワークの時期と同じくして、近江鉄道の写真展が開催されているということで、数人は車で、数人は徒歩で会場まで移動。
国道8号を北東へ進み、頭上に「愛知川宿」の案内板がある所を進みます。



19060101.jpg

「愛知川宿」 中山道65番目の宿場です。


19060102.jpg


[ 2019/06/01 21:37 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

津和野点描 「分銅屋七左衛門」 【山陰めぐりパス 3日目 2018】 (島根県鹿足郡)

 
 カトリック津和野教会近くにある 「分銅屋七左衛門」

建築物そのものよりも、重厚なタイルが前面に出ていて、その形が柔らかい事に目が行きました。

18121401.jpg

18121403.jpg

[ 2018/12/17 17:00 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(0)

津和野点描 「山陰中央新報津和野支局」 【山陰めぐりパス 3日目 2018】 (島根県鹿足郡)

 
 津和野観光のメインストリート。 殿町通と本町通の境界は津和野カトリック教会あたりでしょうか。
地図でみると、「中央新報津和野支局」は 本町通にあります。

 津和野の町をぶらぶら、していると意外に近代建築をちらほらと見かける事が出来ます。

18121302.jpg


「山陰中央新報津和野支局」の看板が上がっていますが、その機能が現在も続いているのかは、建物の様子からはわかりませんでした。

昭和5年建築、昭和9年建築のふたつの節があります。

「旧布施時計店」
正確に時を刻む、時計屋さんらしいデザインです。

[ 2018/12/16 22:02 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(2)

津和野点描 「津和野カトリック教会」 【山陰めぐりパス 3日目 2018】  (島根県鹿足郡)

 津和野観光のメインストリート 殿町通にある「津和野カトリック教会」

18120904.jpg
昭和6年建築

18120905.jpg


 近頃は、結婚式場に隣接して新しく教会が建てらる事が多いのですが、さすが90年近くの歴史ある教会は風格が違います。

[ 2018/12/15 22:09 ] ---まちあるき--- 島根県 | TB(0) | CM(4)

「岩倉屋商会」 (愛知県名古屋市)

 昭和が潜んでいる納屋橋界隈を歩いてて見つけたもの。

18021301.jpg

枯れ草が絡まっています。

18021302.jpg
[ 2018/02/18 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

「加藤商会ビル」 (愛知県名古屋市)


 今回の名古屋の旅、一日目は近代建築を見る事が目的。 思っていたより移動距離が長く、疲れを感じ始めた頃に出会った「加藤商会ビル」  出会ったことが一番うれしかった建築です。
私が好きなのは、丁度これくらいの大きさで、会社関係のものがいい。

このビルについて多くのサイトを閲覧させて頂きましたが、歴史的背景が一番良くわかるのはこちらでした。
→ 登録文化財 加藤商会ビル



18021011.jpg

 堀川の袂に佇む「加藤商会ビル」
1931年(昭和6年)建築。
[ 2018/02/15 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

広小路通の近代建築 (愛知県名古屋市)

広小路通にはいくつかの近代建築があります。

「旧名古屋銀行本店ビル(旧中央信託銀行株式会社名古屋支店)」
18020901.jpg

18020902.jpg
1926年(昭和元年建築)
縦に伸びる柱が重厚感を出しています。 コリント式列柱というそうです。

[ 2018/02/14 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

「中日ビル」 (愛知県名古屋市)

18020713.jpg

「栄」と呼ばれている名古屋で一番の繁華街にある「中日ビル」

重厚な昭和建築だと思い写真を撮りました。
自宅に帰ったあと、旅の報告を友達として教えてもらった、このビルの解体。

→ 「中日ビルの建て替えについて (中日新聞からのお知らせ)」

中日ビルの地下二階 地上三階は飲食店や店舗、10.11.12階は中日劇場になっているそうです。
屋上部分にあるまぁるいものは回転レストランだったそうです。

私はそうとは知らず写真を撮るにとどまってしまいましたが、多くの人が足を運び、多くに人に感動を与えただろう場所が、消えゆくとゆうことは、とても寂しいことです。

この目で見る事が出来たことに感謝です。
[ 2018/02/12 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(4)

「文化のみち」ぶらり (愛知県名古屋市)

 名古屋市では歴史的な遺産の宝庫ともいえる名古屋城から徳川園に至る地区一帯を「文化のみち」として育んでおられます。

プリントアウトをしたマップ片手に歩きましたが、残念ながら休館日の月曜日。
もっとも、界隈の近代建築は普段も公開されていないものが多く、大々的なイベントは「歩こう!! 文化のみち」とが毎年11月に開催されています。

 18020501.jpg

18020502.jpg

18020503.jpg

文化の道 「二葉館 旧川上貞奴邸 (移築復元)」
日本の女優第一号として名をはせた川上貞奴と電力王と言われた福沢桃介が共に暮らした家です。
休館日で残念ながら内部見学は出来ませんでしたが、それはそれは見事なステンドグラス。螺旋階段を備えています。

[ 2018/02/10 10:10 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

「名古屋陶磁器会館」 <名古屋の旅③>  (愛知県名古屋市)


 名古屋の中心部に近いながらも落ち着きのある通り、お似合いの場所にこの建物は佇んでいます。

18020322.jpg

18020302.jpg

名古屋陶磁器会館。
名古屋陶磁器貿易商工同業組合事務所として 1932年(昭和7年)に竣工されました。
三階の前方部分が増築であることは、はっきりとわかりますが、それでも1942年(昭和21年)の増築です。

18020301.jpg
建物左側は現在駐車場となっています。
[ 2018/02/07 21:29 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

日本陶磁器センター新館・旧館 (名古屋の旅③)  (愛知県名古屋市)

大洋ビルの横に並んでいる「日本陶磁器センター」
18011703.jpg
(再掲 右の茶色の建物が日本陶磁器センター)
1958年建築。 

1801802.jpg

18011801.jpg
横に隙間なく並ぶガラス窓と、赤茶色の横ラインが綺麗です。




18011803.jpg

18011804.jpg
[ 2018/02/01 22:32 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

大洋ビル <名古屋の旅③>  (愛知県名古屋市)

名鉄乗車のため、2017年9月11月と続けて東海・名古屋方面へ行ったのですが、さらに興味あるところが増え、三たび12月に名古屋へ行きました。


18011702.jpg
2017.12.18 京都駅ビルにクリスマスツリーが聳える季節の出発でした。


18011701.jpg
今回もリーズナブルで便利な高速バスの利用。
名古屋が随分近くなった気がします。




[ 2018/01/31 20:46 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

東名古屋港駅からさらに西へと歩けば <名古屋鉄道築港線>  (愛知県名古屋市)


 「東名古屋港駅」 多くの終着駅のような車止めはありません。
線路はまだ先へと続きます。 そしてそれは決して廃線跡ではなく、現役の不定期貨物路線として機能しています。

駅前は交通量が多く、陸橋を利用して横断。その陸橋の名標がまた味があるもので私の心をそそります。

17120403.jpg

17120401.jpg

17120402.jpg



名古屋市市政資料館 内部 (愛知県名古屋市)


17112901.jpg
あ、中に入れる。
今日の予定は、瀬戸線旧線巡りでもなく、大須商店街だったけれど。。
煉瓦の近代建築が好きなので、ふらふらと吸い込まれるように入っていきます。



17112903.jpg

外観も素晴らしいけれど、内部もこれまたたまらなく素晴らしい。
まるで 海外の映画に出てきそうな雰囲気。
実際、映画のロケ・テレビ撮影に使われる事も多いようです。


正面はステンだグラスです。
建物内部 あちらこちらに見事なステンドグラスがあるのですが、小走りに見て回ったので見落としたものが多数あります。


17112905.jpg

[ 2017/11/29 16:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

「名古屋市市政資料館」 (愛知県名古屋市)


 瀬戸線の旧線をたどろうとキョロキョロしていると、今度は煉瓦建築の建物が目に入りました。
17112801.jpg


うわぁ、今度はもっと大物のよう。
素通りするわけにいかず、近づいて行きました。



17112813.jpg

17112814.jpg

17112815.jpg

間口は何メートルあるのでしょう。
とても全体像をカメラに収めることはできません。
こんな大きな煉瓦建築は見た事ないような気がします。


大正11年(1922年)に名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎として建設されて以来、昭和54年(1979年)に名古屋高等・地方裁判所が中区三の丸一丁目に移転するまでの60年近い間、中部地方の司法の中心としての役割を果たしてきました。


[ 2017/11/28 16:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

名古屋市役所をちょこっと。 (愛知県名古屋市)

 名古屋鉄道瀬戸線東大手駅で下車して廃線跡をさがしはじめた時に見えた近代建築
なんだろう?
暫く鳴りをひそめていた近代建築への興味に火がついたのはこの時。
そういえば、名古屋にはたくさんの近代建築があり、いつか訪れたいと思いつつも、鉄道の方への気持ちが強くなり忘れていた事を思い出しました。
 県庁? 市役所? 

17112701.jpg

17112702.jpg

17112703.jpg


立派な時計塔。屋根の部分は名古屋城を意識したものだそうです。
もっと近くから撮るか望遠をきかせればよかったのですが、屋根部分には「鯱(しゃち)」を載せています。

1933年(昭和8年)竣工
平林金吾 名古屋市営繕課設計



よくよく調べてみれば、この近辺にかなり大物の近代建築がたくさんあります。
近くて遠い名古屋 今度は 近代建築めぐりに行きたくなりました。

[ 2017/11/27 16:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

行橋赤レンガ館(旧第百三十銀行行橋支店)  (福岡県行橋市)


17071506.jpg


大正3年(1914年)建築 平成13年修復
「旧第百三十銀行行橋支店」


現在の行橋の町の中心からは少しだけはずれて、長狭川のほとりの細い道沿いに佇んでいます。

17071507.jpg

ひいて見ることができない位置にあるので気がつきにくいのですが、セセッション風のデザインが見事です。

[ 2017/07/15 17:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

平成筑豊鉄道直方駅下車 “直方市石炭記念館”  (福岡県直方市)

 直方の町歩きを終えて、駅へ戻ろうと線路沿いを歩いていると、面白そうな場所発見。

17063701.jpg

17063702.jpg
線路右手に、いい形の建物が見えています。




道なりに歩けば、目の前に蒸気機関車と記念館が見えてきました。
17063716.jpg

[ 2017/06/29 17:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(2)

平成筑豊鉄道直方駅下車 “直方谷尾美術館(旧奥野医院)” “近代建築あれこれ”  (福岡県直方市)

17063501.jpg

17063502.jpg

17063503.jpg

1941年頃に建築された医院建築、1989年に改修されています。



[ 2017/06/28 17:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)

平成筑豊鉄道直方駅下車 “向野堅一記念館(旧讃井医院)”  (福岡県直方市)

17063304.jpg

堂々たる近代建築
大正11年に建築された、内科・小児科・歯科を診療する総合病院でした。

17063310.jpg

17063305.jpg

17063306.jpg


17063301.jpg


[ 2017/06/27 17:00 ] ---まちあるき--- 福岡県 | TB(0) | CM(0)