「豊橋カレーうどん」 (愛知県豊橋市)

今日のお昼ごはんはなんだったかなぁ?
べてないような気がします。 一日 興味のまま歩こうとすると時間が惜しい。
夜もホテルでコンビニ弁当で済ませることが多いのですが、宿泊先の近くにリーズナブルな名物があればお店で頂くことにしています。


17062207.jpg




17062202.jpg

17062201.jpg



どうやら、豊橋ではカレーうどんが名物らしい。

[ 2017/06/20 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

豊橋鉄道東田本線の車両たち (愛知県豊橋市)

豊橋鉄道東田本線(市内線)

17062120.jpg

17062117.jpg

17062118.jpg

17062119.jpg

17062121.jpg


 一番気に入った車両です。
大好きなチョコレート菓子の一つだということも勿論ありますが、このデザインにインパクトを感じました。

ブラックサンダーの本社・工場が豊橋にあり 豊橋の銘菓にもなっているということは、今回の旅ではじめてしったのですが、動く看板が町を走っているなんて思いもしませんでした。

車両全体を遠くから見たかったのですが、タイミングが合いませんでした。
豊橋には限定ブラックサンダーも扱っている直売所があるそうです。



豊橋鉄道東田本線 「赤岩口停留所」 (愛知県豊橋市)

17062011.jpg

17062009.jpg

もう一つの終着「赤岩口停留所」
停留所の先の線路が気になります。

豊橋鉄道東田本線 「井原停留場」 「運動公園前停留所」 (愛知県豊橋市)

17061806.png

豊橋鉄道東田本線は、井原停留所で 運動公園前停留所と赤岩口停留所行きに分かれます。


17062002.jpg

17062001.jpg



豊橋鉄道東田本線 「競輪場前停留所」 (愛知県豊橋市)

 駅前停留所から17分で「競輪場前停留所」

17061804.jpg
ここから先は単線となります。



17061801.jpg



豊橋鉄道東田本線 「東田停留所」下車 東田園 (愛知県豊橋市)

 豊橋鉄道東田本線 東田停留所の近くに 「東田園」という戦後の遊郭跡があると聞き、歩いてみました。

17061701.jpg

17061702.jpg
ごく普通の、静かな住宅街が続きますが、このような破風造りの玄関を持つ建物は、その名残でしょうか。

豊橋鉄道東田本線 市役所前駅下車 「豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬大聖堂」 (愛知県豊橋市)

豊橋で見たかった近代建築のひとつ。
豊橋市公会堂から豊橋公園の方に3分程歩いたところにありました。


17061602.jpg
豊橋ハリストス正教会聖使徒福音者馬大聖堂
大正2年(1913)建築 河村伊蔵設計


17061606.jpg

17061605.jpg

これが木造建築と言いますから、驚き、木造もいろんなバリエーションが可能なのです。
[ 2017/06/14 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(4)

豊橋鉄道東田本線 市役所前停留所下車 「豊橋市公会堂」  (愛知県豊橋市)

幼い頃、京都の町で市電の走る姿を見てきたせいでしょうか。
「路面電車」が好きです。人の生活にそのまま密着している電車。生活と電車が融合しています。
今まで、多くの路面電車に乗りました。 
伊予鉄道(松山市) とさでん(高知県) 広電(広島県) 都電荒川線(東京都) 岡山電気鉄道(岡山市) 阪堺電車(大阪府) 熊本市交通局(熊本市) 長崎電気軌道(長崎市) 福井鉄道(福井市) 富山地方鉄道 富山ライトレール 万葉線(富山県)
札幌ではまだ鉄道に目覚める前に乗った事あるので、一度も乗車したことないものと言えば、鹿児島と函館と豊橋鉄道。
近いのに遠い豊橋。
やっと乗車する日がやってきました。
渥美線東田本線が路面電車。JR豊橋駅前に電停はあります。

始発駅 「駅前」を出た電車はしばらく直進したあと、右折すると、そこはメインストリート。
市役所前駅で下車します。

17061515.jpg

17061501.jpg



17061502.jpg
すぐ左手には堂々の洋風建築。
「豊橋市公会堂」
昭和6年8月24日開設 中村興資平設計

17061518.jpg 17061508_s.jpg

17061509.jpg
[ 2017/06/13 19:46 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(2)

豊橋鉄道渥美線 カラフルトレイン 

豊橋鉄道では、渥美半島に咲く10種類の花をデザインした車両が、渥美線を駆け抜けています。

私が乗った車両の中で、一番 統一性を感じたのは「菜の花」
線路の両脇を彩る黄色い菜の花は目が覚めるような美しさで、渥美半島でもきっとご自慢の花なのでしょう。

17061413.jpg

17061412.jpg

17061411.jpg

17061410.jpg


豊橋鉄道渥美線 嗚呼!! 「柳生橋駅」  (愛知県豊橋市)


17061301.jpg
ない!!
ない!! 駅舎がない!!




17061303.jpg

17061304.jpg

バリアフリー化されたホームの後ろは、綺麗に整地された広場だけ。。 何度あたりを見回してもなーんにもない。。

そんなぁ。。

豊橋鉄道渥美線 小池駅下車 「遊郭跡」  (愛知県豊橋市)

 小池駅で降りたもう一つの目的。 遊郭跡を見る事。

旧陸軍第15師団長官舎とは、線路を挟んで反対方向に歩きます。
先ほどと違いこちら側には、大きな道路が通り 道路に沿ってお店がポツポツとあります。

17061201.jpg

17061202.jpg

17061203.jpg
[ 2017/06/10 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

豊橋鉄道渥美線 小池駅下車 「旧陸軍大15師団長官舎」 (愛知県豊橋市)

 愛知大学前から800mの距離にある「小池駅」
 愛知大学前駅が休止していた1944年~1968年は、愛知大学の関係者は 小池駅を利用していました。


17061101.jpg

17061102.jpg

 豊橋鉄道の駅舎・ホームには、趣のあるものは特に存在していません。
せめてホームの上屋にでも懐かしさがあればいいのに。。なんて先入観でここで降りたので、写真がありません。
ん、それでもきちんと駅を撮るべきだったと後悔。



[ 2017/06/09 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

豊橋鉄道 愛知大学前駅下車 愛知大学内 「旧機銃廠」 「養生舎」 (愛知県)

「機銃廠」

銃が保管されていた場所なのでしょう。
14060801_20170530113629758.jpg

17060802.jpg

明治41年(1908)竣工。

一部手は加えられていますが、今も現役で使用されているようです。
[ 2017/06/08 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

豊橋鉄道 愛知大学駅前 愛知大学 東亜同文書院大学創立百周年記念館(旧陸軍第15師団司令部) (愛知県豊橋市)

明治41年(1908)旧陸軍第十五師団司令部として建立された建物は、正門 正面に威風堂々と今もなお鎮座しています。
戦後まもない昭和21年(1946)その跡地にに創立したのが、東亜同文大学で、愛知大学の前身となりました。
現在 司令部だった建物は記念センターとして綺麗に使われています。

建物外観を遠巻きに写していると「どうぞ~~ おいりください」と女性の方が声をかけてくださいました。
まさか、建物内部に入れるとは思っていなかったので嬉しいお声かけです♪


17060722.jpg

17060702.jpg

[ 2017/06/06 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

愛知大学 (愛知県豊橋市)

駅名とまでなっている「愛知大学」
新学期、入学式前ということで 満開の桜の下、クラブ勧誘などで賑わっていました。
17060612.jpg

17060604.jpg




向学心いっぱい、期待と不安いっぱいで賑わうキャンパスは、明治の時代からの歴史を持っています。

明治40年(1907)第15師団として開校
大正14年(1925)廃止
昭和2年(1927)豊橋陸軍教護学校解説
昭和14年(1939)豊橋予備士官学校開設
昭和21年(1946)愛知大学設立(東亜同文書院前身)

そのため、随所に明治の頃からの名残があり、それを見るためにここでの下車となりました。


17060605.jpg 17060606.jpg


私の近隣では、伏見の聖母女学院のも 第16師団の敷地の払い下げを受けたもので 本館は本館は司令部庁舎の建物を継承しています。 関西では多くの近代建築を見たはずなのですが、聖母女学院は 一度 見学に行きたいと思いつつそのままになってしまっています。

[ 2017/06/05 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(4)

豊橋鉄道 渥美線 「愛知大学前駅」 (愛知県豊橋市)

 豊橋鉄道渥美線 三河田原駅から一路、豊橋方向へ。 豊橋駅の三つ手前の駅です。

17060502.jpg

17060504.jpg

2005年にホーム改装という、ホームだけの簡易な綺麗な駅で、駅名どおり大学生のための駅という雰囲気が漂っています。


豊橋鉄道 渥美線 「三河田原駅」下車 ぶら~り  (愛知県田原市)

 今まで訪れてきた終着駅のような、寂しさがまったく感じれないのは、南への移動だからでしょうか。
大きな道路が駅前に控えているからなのでしょうか。 
駅が新しいからかもしれません。。 あ、私の場合 特にそれがあるかもしれません。

それでも、人の住む町らしさを探して歩いてみました。

17060301.jpg

17060302.jpg
[ 2017/06/03 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)

豊橋鉄道 渥美線 「三河田原駅」  (愛知県田原市)

愛知県内の鉄道駅では最南端に位置する駅です。

17060206.jpg




17060202.jpg



豊橋鉄道 渥美線 (愛知県豊橋市)

 鉄道に興味を持ち始めた時から、ずっと気になっていた「近いで遠い、遠いようで近い」 豊橋鉄道。
まずは、渥美線 始発の新豊橋駅から終点の三河田原駅まで一気に駆け抜けます。

17060101.jpg

JRの豊橋駅から、豊橋鉄道渥美線「新豊橋駅」までは連絡通路で移動します。
17060102.jpg

17060103.jpg

17060104.jpg

新豊橋駅を出て、しばらくJRと併走したあと、クロスして南西方向へと進みます。







JR東海 東海道本線 「豊橋駅」 風景 (愛知県豊橋市)

 豊橋駅は平成8年に橋上駅となり東西連絡通路が綺麗に通っています。

17051501.jpg

17051504.jpg
頭上になびく、カラフルな旗が気分をポップにしてくれます。




17051505.jpg

17051502.jpg
観光客をも優しく迎えてくれます。
この地が、どういう地なのか、最初に感じ取れるのがこういったものです。

17051506.jpg





[ 2017/05/31 17:00 ] ---まちあるき--- 愛知県 | TB(0) | CM(0)