車窓から

地元では目にしたことのない広大な風景をカメラに収めようとする時、「広角」が欲しい。。とつくづく思いました。
180度、250度。。それ位に景色は広がっていました。

0608108.jpg

身延線からの風景です。

鉄道最高地点「野辺山」

「JR小海線」は八ヶ岳東麓の野辺山高原から千曲川の上流に沿って佐久盆地までを走る高原鉄道です。

清里~野辺山間には標高1375mの「JR鉄道最高地点」があり、野辺山駅は標高1345mの「JR線最高駅」。
鉄道ファンの私にとっては憧れの場所ですが、時間の都合で通過するだけの予定でした。

 思いがけず ペンションのオーナーさんが連れて行ってくださいました。そして写真を一枚。一人旅の私にとって貴重な画像です。
0608091.jpg

一人旅での食事

 青春18切符での楽しみの第一は、私の場合「電車に乗ること」
食べることは おまけの楽しみってところでしょうか。

 朝は自分で作ったおにぎりを新幹線の中でこそっ。。と食べました。

お昼は45分の待ち時間があった甲府駅。ゆっくりとさがす時間もなかったのでパン屋さんでした。
0608081.jpg

「えだ豆パン」 塩味がとても美味しかったです。
[ 2006/08/08 22:05 ] ---まちあるき--- 山梨県 | TB(0) | CM(2)

高原列車。

ペンションの方に送って頂いた駅は「清里」の次の駅「野辺山」
ここから1時間半。高原を東へと向かいます。
広大なけしきを車窓から見ていると、日本じゃないような気さえしてきます。
06080710.jpg

06080711.jpg



「清里」まで

線路の上を走る電車に乗っているのが好きです。
どこまでも続いている線路。
車でなく電車なのは、急な進路変更なく、ゆったりと、その先に続いているからでしょう。

 朝 5時50分の京都行に乗車。京都6時25分の新幹線で「浜松」へと向かいました。

 新幹線を使うことは私としてはとても不本意なのですが、ちょっとだけ余裕ある時間を作るため使うことにしました。


 0608071.jpg

[ 2006/08/07 19:20 ] 長距離列車 | TB(0) | CM(4)

ペンションで暖かいおもてなし。

 ペンションまで「森の小径」を歩いて行こうとして、途中で迷ってしまいました。
 子供を遊ばせている若い奥さんに道を尋ねると、「あ、ここ私の舅姑がやっているんですよ。 今、電話して迎えにきてもらいます」
偶然、声かけた人がそちらのお嫁さんだとは。。何かのご縁だったのでしょう。

ペンションに着くと「ま 珈琲でも飲んでくださいな」
06080613.jpg


 聞けば、その日の宿泊は私一人とのこと。。。
[ 2006/08/06 22:56 ] ---まちあるき--- 山梨県 | TB(0) | CM(6)

大草原の日の出

 「日の出はねぇ。朝五時位ですよ。山が真っ赤になりますよ」
とペンションのオーナーさんに教えて貰いました。
 朝、四時半に起きてゴソゴソしていると「おはようございます。早いですねぇ。ま、お茶でもどうぞ」と熱いお茶を入れて下さいました。
「日の出を見るならここを出て。。草原のところがいいですよ」

 とうもろこし畑、ヒマワリ。。 かわいいペンション。ニワトリ小屋。。。。。 
カッコー、うぐいす、小鳥達の鳴き声が四方から聞こえてきます。
高原の朝です。
林の中を歩き、つり橋を渡るとそこは 山々に囲まれた大草原。
勿論、誰もおられません。

明るくなり始めた空を見渡します。どこから出てくるかな?

あっ。。。
0608061.jpg


光が差し込んできました。
[ 2006/08/06 19:43 ] ---まちあるき--- 山梨県 | TB(0) | CM(6)

ひとあしお先に「私だけの夏休み」

明日明後日、青春18切符で信州へ行ってきます。

悪戯に2300円の青春18切符で電車に乗り、ぼぅ~と車窓から景色を眺めている旅。
念願の身延線、富士山。
そして計画中に知った小海線、宿は清里のペンション。
帰りは中央線周りです。


[ 2006/08/03 17:12 ] 日常 | TB(0) | CM(11)