若桜鉄道 「隼駅」 (鳥取県八頭郡)

10041901.jpg





若桜鉄道 「隼駅」 昭和4年(1929年) 建築

10041904.jpg



10041913.jpg

若桜鉄道 「因幡船岡駅」 (鳥取県八頭郡)

10041802.jpg

「因幡船岡駅」
昭和4年(1929年)建築。


10041803.jpg


若桜鉄道 「徳丸駅」 (鳥取県八頭郡)

10041801.jpg

若桜鉄道 「徳丸駅」
ホームだけで、駅舎はありません。。

2002年開業。
若桜鉄道になってから出来た駅です。

間伐材を利用してあります。木造校舎の床のようで、新しい駅ながらも、懐かしさが感じられました。



若桜鉄道 八東駅から東へ。。 (鳥取県八頭郡)

若桜鉄道の路線距離は19.2キロメートル。
その間にある駅舎を見たくて、行きつ、戻りつを繰り返していましたが、「八東駅」では2時間近い待ち時間がありました。周辺の町並を見て歩いたり、食事をしていればなんとか時間を潰せるかなと思ったけれど、特に何もない。。
何もないけど、駅から東に続く道には、ちょっと懐かしい暖かさが漂っている。。
ぷらぷらと歩きはじめました。。


10041701.jpg
[ 2010/04/24 22:36 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(4)

若桜鉄道 「八東駅」 (鳥取県八頭郡)

10041610.jpg
昭和5年建築の駅舎です。


1004169.jpg




若桜駅構内「転車台・給水塔」 と 若桜の町 (鳥取県八頭郡)

10041513.jpg

若桜鉄道、終着駅 若桜駅構内には多くの登録有形文化財があります。




10041506.jpg

若桜鉄道 「若桜駅」 (鳥取県八頭郡)

若桜鉄道終着駅 「若桜駅」

10041405.jpg


10041401.jpg

若桜鉄道 安部駅近くの桜をひとりじめ。。。 (鳥取県八頭郡)

若桜鉄道のダイヤは、2時間に1本程度。
そこを行きつ戻りつしながら駅舎を訪ねるのですが、それでも1時間~2時間待ってしまうこともしばしば。。

車窓から気になっていた桜並木まで歩いてみました。



10041301.jpg


[ 2010/04/17 15:00 ] ---まちあるき--- 鳥取県 | TB(0) | CM(6)

若桜鉄道 「安部駅」 (鳥取県八頭郡)

10041208.jpg

昭和7年建築 「安部駅」

若桜鉄道 「丹比(たんぴ)駅」 (鳥取県八頭郡)

フリー切符で最初に下車した駅は、終点 若桜駅のひとつ手前の「丹比(たんぴ)駅」

10041105.jpg

10041120.jpg



若桜(わかさ)鉄道 始発電車風景 (鳥取県八頭郡)

10041101.jpg




 前日に鳥取入りしたのは、鳥取市の南、八頭郡にある郡家から東へと走る「若桜鉄道」に乗るためでした。
若桜鉄道は、2010年開業80周年 国鉄若桜線から第三セクター路線に転換されたのは1987年の事でした。

JR西日本因美線・山陰本線 「鳥取駅」 (鳥取県鳥取市)

10041011.jpg

鳥取駅南口は1980年代開発されビジネスホテルがたくさん並んでいました。

10041004.jpg


JR西日本因美線 「智頭(ちず)駅」 (鳥取県八頭郡)

乗換駅「智頭駅」に着く頃は、もう日も落ち真っ暗になっていました。
暗くなってからは景色が見えないので基本的に移動はしないのですが、今回は午後出発、同じ経路を通って帰るので夜汽車に揺られました。
知らない町で夜汽車に揺られると言うのもまた面白いものですが、やはりホテルに着くまで心細い。。


明るい時間なら赤い屋根がかわいい駅舎でしょう。。

10041001.jpg

10041002.jpg

10041003.jpg


JR西日本姫新線・因美線 「東津山駅」 (岡山県津山市)

 東津山駅から鳥取駅までを結ぶ路線が「因美線」で、東津山駅は起点駅になるのですが、実際には津山駅まで乗り入れているため、ごく小さな駅です。

1004091.jpg

10040902.jpg

JR西日本姫新線・智頭急行 「佐用駅」 (兵庫県佐用郡)

播磨新宮駅の次の乗換駅「佐用駅」

10040804.jpg
過去にも何度か乗換のために下車したことがありますが、いつみても無機質な印象を受けてしまいます。
逆に言えば、珍しい外観で印象的な駅舎でもあります。


10040807.jpg


JR西日本姫新線 「播磨新宮駅」 (兵庫県たつの市)

 3月に訪れた「富山地方鉄道」の一日目、11月末に訪れた南九州の記事が途中になってしまっているのてすが、「春色」を 今、残したいので このまま 兵庫県北部~鳥取の旅を続ける事にします。

 「美作滝尾駅」までの駅舎と風景。

姫路駅で 姫路から新見までを結ぶ「姫新線」に乗り換えます。
姫路駅での乗換は、つい2年位前までは、姫路駅の、隅の奥の方からの発車でしたが、高架化工事が完了。
姫新線に高架駅からの発車は似合わない気がします。。

10040701.jpg


JR西日本因美線 「美作滝尾駅」 (岡山県津山市)

 桜に包まれ、多くの人々に愛され、大切にされてきた美作滝尾駅舎はその温もりが伝わってくる。


10040601.jpg


10040602.jpg



10040608.jpg





JR西日本因美線 「美作滝尾駅」は、桜に包まれて。。 (岡山県津山市)

 桜の時期を狙ったわけでは、決してなく、行けるといいなぁ。。と思っていたら この日になんとか行く事が出来たのでした。
仕事を終えて、そのまま鳥取に直行するのは勿体無い、たとえ到着が遅くなってもいいから「美作滝尾駅」で下車しよう。。 




1004057.jpg

夕暮れの「美作滝尾駅」は満開の桜の下にありました。。

まさしく、「今日が一番綺麗」 そんな桜の下にありました。