龍野の町で見かけた面白い建物

0708084.jpg



龍野の町の北のはずれ、「門の外」と呼ばれてるあたりを歩いている時、角のこんな建物が目につきました。


[ 2007/08/08 17:01 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(2)

龍野で行けなかったお店、行かなかったお店。

「本竜野」の駅から揖保川に向かう途中「ガレリア」発見。
龍野に行ったら行きたいと思っていたお店とこんなにすぐ出会えるなんて。。

0708081.jpg

0708082.jpg

昭和初期の建物を修復したノスタルジックなカフェギャラリー。
和菓子とお抹茶のセットもあるって。。

ところが残念、暫くお休みされるようでした。

[ 2007/08/08 17:00 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(2)

龍野で見かけた建物

龍野の町には私の目を喜ばせてくれる建物がたくさんありました。


0708052.jpg

この感じは「居酒屋さん」?
「ひかり」って名前だったんでしょうね ん、現役かもしれませんね。


0708053.jpg

ここも何かのお店だったのでしょう。
真ん中に赤いタイル部分が残っています。名前は消えたけど、その時に装飾していたタイルが残っているんですよね。



[ 2007/08/05 19:22 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

龍野の「元郵便局」

「本竜野」の駅を降りて、揖保川の方に向かう途中、早速気になる建物が見えてきました。

0708021.jpg

赤い色の枠がかわいい、二階のコーナー部分のベランダがいい感じ、奥の扉がまたなつかしい感じ。
ここは現役の化粧品屋さん?

そのまま視線を横にずらすと、おぅ。。ここは一体化している。
0708022.jpg



[ 2007/08/04 20:52 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(5)

「童謡の小経」  <龍野>

「童謡の小経」は、国民宿舎「赤とんぼ荘」の前に入口がありました。
0708041.jpg



ちょっとした山道のような所を歩くと、童謡の歌碑がありセンサーが人を感知してメロディが流れます。
0708042.jpg


0708043.jpg



童謡「赤とんぼ」の作詞者三木露風の生誕地である龍野市は昭和59年10月に「童謡の里」宣言を行い、昭和62年7月に全国より「あなたの好きな童謡」を募集し、上位8曲の歌碑を龍野公園内の白鷺山に設置しました。
歌碑は、メロディーが流れるセンサー付で、作詞者の出身地の石を使用しています。

[ 2007/08/03 21:35 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

龍野芸術工房 「伊勢屋」

龍野の町を歩いていて偶然出会った「龍野芸術工房 伊勢屋」

この建物は、 「伊勢屋」という味噌屋の蔵として、約200年前の江戸時代に建てられました。
昭和になり、味噌屋の時代が終わり、水産加工や缶詰の工場として使われていました。
その後、建物の老朽化により閉鎖され、約8年間の眠りについていました。

2003年7月。
工房代表の堂野能伸が中心となり、龍野伝建研究会の協力を受け、藝術工房として扉が開かれました。

<HPより抜粋>

この蔵を再生された様子についてここに書かれています。
「建物のご案内」



[ 2007/08/02 21:25 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(6)

龍野のカフェ 「エデンの東」

0708011.jpg


お醤油関係の風情ある建物が並び、昭和を感じるいろんな建物がたくさんある龍野の町。そんな龍野の町の静かな場所にあるカフェ。
「エデンの東」


[ 2007/08/01 20:42 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(9)

龍野の町は 赤とんぼ がいっぱい。

龍野の町は「赤とんぼ」がいっぱいでした。


0707331.jpg

「電柱」


0707338.jpg

「マンホール」


0707339.jpg

「溝蓋」

[ 2007/07/31 21:28 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

龍野の「しょうゆ饅頭」

龍野の町、和菓子好きの私には たくさんの和菓子屋さんが目に入りました。

0707322.jpg

0707321.jpg

「不二家」でなく「不二屋」



[ 2007/07/30 21:48 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(27)

井戸味噌糀製造所

お醤油作りに欠かせないのは麹。
龍野の町にはこんなお店もありました。


0707311.jpg



[ 2007/07/29 21:31 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(7)

カネヰ醤油株式会社

醤油の町、龍野。
ヒガシマル醤油関連の建物が目立ちますが、その他のお醤油屋さんもあります。

0707301.jpg

カネヰ醤油株式会社

大きな煙突が目をひきます。
0707302.jpg


なんと煉瓦造でした。
0707306.jpg



[ 2007/07/28 21:50 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

ヒガシマル醤油第二工場

うすくち龍野醤油資料館、うすくち龍野醤油資料館・別館のあるあたりから南に20分ほど歩いたところに「ヒガシマル醤油第二工場」があります。
このあたりに来ると観光客らしき人は誰も歩いておられないばかりか、町の人もあまり歩いておられない場所です。

0707293.jpg

0707296.jpg



[ 2007/07/27 22:27 ] ---まちあるき--- 滋賀県 | TB(0) | CM(0)

龍野で素麺

龍野の町に流れる大きな川 揖保川。
揖保と言えば素麺。
「揖保の糸の原料は、小麦と赤穂の塩、そして揖保川の水である」

お昼は龍野公園内にある観光案内所・売店「さくら路」
たまにはこういうところで気取らずにべてみるのもいいでしょ。

龍野に来たらやっぱり素麺でしょ。

0707281.jpg



[ 2007/07/26 21:24 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(0)

うすくち龍野醤油資料館*別館 (兵庫県龍野市)

0707271.jpg


うすくち龍野醤油資料館*別館(旧龍野醤油協同組合本館)
1921年(大正10年)建築
設計者不詳

うすくち龍野醤油資料館から少し北に歩いたところに別館があります。

07072720.jpg
[ 2007/07/26 16:14 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(5)

うすくち龍野醤油資料館 (兵庫県龍野市)

0707267.jpg


うすくち龍野醤油資料館
( 菊一醤油造合資会社:本社屋 )
1931年(昭和6年)建築
設計者不詳

龍野の町には多くの近代建築があり私を喜ばせてくれました。
その中での、大物はこちら。。

この角ばった形。
設計者不詳? これだけの建物設計しながら名前が知れ渡らなかったなんて勿体無い気がします。

[ 2007/07/25 20:36 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(4)

ヒガシマル醤油工場

龍野は千葉県、香川県とともに、醤油の三大産地です。

中国山脈の水を集めて南下する揖保川が、次第に流れをゆるめるあたり「龍野」の一帯は、古くから文化の開けたところです。
 播磨平野の豊な小麦、山間部に産した質のよい大豆、そして手近な赤穂の塩は、清らかな水と穏やかな気候に恵まれて、「龍野醤油」を生みました。



「本竜野」の駅を降りて揖保川に向かって数分歩くと、「ヒガシマル醤油」の工場が見えてきます。

0707253.jpg



0707252.jpg



[ 2007/07/24 17:18 ] ---まちあるき--- 兵庫県 | TB(0) | CM(5)

龍野の町へ。

「龍野」の町は憧れながらも、「いつでも日帰りで行ける」と、何年もいけてない町。

 姫路から姫新線で15分。

0707241.jpg



通り過ぎた駅舎

姫新線に乗っている時に通り過ぎた、駅舎達。。

「美作江見駅」(姫新線)
0707231.jpg

0707232.jpg

昔ながらの改札口がいいなぁ。。


姫新線 踏破

夏の青春18切符期間初日7月20日。
夏休みに入らないうちに、人の多くならないうちにと、計画した「飯田線」の旅が今年も去年と同様、一部不通となり断念せざるを得なくなりました。

 そのために取った連休、さぁてどこへ行こうと二日前から時刻表、路線図とにらめっこ。
 私にしては珍しく、おおまかな計画のまま、西への電車に乗りました。

 
 古い駅舎を訪ねる旅にしようかと、姫路から播但線に乗ったものの、何か違うなぁ。。と姫路に戻り、今度は「姫新線」に乗りました。

0707221.jpg