FC2ブログ







【青森の旅 2020】 INDEX (2020/1/14~20201/16)

           【青森の旅 2020】    INDEX  (2020/1/14~2020/1/16)

<2020年1月14日>
「そうだ ストーブ列車に乗ろう」 - 青森県へ -
伊丹空港→青森空港→弘前市  (青森県)
JR東日本 奥羽本線 「弘前駅」  (青森県弘前市)
一戸時計店 (青森県弘前市)
弘前中央食品市場 (青森県弘前市)
弘前市の近代建築・弘前の町なみ (青森県弘前市)
弘前昇天教会 (青森県弘前市)
弘南鉄道 「中央弘前駅」 (青森県弘前市)
JR東日本 「五所川原駅」着  東北の人の心に触れる (青森県五所川原市)
五所川原のホテルで一日が終わっていく (青森県五所川原市)


<2020年1月15日>
津軽鉄道 「津軽五所川原駅」 (青森県五所川原市)
津軽鉄道 「嘉瀬駅」 (青森県五所川原市)
津軽鉄道  「金木駅」 (青森県五所川原市)
津軽鉄道金木駅下車。「太宰治」を感じるまちあるき。 (青森県五所川原市)
津軽鉄道 金木駅界隈 おさんぽ ① (青森県五所川原市)
津軽鉄道 金木駅界隈 おさんぽ ② (青森県五所川原市)
津軽鉄道 「芦野公園駅」 (青森県五所川原市)
津軽鉄道 旧芦野公園駅 (青森県五所川原市)
T-2 超音波高等練習機<芦野公園> (青森県五所川原市)
津軽森林鉄道<芦野公園>  (青森県五所川原市)
津軽三味線発祥の地・太宰治銅像<芦野公園>  (青森県五所川原市)
津軽鉄道 「芦野公園駅」 駅前売店 (青森県五所川原市)
津軽鉄道 「津軽中里駅」 (青森県北津軽郡)
津軽鉄道 ストーブ列車 (青森県)
津軽鉄道 ストーブ列車に乗って  (青森県)
「ぼんじゅそば」  (青森県五所川原市)
津軽五所川原駅前 (青森県五所川原市)
津軽鉄道 日本で唯一の現役腕木式信号機 (青森県五所川原市)
JR東日本 五能線 五所川原駅~深浦駅 
JR東日本 五能線 「深浦駅」 (青森県西津軽郡)
津軽鉄道 「津軽飯詰駅」 (青森県五所川原市)
五所川原、二日目の夜 (青森県五所川原市)


<2020年1月16日>
津軽鉄道 「津軽五所川原駅」 (青森県五所川原市)
五所川原駅前 雪の朝の風景 (青森県五所川原市)
「FMごしょがわら」 (青森県五所川原市)
JR東日本 五能線 五所川原駅~川部駅 (青森県)
JR東日本 奥羽本線 「川部駅」 (青森県南津軽郡)
JR東日本 奥羽本線 「津軽新城駅」 (青森県青森市)
JR東日本 奥羽本線 「青森駅」 (青森県青森市)
JR東日本 奥羽本線 「青森駅」 <懐かしい写真で綴る歴史風景 青森駅の軌跡>  (青森県青森市)
JR東日本 奥羽本線 青森駅前風景 (青森県青森市)
青森空港~伊丹空港
そして。。 まだ「味方」が。。

[ 2020/03/04 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(0)

そして。。 まだ「味方」が。。

 
 青森の旅を終え、1ヵ月半。



仕事休みの日の昼下がり。
宅配便屋さんが、荷物を届けてくださいました。
宛先が印刷文字。 親戚じゃなぃ。
何か懸賞に当たったかも?

青森で宿泊したホテルで記したアンケートに当選したらしい。。
ホテル設備、従業員の方々の接客態度、部屋の清潔さがあまりに心地よく 御礼の感謝の言葉とともにアンケートに答えた記憶はあるけど、賞品が頂けるものとは思っていませんでした。


20022101.jpg





[ 2020/03/03 17:00 ] その他 | TB(0) | CM(2)

青森空港~伊丹空港

 すべてが私に味方してくれたような旅。
さらに空からの景色にも恵まれました。
機内の乗車率は30パーセント位だったでしょうか。 隣の席には勿論誰もおられないし、前後にも誰もおられない。誰に気兼ねする事もなく窓から見下ろす景色。天候に恵まれ、今までに見たことのないくっきりすっきりした景色を終始目にする事が出来ました。


20022001.jpg
離陸前。


20022002.jpg
眼下に広がるのは雪景色。
スキー場でしょうか。






[ 2020/03/02 17:00 ] 飛行機 | TB(0) | CM(2)

JR東日本 奥羽本線 青森駅前風景 (青森県青森市)

20021821.jpg

20021822.jpg


青森駅の北。線路が途切れる辺りまで、できたら半島の先端辺りまで歩くつもりでいたのに、なんて事でしょう。
駅南へどんどん歩いて、北に向かっているつもりになっていました。
駅を出た時に、すでに右に歩けば南になる事位わかるはずなのに、駅位置、駅出口の確認が出来てなかった事になります。
地図が頭に入ってない、初歩的ミスで、二度と来ることがないだろう(いや、絶対にもう一度行く!!と今思っていますが)青森駅周辺の見るべき場所を逃してしまいました。


駅前風景。
20021901.jpg

20021902.jpg
津軽海峡フェリーというのがあるのなら、今度はフェリーで北海道へ渡ろうではありませんか。

20021903.jpg
昭和の雰囲気が残る商店街があります。

[ 2020/03/01 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(4)

JR東日本 奥羽本線 「青森駅」 <懐かしい写真で綴る歴史風景 青森駅の軌跡>  (青森県青森市)

20021812.jpg

20021803.jpg




青森駅での滞在時間が長かったのに、「駅」そのものをしっかり見ていないのは、「青森駅の軌跡」という展示に遭遇したからなのでした。

JR東日本 奥羽本線 「津軽新城駅」 (青森県青森市)

 奥羽本線で川部駅から青森駅へと向かいます。


20021601.jpg
「大釈迦駅」。なんてありがたいな名前なんだろうと駅名を見ながら通過。





「津軽新城駅」
20021609.jpg

20021605.jpg

JR東日本 五能線 五所川原駅~川部駅 (青森県)

 五所川原に滞在したのはたった1日と一晩でしたが、充実したとても楽しい時間でした。
そんな五所川原とも今日でお別れ。今度いつ来られるでしょうか。また来られたらいいなという思いを残して、今日は寄り道をしながら青森空港へと向かいます。


20021401.jpg

8時2分発弘前行乗車。



20021402.jpg
右 東能代駅行
左 弘前駅行


20021403.jpg


 

五所川原駅前 雪の朝の風景 (青森県五所川原市)

 窓の外から差し込む光の明るさに目覚めて、外を見ると雪景色。

雪かきをしておられました。
20021201.jpg


駅へ伸びる道路にも雪が積もっています。
20021202.jpg


[ 2020/02/23 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(0)

津軽鉄道 「津軽五所川原駅」 (青森県五所川原市)

 
 五所川原での夜は今日で終わりです。駅前ホテルに連泊したおかげで、JR五所川原駅、津軽鉄道津軽五所川原駅を何度も利用する事が出来ました。静かな町の静かな中心駅。 私にぴったりサイズの町でした。

何度も利用した津軽五所川原駅風景です。

20021121.jpg

20021107.jpg

五所川原、二日目の夜 (青森県五所川原市)

 6時35分発の津軽鉄道に乗る事に始まり、いくつもの雰囲気のいい駅舎で下車し、太宰治の生誕の地を歩きストーブ列車に乗車し、津軽鉄道本社でぼんじゅそばを食べ、現役の腕木信号を見て、五能線にも乗りました。
なんて充実した一日だったのでしょう。
無駄な時間が少しもなく、退屈する時間、がっかりしてしまう場面もありませんでした。
いいもの、好きなものをいっぱい見る事ができました。


20021003.jpg

連泊のホテルでは、五所川原の夜景を見ながらトンカツ定食。




[ 2020/02/21 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(2)

津軽鉄道 「津軽飯詰駅」 (青森県五所川原市)

五能線で深浦駅まで行って、折り返し五所川原駅に戻ってきたのは16時42分。
もう、日は落ちかけているけど、まだまだ時間はあります。


津軽鉄道、もうひとつ行きたい駅舎があります。
20020901.jpg



20020902.jpg
五所川原駅のふたつ先の駅で下車し列車を見送ります。



20020925.jpg

20020926.jpg

JR東日本 五能線 「深浦駅」 (青森県西津軽郡)


20020812.jpg

20020801.jpg

青森県西津軽郡 深浦駅。


20020806.jpg

JR東日本 五能線 五所川原駅~深浦駅 


20020701.jpg


随分と気に入った、西津軽ですが、今度いつ来られるかわかりません。
折角です。そこに五能線があるなら、時間があるなら、乗ってみようではありませんか。



20020702.jpg




津軽鉄道 日本で唯一の現役腕木式信号機 (青森県五所川原市)


20020613.jpg


津軽五所川原駅から250メートル、五所川原駅方向を向いた写真です。



津軽鉄道には、日本で唯一現役の腕木式信号機が 金木駅と津軽五所川原駅にあります。

津軽五所川原駅前 (青森県五所川原市)


20020501.jpg

ぼんじゅそばを頂いた「でる・そーれ」の入っている、津軽鉄道本社。
なかなかの近代建築です。


20020502.jpg
その向かいの接骨院。現役でしょうか? 
[ 2020/02/16 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(0)

津軽鉄道 ストーブ列車に乗って  (青森県)

20020312.jpg





 
津軽中里駅からは、たくさんの団体さんが乗り込んでこられましたが、団体席と一般席はロープで仕切られています。
20020302.jpg

流暢な津軽弁での案内を後方に聞きながら ゆったりと一般席で車窓を楽しみました。

津軽鉄道 ストーブ列車 (青森県)

 「そうだ ストーブ列車に乗ろう」と青森まで飛んだのにいったいいつになったら ストーブ列車が出てくるのかと思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。
やっと。。やっと です(笑)


20020222.jpg
ストーブ列車に乗ろうと思い、調べるまでは 津軽鉄道の列車暖房はすべてダルマストーブなのだと思っていましたが、観光用に連結されたもので別途料金が必要となります。

ストーブ列車には、一般車両も連結されているので、地元の方はわざわざストーブ列車に乗車される事はありません。


20020201.jpg
芦野公園駅から乗車した列車にもストーブ列車が連結されていましたが、私は一般車両に乗車。
津軽中里駅到着時の画像。左が一般車両。右がストーブ列車です。

津軽鉄道 「津軽中里駅」 (青森県北津軽郡)

 芦野公園を長くひっぱりすぎました。
 やっと、列車に乗車。終着駅「津軽中里駅」です。

20020101.jpg







20020102.jpg

20020106.jpg

津軽鉄道 「芦野公園駅」 駅前売店 (青森県五所川原市)

芦野公園駅に着く直前に車窓から見えて気になっていたもののひとつに、「売店」があります。
手書き看板のお店を、「青森らしくない」と感じました。
青森らしくないなんて、昨晩始めて、青森の地に着いたのに何を言うかという感じですが、始めて青森の地に足を着けた印象とは違っていたという事になります。

なんとも「関西のような」と感じました。

20012106.jpg

200112107.jpg

[ 2020/02/11 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(2)

津軽三味線発祥の地・太宰治銅像<芦野公園>  (青森県五所川原市)

 芦野公園案内図に太宰治銅像があったので、ここまで来たのだからと急ぎます。
飛行機、森林鉄道復元車両があった場所とは、線路の反対側。
広い芦野公園。急ぎ足で向かいます。桜の季節には大にぎわいとなる公園ですが、ひっそりとまるで森の中にいるようです。


20012008.jpg

20012009.jpg

思いがけず津軽三味線発祥の地に遭遇。
もの悲しい三味線の音には、惹かれるものがあります。

[ 2020/02/10 17:00 ] ---まちあるき--- 青森県 | TB(0) | CM(0)