JR東海 東海道本線 「豊橋駅」 (愛知県豊橋市)


 「飯田線秘境駅号」に乗車するために、秘境駅号運行区間外の移動は青春18切符を利用する事にしたのですが、飯田はやっぱり遠く一泊の必要がありました。 豊橋駅発に乗車するか飯田駅発に乗車するかわくわくと思いを巡らせたりしましたが、結局 二日目に飯田駅から乗車するしか方法がありませんでした。
2日目の13時に飯田駅に居る必要がある。 さぁて どうしようか。。JRの駅巡りもいいなぁ。でも結構、周辺は降りてるから。。
そうだ!! 豊橋鉄道に乗ろう!! (笑)
豊橋の路面電車と近代建築に長年思いを寄せていたものの、中途半端な距離でなかなか行けていない路線。(実は、こういう路線がまだまだ多くあります。)

 豊橋駅まで3670円 青春18切符との差額1370円。 途中下車もしないからお得感は小さいけれど、まぁいいでしょ。


17051401.jpg
名古屋駅から豊橋駅行に乗車。

17051403.jpg
さすが、愛知県の主要都市。 多くの乗降客です。


JR東海・JR東日本 東海道本線 「熱海駅」 (神奈川県熱海市)

 感動の「根府川駅」から、西へ15分で「熱海駅」です。
去年の夏に箱根登山鉄道に行った時、小田原駅からの移動中に途中下車したかった駅です。
乗換のみだったけれど、その賑やかさ、計画中に調べた温泉町としての魅力を感じたいと思いました。

ところが今回は雨。
人も多く、思うように写真も撮れないままでした。

17031501.jpg

17031502.jpg

2015年に新駅舎となったそうで、ひと足遅かった。

それまで、大正14年(1925年)開業の駅舎が使われていました。

17031503.jpg


JR東日本 東海道本線「根府川駅」 (神奈川県小田原市)

 車窓に太平洋を望んでいると、すぐに「根府川駅」です。

17031401.jpg

17031402.jpg

17031403.jpg


ホーム上屋 迫る石垣 先に見える明るい水色の跨線橋。 雨に濡れたホームが、この駅への期待を高めてくれます。



JR東日本 東海道本線 「早川駅」 (神奈川県小田原市)


 大磯駅から 五つ目。
大磯駅と同じように、ゆったりとのんびりした駅です。 
他方のローカル線のような寂しさが漂よっていないのは、本線の駅だからでしょうか。

17031301.jpg

17031302.jpg


大正11年(1922年)建築。
東海道本線にまだまだこのような歴史をもった駅舎が残っている事に気づいていませんでした。
まだまだ行きやすい場所にも、素晴らしい駅があるのです。

JR東日本 東海道本線 「大磯駅」  (神奈川県中郡)

品川駅から1時間ばかり電車に揺られていると、車窓に太平洋がのぞめるようになり、開放的な空気が漂ってきます。


17031211.jpg

17031201.jpg

「大磯」と聞けば、大磯ロングビーチでの芸能人の水泳大会を連想、華やかで賑やかなイメージを描いていましたが、落ち着いた雰囲気の中に、オレンジ色の三角屋根洋風駅舎が佇んでいました。

JR東日本 東海道本線 「品川駅」 (東京都港区)

すさまじい混雑の山手線 原宿駅から品川駅まで乗車し、人の流れのまま 出たのは 品川駅港南口。

17031102.jpg

17031103.jpg

17031104.jpg

高層ビルの一階が出入口となっています。

JR西日本 東海道本線「京都駅」 (京都府京都市)

 開業140周年を迎えた京都駅。
現駅舎は4代目。4代目駅舎は開業20周年を7月に迎えます。

最寄駅から10分強。生活圏内に近い距離にあり、思えば改めて「駅舎」として見たことはほぼないに等しいのです。

空中経路での「写真で振り返る 京都駅のあゆみ展」を機に、カメラを構えてみました。

JR西日本の烏丸中央口側のものが「京都駅ビル」で、日本の鉄道駅舎としては異例の国際指名コンペ方式で行われ、設計者が決定しました。
烏丸中央口を出ると左手に、有名な「大階段」が大空に向かって伸びています。
初対面の友達との 待ち合わせ指定が「大階段の〇〇段目」
私が 1.2.3.4・・・ と数えていると 「12.13.14.15・・・」と数え背後から迫ってくる人。 その人が待ち人でした。
なんとも 粋な友達でした♪


17020702.jpg



「大階段かけ上がり大会」も有名です。
17020703.jpg

「写真で振り返る 京都駅のあゆみ展」 (京都府京都市)

「写真で振り返る 京都駅のあゆみ展」 が 2/1~2/28まで 京都駅ビル10階の空中経路で開催されています。

明治10年2月5日に開業してから,2017(平成29)年で140周年。
140年と言えば、長いようですが、ゆえに、鉄道史もそれと同じような年月だと思うと、ふと。。歴史の浅さを感じたりします。
もう少し。。早く生まれていたら、こんな駅も見られていたかもしれない。。と 心高鳴ります。


17020609.jpg

17020601.jpg


JR東海 東海道本線 「刈谷駅」 “青春18切符「昭和日常博物館」へ”  (愛知県刈谷市)


 予定より早く行程が終わりました。
あまり遅くなって、乗り継ぎが多くなると、青春18切符終わりの時期なので混雑るするだろうけど、まだ帰路に着くには早すぎる。
ちょっとだけ東へ進んでみましょう。

「刈谷駅」
何も調べてなかったから、とりあえずここで下車。

16100706.jpg

JR西日本 東海道本線「米原駅」 “昭和日常博物館へ”  (滋賀県米原市)

 夏の青春18切符を購入した時、既に5回の行先は決まっていました。
三江線、名松線。 あと 1回は 名古屋にある「昭和日常博物館」を訪れる事でした。
フェイスブックで知り合いになった方のお勧めであり、またその方のお店もあると言う事で、日帰りで行く事にしていました。
ところが、お盆を過ぎてからも、日程調整がうまくいかず、結局、青春18切符終了一週間前の土曜日。
終了間近になればなるほど、混雑する事は経験済みでしたが、都会に向かうのは大丈夫かもしれない。

その考えが甘かったと言うことは、石山駅から列車に乗り込んだ時にすぐわかりました。
それらしき人ばかりです。
私のようなマニアックな? ローカル線好き、車窓好き、駅好き 等という 特殊な鉄道ファンではなく、鉄道をリーズナブルに利用するための利用者らしきが多数。 親娘連れ、女性グループ。

うーん。

16100104.jpg

米原駅のお手洗も満員。
まるで、帰省ラッシュ時のサービスエリアのお手洗いのよう。

JR東日本 東海道本線 「小田原駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県小田原市)


JR東日本、JR東海、小田急電鉄、箱根登山鉄道、伊豆箱根鉄道の駅。
今回利用した高速バスの発着がこの駅で、旅の拠点となりました。


東口と西口があり、明るい東西連絡通路で結ばれていて開放的なつくりとなっています。
東西、南北を分断させ、さらに町を分断させないためにも大都市のターミナル駅はこのような形がいいのはないかと思います。


16062712.jpg


16062706.jpg



JR西日本東海道本線 「膳所駅」 (滋賀県大津市)

13010506.jpg

JR膳所駅

後付で駅舎の周りに屋根をつけたような感じになっていて、残念ながら駅舎の形が見えません。
何時の頃からこんな風になったのか、近所に住みながら 膳所を訪れる時は京阪電車を利用していたので気が付きませんでした。



13010501.jpg
JR膳所駅から京阪膳所駅を見下ろす事が出来ます、画像 JR膳所駅のホームから見えた、停車中の京阪電車。







130.jpg

13010509.jpg
 こちらは、京阪電車膳所駅のホームから、JR膳所駅を見上げた画像です。



石山駅で「甲種鉄道車両輸送」に出会う (滋賀県大津市)

 大阪で企画展を見て石山駅でJRを降りると、変わった車輌が目の前に。

11090301.jpg

 そういや、さっき車窓から機関車が見慣れない電車を引っ張ってるなあと思ったのはこれだったんだぁ。。
4月に東急の車輌に出会ったときに鉄道に詳しいブロガーさんから「甲種鉄道車両輸送」と言うのを教えてもらったので今回は焦ることなく。。(笑) 同行者も居ないので、ゆっくりと見る事ができました。
→ 石山駅で出会った珍しい電車


JR東海 東海道本線 「関ヶ原駅」 (岐阜県不破郡)

 一年の半分が過ぎてしまいました。
長い間、ブログから離れてしまってこのままじゃぁ、ブログアップの方法を忘れてしまいそうで、億劫になってしまいそうで、脳の活性化のためにも頑張らねば(笑)
悶々とした日々の起爆剤にでもなってくれるといいなぁと。。
今年3月お彼岸の頃のぷにょさんとの「長良川鉄道の旅」を振り返ってみる事にしました。。

 いつものように青春18切符を使って長良川鉄道の始発駅「美濃太田駅」に行く予定でしたが、直前になって美濃太田駅までの片道の料金は青春18切符一回分の料金2300円よりも下回ることに気づきました。。
今更ですが、一日で元を取るのって結構難しいものだと気づいた次第。。
旅館やら、途中下車駅から綿密に計画をした後だったので今更の計画変更は大変、せめて途中下車して少しでも元を取りたいなぁと。。選んだ途中下車駅は「関ヶ原駅」

「関ヶ原付近で降った雪」の影響で新幹線・在来線が止まってしまうことは恒例。
「関ヶ原って?どんなところ?」と。。。 お彼岸過ぎに下車してみても雪は残っていませんでした。。。。



11070107.jpg

石山駅で見かけた珍しい電車  (滋賀県大津市)

 ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。
それほど忙しいわけではありませんが、なかなか落ち着いた時間が取れずにいます。

 昨日は叔母夫婦の金婚式、ホテルでコース料理を頂いて、石山駅に戻ってきたら ん? 変わった色の電車がある。。ん?ん?。。と気になってカメラを用意すると既に鉄道ファンらしき人たちが下車してやっぱりカメラを構えておられて、「やっぱり 珍しい風景なんだ♪」。・・ と確証したものの、叔母達からはぐれずわけにいかず、サッと三枚。
 ん~ 一人ならこの電車がそのあと、どんな風に動くか見届けたのになぁ。


11040201.jpg

11040202.jpg

11040203.jpg


 車輌等に詳しい方が、おられましたら解説お願いします♪

 東海道本線でこのような色の電車は一度も見た事ないし、ダンボールで覆われているのも始めて見ました。



 

JR東海道本線 「東淀川駅」 ④ あかずの踏切と連絡通路工事 (大阪府大阪市淀川区)

 幼い頃、風にのって聞こえてくる踏切の警報機の音は、京阪電車。
学校に行く時、買い物に行く時、必ず渡る踏切は京阪電車。
国鉄は少し遠かったし、連結車両もとんでもなく多いし、大きいし、早いし。。 一年に2.3回しか乗らなかったし、だから国鉄=JRは生活に密着しているものではなく、遠くを走る、よそ行きの電車でした。
 幼い頃の印象というのは怖いもので゛、未だにJRは「遠いもの」。


 だから、東淀川駅のようにJR路線に踏切があって、数線の線路がありしかも二段階式になっているとなれば、面食らってしまいました。
 こんな危ない踏切があっていいの? いくら新大阪駅が近いから減速されている場所であるとはいえ、「はるか」だの「サンダーバード」だの特急は何本も走っているし、貨物もひっきりなし。




11022607.jpg

JR東海道本線 「東淀川駅」 ③ 地下通路 (大阪府大阪市淀川区)

 駅舎が大好きで、特に古い駅舎を中心に多くの駅舎を見てきましたが、こんな地下通路は始めて見ました。
乗降客専用地下通路、一般歩行者専用地下通路は、今でも多く残っていて特に、それが深いほど、暗いほど面白みがあると思っています。
 ところが東淀川駅は、乗降客、一般歩行者を柵で仕切って並行して通らせていて、私にとってはまたまた好きな駅のひとつとなりました。



東側の駅舎から歩いてみます。

11022516.jpg
片側はロープで引っ張られ、片側は椅子で止めてあるという地下通路入口
終電始発電車の前後にドアは開閉されるのかな?




11022514.jpg
柵の右側が一般歩行者用、左側が電車の乗降客用で改札はこの手前にあります。


JR東海道本線 「東淀川駅」② 東駅舎 (大阪府大阪市淀川区)

11022402.jpg

東側の駅舎です。

こちらは連絡通路?工事中のため、雑然と障害物がありすっきりと全体像を見る事ができませんでしたが、きっと西側駅舎に負けず落ち着いた雰囲気を持っていると思います。



JR東海道本線 「東淀川駅」①  西駅舎 (大阪府大阪市淀川区)

 新快速で西へと向かう時、新大阪駅手前で減速された頃、いつも気になっていた駅がありました。
「大阪」という地名にふさわしくないような朱色の瓦屋根の昭和の家のような駅。気にかけてみてみると「東淀川駅」。
 午後から大阪で用事のある日の朝、早めに家を出てその「東淀川駅」で降りてみました。


 11022311.jpg

11022302.jpg


JR東海道本線 「三ノ宮駅」 (兵庫県神戸市)

11021703.jpg

JR三ノ宮駅中央口。

目線より上を見た事はありませんでした。
三ノ宮駅は神戸の町に遊びに行く時に降りる駅。心は町へ。



11021701.jpg
木造駅舎でもない、近代建築でもない、国鉄時代の駅の趣もない。