JR九州 肥薩線 「嘉例川(かれいがわ)駅」 (鹿児島県霧島市)

2009年11月に西日本パスで南九州へ行った時の記事です。

-------------------------------------------


09122815.jpg

 嘉例川(かれいがわ)駅

JR九州 肥薩線 「真幸(まさき)駅」 ()

やっとユーザータグが表示されるようになったと思ったら、今度はクリックした時の、表示がおかしくなっています。
しばらく様子を見てみます。

2009年11月 西日本パスで南九州を訪れた時の、未アップ記事の続きです。

------------------------------------------------

肥薩線の山線と呼ばれる険しい区間にある駅の1つで、肥薩線で唯一宮崎県内にある。通過不可能な逆Z字型のスイッチバック構造により後退して駅に到着します。
→ 肥薩線の駅を訪ねて~矢岳駅・真幸駅


 線路の向こうに「真幸駅」が見え、手を振って迎えてくださっています。

0912211.jpg

JR九州 肥薩線 吉都線 「吉松駅」 (鹿児島県姶良郡)

 2009年に西日本パスで南九州を訪れた直後に、作っていた記事が未アップになっていたので、アップさせて頂きます。


-----------------------------------------


0912225.jpg

「吉松駅」

肥薩線が吉都線に分岐する駅。吉都線始発駅です。

赤い屋根がアクセントとなってかわいい印象を受けます。
昭和43年建築と聞いて、なるほど。。とうなづけます。




★2009年西日本パスの旅 JR九州 肥薩線 「矢岳駅」

* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*





 肥薩線の山線と呼ばれる険しい区間にある駅の一つで、肥薩線で最も高く標高約536.9mの地点にある駅です。
 → 肥薩線の駅を訪ねて~矢岳駅・真幸駅">肥薩線の駅を訪ねて~矢岳駅・真幸駅


ここでも数分間の停車。SL展示館などがあるのでみなさんはそちらに行かれますが、私達は ひたすら「駅」



0912201.jpg

★2009年西日本パスの旅 JR九州 肥薩線 「大畑(おこば)駅」 (熊本県人吉市)

* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*





 肥薩線の山線と呼ばれる険しい区間にある駅。日本で唯一、ループ線の中にスイッチバックを併せ持つ駅としても知られています。

詳しくはこちら → 肥薩線の駅を訪ねて~スイッチパックとループ線が併用された駅、大畑駅


0912197.jpg
ループ線を走る途中にこんな案内板があり、電車は停車、案内アナウンスがあります。






★2009年西日本パスの旅  観光路線 「肥薩線」

 何かと家族の用事が多く、過去記事の更新すら遅れがちですが、のんびりボチボチアップしていきます。
 
* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*




 肥薩線は、熊本県八代市の八代駅から鹿児島県霧島市の隼人駅までの路線で、1909年(明治42年)全線開通といいますから、歴史ある路線です。
 山の中の険しい場所を走るため、ループ線、スイッチバックなどの工夫が随所に施され、蒸気機関車時代は走る事が大変でした。
 そんな路線ですから、ローカル鉄道ファンにとっては、憧れの路線。それに伴う駅舎も古くからのものが残されていて、魅力いっぱいでした。

 ただ、やはり利用者の少ないローカル線、2000年頃には、廃線の可能性も取り沙汰されましたが、 2004年3月13日の九州新幹線部分開業を期に、八代 - 人吉間の球磨川沿いの風景や国見山地を越える人吉 - 吉松間のスイッチバックとループ線、日本三大車窓の一つに数えられる矢岳越え、古くから残る駅舎などの観光資源に着目し、観光路線としての整備・PRが進められています。



以下 JR九州発行パンフレット

0912291.jpg

0912292.jpg

0912293.jpg

①JR九州 肥薩線 「人吉駅 石造車庫」 (熊本県人吉市)

* 2009年11月、西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。当時、作っていた記事ですが、事情により未アップになっていましたが。そのままアップします。*





0912111.jpg




0912112.jpg
「肥薩線を行き交う列車たちを整備するための車庫。国内唯一の石造鉄道車庫とされ、現役である。球磨地方には地元産の石材を活かし、肥後の石工技術を駆使した石造建造物や石蔵がたくさん残されている。石造車庫はそれらの中で最も大きく、最も古い建物とされている。」