“草津線「石部駅」” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県湖南市)

11104401.jpg

草津線「石部駅」
行きも帰りも駅のすぐ前に車が停車していて、結局 全景を撮る事ができませんでした。

国鉄時代の雰囲気を持った駅舎です。

11104402.jpg

11104403.jpg



神仏います近江">神仏います近江
江のふるさと滋賀「仏女ブロガー」">江のふるさと滋賀「仏女ブロガー」
滋賀県観光情報">滋賀県観光情報

“甲賀駅” 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

11103601.jpg


 昨日の朝、自然に囲まれたこの辺りを歩いてすっかり魅せられてしまい、二日目は甲南駅から北へ向かい湖南三山へ行く予定を急遽変更。訪れた事のないさらに南へと向かう事にしました。

 甲南駅のひとつ南の甲賀駅。この二つ先の柘植駅はもう三重県です。



11103605.jpg
 でも。。あらあら。。駅はすっかり現在風です。
きっと、この町には小さな木造駅舎が似合うはず。
旧駅舎の画像を検索してみると、それはまあまぁ。。お似合いのいい雰囲気の駅舎なんですよ。

 でもそれは木造駅舎好きの私の好み。この地の人々には念願の新しい駅舎だったのでしょうね。。

JR西日本草津線 「甲南駅」 【麗しの神仏に出会う滋賀の旅 仏女ブロガー】 (滋賀県甲賀市)

11102602_20111024203337.jpg


11102603.jpg

JR東海道本線「草津駅」から「草津線」で24キロ、40分。
草津線の駅舎は軒並新しい駅舎に変わっていますが、甲南駅」は、昭和の時代からかそのままの姿で迎えてくれました。


「仏女ブロガーの旅」集合の12時まで、甲南の町を歩いてみようと、この駅に降り立ちました。

JR草津線 「柘植駅」 (三重県伊賀市)

 三重県記事の流れで、4月に青春18切符を使って「参宮線」に乗った時の様子をアップしていく事にします。

 「柘植駅」 
草津駅~柘植駅までの「草津線」は東海道本線が電化の時代にも長い間、気動車が走っていたり、もっと幼い記憶では蒸気機関車が走っていたりと のどかなイメージが強い路線です。

 三重方面へ行く時はここで乗換。


0805262.jpg


0805263.jpg


三重県内で一番最初に開業された駅です。