FC2ブログ







名古屋鉄道 「名鉄名古屋駅」 (愛知県名古屋市)


JR名古屋駅広小路口を出て右へ。 名鉄百貨店の地下一階、二階が 名鉄名古屋駅になっています。

17122403.jpg

17122402.jpg

17122405.jpg


「河和駅」 <名古屋鉄道河和線> (愛知県知多郡)

富貴駅から、河和線乗車。
17121203.jpg


17121204.jpg

17121205.jpg


終着 河和駅での下車は観光客が殆どで、名鉄各路線で見てきた終着駅の様子とは少し違っています。

「富貴駅」 名古屋鉄道 河和線・知多新線 (愛知県知多郡)


名古屋鉄道 河和線と知多新線の分岐駅となる「富貴駅」です。
今回の旅は私好みの駅舎訪問が極めて少ない中、ここは木の香のする温かい駅でした。

17121011.jpg

17121018.jpg
直進河和線・右方向知多新線。

「小野浦駅」(未成駅) <名古屋鉄道知多新線>  (愛知県知多郡)


 知多新線 終着「内海駅」と次の「野間駅」の間に「小野浦駅」という駅が出来る予定でした。
駅周辺の住宅開発が計画されていましたが、開発が遅れ、また近隣住民の減少等により、設置が見送られました。

建設途中のままとなった駅があると知り、往路では見落としてしまったけど、復路では是非と目を凝らしました。


17120901.jpg

「内海駅」 <名古屋鉄道知多新線>  (愛知県南知多郡)


名古屋鉄道知多新線 終着駅「内海駅」

17120804.jpg

高架線路の終着駅は唐突に途切れた感じに、延伸を期待します。
高知県の土佐くろしお鉄道の「奈半利駅」・近畿日本鉄道の賢島駅を思い出しました。

17120811.jpg

17120810.jpg

17120809.jpg

高架線路の先にはすぐに民家が迫っているのですが、この途切れ方はすぐにでも線路を伸ばせそうなそんな気がします。

実際 計画時は現在地より海寄りに建設される予定であったのが、用地買収に難航したため、現在地が終着駅になったとの事でてす。


名古屋鉄道河和線・知多新線


 結果的にこの日の時間配分を振り返ると、大江駅で下車して駅周辺を見る時間は十分あったのですが、下車せずにこのまま 常滑線・河和線・知多新線で 南知多の終着駅「内海駅」と向かいます。

 知多鉄道は 1931年(昭和6年) 太田川駅~成岩駅を開通 翌1932年(昭和7年)河和駅までを開通させます。
その後1943年(昭和18年)に名古屋鉄道に吸収合併 「名鉄知多線」となり1948年(昭和23年)に「名鉄河和線」に改称されました。


17120701.jpg

17120702.jpg

このタイプの列車に乗車するのははじめてかもしれません。

大江駅にて タブレット交換 <名古屋鉄道常滑線・築港線> (愛知県名古屋市)



名古屋鉄道築港線 大江駅に到着しようとしています。
折り返し 東名古屋港となる列車に乗車するためのお客さんが待っておられます。
17120601.jpg


17120602.jpg
駅員さんがお待ちです。

ダイヤモンドクロッシング <名古屋鉄道築港線 名古屋臨海鉄道東築線>  (愛知県名古屋市)

 
東名古屋港駅へ戻り、今度は西へ(大江駅方向)と歩いてみます。

17120501.jpg

線路沿に道路があるので線路を辿るのは簡単です。
暫く歩くと左方向へ、本線(築港線)はそのまま直進です。


17120502.jpg





17120503.jpg
さらに進むと。。

17120504.jpg
あ、これがダイヤモンドクロッシング!!

うわぁ~ こんなに簡単に見つけられてしまっていいのかなぁ。

東名古屋港駅からさらに西へと歩けば <名古屋鉄道築港線>  (愛知県名古屋市)


 「東名古屋港駅」 多くの終着駅のような車止めはありません。
線路はまだ先へと続きます。 そしてそれは決して廃線跡ではなく、現役の不定期貨物路線として機能しています。

駅前は交通量が多く、陸橋を利用して横断。その陸橋の名標がまた味があるもので私の心をそそります。

17120403.jpg

17120401.jpg

17120402.jpg



朝一番で 「東名古屋駅」へ <名古屋鉄道築港線>  (愛知県名古屋市)

17120201.jpg

朝7時 「東名古屋港駅」

名鉄の2日間のフリー切符での旅。ホテルは、名古屋駅前の相場の高い所でなく、郊外に取ればいいのでしょうが、どうしても駅前に宿泊する必要があったのは翌朝朝早くに東名古屋港駅へ行きたかったからです。

「名鉄築港線」
常滑線大江駅から1.5キロだけの路線。
沿線の事業所への通勤路線としての役目を持つ路線ですが、東名古屋港駅より先、名古屋港まで線路が伸びていて 車両の運搬に大きな役割を持っているという、鉄道ファンにとってはたまらない路線です。
You-Tubeで検索すると車両移動の様子を見る事が出来ます。

朝夕の通勤時間のみの運行で、夕刻ならばこの時期ゆっくりしていると夕刻になってしまうので、朝早くに訪問することにしました。

名古屋鉄道瀬戸線 外濠線跡  (愛知県名古屋市)

 
「11/18のブラタモリで、瀬戸線外濠線跡が紹介されてました。
訪れた直後の放送で大変感動しました♪ 実際にお濠跡を歩いておられるのが羨ましかったです♪」



「名鉄瀬戸線」
1978年(昭和53年) 栄町駅乗入の新線に切り替えられる2年前の1976年(昭和51年)までは 空濠となっていた「外濠」を走っていました。
簡単に言えば、水のないお城の外濠を列車が走っていたのです。
1976年、40年前。 知人にも外濠を走っている姿を記憶している人がたくさんいます、そんな近い時代の話です。


瀬戸線「東大手駅」南口下車。地下駅です。
17112601.jpg


すぐのところに橋があり見下ろせば、廃線跡らしきが。。
こんなに簡単に出会えていいもの? 本当に?と シャッターを切ります。
17112602.jpg

17112603.jpg



17112604.jpg
さらに南へ少し歩いて、カーブ部分。
お堀を使ったからカーブが大変だという事でしたが、ここの事なのでしょう。

「三郷駅」 <名古屋鉄道瀬戸線>  (愛知県尾張瀬戸市)

尾張瀬戸駅から急行で栄町方面へ。

17112501.jpg

17112502.jpg

それにしても、大曽根駅から尾張瀬戸駅まで乗車した後に、栄町駅まで戻ろうというのは、重複区間が多い、今更だけどもう少しいいルートなかったのかと思います。






17112507.jpg
瀬戸線には特徴ある駅は少ないのですが、三郷駅、この形に惹かれました。
1984年に駅舎改築という事ですが、建築年はいつになるのでしょう。

「尾張瀬戸駅」 <名古屋鉄道瀬戸線> (愛知県瀬戸市)


17112401.jpg

大曽根駅からは瀬戸線で「尾張瀬戸駅」まで乗車。
ごく一般的な都市部を走る路線で特に目をひく車窓も見つけられませんでした。



17112409.jpg
「尾張瀬戸駅」 瀬戸線終着駅。

17112410.jpg



瀬戸線の歴史は古く1905年(明治38年)瀬戸自動鉄道が前身。
名古屋鉄道の中では唯一、他の名鉄路線とは接続していないという路線でもあり、JR大曽根駅で乗換て乗車したのでした。


「中部国際空港駅」<名古屋鉄道 常滑線・空港線>  (愛知県常滑市)


名鉄名古屋駅からは一路 南へ。
常滑線・空港線 特急で「中部国際空港駅」へ向かいます。
途中特に気になる駅舎もなく、終着駅を押さえておくための乗車です。

17112001.jpg


娘の処へ行くために、夕刻に名鉄名古屋駅から本線に乗車した時は丁度ラッシュの始まるころ。
同じホームから方向の違う列車が発車する事、人の波に戸惑うばかりでしたが、この時間 比較的ゆっくりと駅構造を見る事が出来ました。 でもやっぱり、きちんと路線図が頭に入っていて 行先案内灯は確認しないと難しそうです。


「名鉄岐阜駅」「岐阜駅」<名古屋鉄道・JR東海>  (岐阜県岐阜市)


どうもすっきりしないまま各務原線で昨日乗車した「名鉄岐阜駅」へ。 


17111301.jpg

名古屋本線と各務原線ホームは独立していて、連絡通路で結ばれています。 これは今回の「名古屋鉄道の旅」のblogをはじめたときにも書きましたが、こうして 岐阜駅に戻ってくると記憶がよみがえってきます。
駅構造についても、もっと調べてみると面白そうです。


17111302.jpg

17111303.jpg


「鵜沼宿駅」 <名古屋鉄道各務原線>  (岐阜県各務原市)

 
犬山遊園駅から、「新鵜沼駅」は見えていたので 訪問駅数を増やすためにも訪れてみるべきだったかもしれません。
今、記事を書くために調べていたら 新鵜沼駅は「高山本線と名鉄犬山線・各務原線が接する交通の要所」
さらに歴史に興味深いものがあり、今もなおその痕跡が周囲に残っているそうなのです。

 事前学習の不足? いや でも「鵜沼宿」って所にも行ってみたかったのです。


17111202.jpg
「新鵜沼宿駅」という名称の割りには、簡素なもの。
「新」がついているからあたらしい駅かと思いきや 各務原鉄道により、昭和2年(1927)年に開業した駅で駅舎だけが新しいようです。

「犬山橋(愛称ツインブリッジ)」(犬山遊園駅下車まちあるき) <名古屋鉄道犬山線>  (愛知県犬山市)


 犬山遊園駅で下車 西口から今度は西方向に暫く歩いてみると、綺麗なトラス橋が見えました。
近くまで行って見てみよう。。 と歩いていると、え? 鉄道橋じゃありませんか!!

17111003.jpg

17111004.jpg

17111005.jpg

それに橋に沿って歩道がついているじゃありませんか!!

「犬山遊園駅」 <名古屋鉄道犬山線>  (愛知県犬山市)

御嵩駅から再び新可児駅。
17110620_2017101712391358b.jpg

17110622_20171017123912562.jpg
「乗って残そう」かぁ。。







新可児駅の様子をもう一度ゆっくり見たいと思ったけれど、乗り継ぎ時間が短く、犬山線乗車。
犬山公園駅で下車します。

17110810.jpg





17110819.jpg
「犬山公園駅西口」

17110801.jpg
「犬山公園駅東口」



「御嵩駅」<名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児郡)

名古屋鉄道広見線終着駅。

17110619.jpg

正面に見える三角屋根の建物が駅舎。
典型的な頭端駅で終着駅らしさが漂っています。


17110601.jpg


ちょっと雰囲気が違っています。
17110602.jpg

「御嵩口駅」(車窓から) <名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児郡)


17110501.jpg
明智駅から、再び、懐かしい雰囲気の列車に乗車。

のどかな風景が広がります。
17110502.jpg