「中部国際空港駅」<名古屋鉄道 常滑線・空港線>  (愛知県常滑市)


名鉄名古屋駅からは一路 南へ。
常滑線・空港線 特急で「中部国際空港駅」へ向かいます。
途中特に気になる駅舎もなく、終着駅を押さえておくための乗車です。

17112001.jpg


娘の処へ行くために、夕刻に名鉄名古屋駅から本線に乗車した時は丁度ラッシュの始まるころ。
同じホームから方向の違う列車が発車する事、人の波に戸惑うばかりでしたが、この時間 比較的ゆっくりと駅構造を見る事が出来ました。 でもやっぱり、きちんと路線図が頭に入っていて 行先案内灯は確認しないと難しそうです。


「名鉄岐阜駅」「岐阜駅」<名古屋鉄道・JR東海>  (岐阜県岐阜市)


どうもすっきりしないまま各務原線で昨日乗車した「名鉄岐阜駅」へ。 


17111301.jpg

名古屋本線と各務原線ホームは独立していて、連絡通路で結ばれています。 これは今回の「名古屋鉄道の旅」のblogをはじめたときにも書きましたが、こうして 岐阜駅に戻ってくると記憶がよみがえってきます。
駅構造についても、もっと調べてみると面白そうです。


17111302.jpg

17111303.jpg


「鵜沼宿駅」 <名古屋鉄道各務原線>  (岐阜県各務原市)

 
犬山遊園駅から、「新鵜沼駅」は見えていたので 訪問駅数を増やすためにも訪れてみるべきだったかもしれません。
今、記事を書くために調べていたら 新鵜沼駅は「高山本線と名鉄犬山線・各務原線が接する交通の要所」
さらに歴史に興味深いものがあり、今もなおその痕跡が周囲に残っているそうなのです。

 事前学習の不足? いや でも「鵜沼宿」って所にも行ってみたかったのです。


17111202.jpg
「新鵜沼宿駅」という名称の割りには、簡素なもの。
「新」がついているからあたらしい駅かと思いきや 各務原鉄道により、昭和2年(1927)年に開業した駅で駅舎だけが新しいようです。

「犬山橋(愛称ツインブリッジ)」(犬山遊園駅下車まちあるき) <名古屋鉄道犬山線>  (愛知県犬山市)


 犬山遊園駅で下車 西口から今度は西方向に暫く歩いてみると、綺麗なトラス橋が見えました。
近くまで行って見てみよう。。 と歩いていると、え? 鉄道橋じゃありませんか!!

17111003.jpg

17111004.jpg

17111005.jpg

それに橋に沿って歩道がついているじゃありませんか!!

「犬山遊園駅」 <名古屋鉄道犬山線>  (愛知県犬山市)

御嵩駅から再び新可児駅。
17110620_2017101712391358b.jpg

17110622_20171017123912562.jpg
「乗って残そう」かぁ。。







新可児駅の様子をもう一度ゆっくり見たいと思ったけれど、乗り継ぎ時間が短く、犬山線乗車。
犬山公園駅で下車します。

17110810.jpg





17110819.jpg
「犬山公園駅西口」

17110801.jpg
「犬山公園駅東口」



「御嵩駅」<名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児郡)

名古屋鉄道広見線終着駅。

17110619.jpg

正面に見える三角屋根の建物が駅舎。
典型的な頭端駅で終着駅らしさが漂っています。


17110601.jpg


ちょっと雰囲気が違っています。
17110602.jpg

「御嵩口駅」(車窓から) <名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児郡)


17110501.jpg
明智駅から、再び、懐かしい雰囲気の列車に乗車。

のどかな風景が広がります。
17110502.jpg

「明智駅下車」 八百津線跡をちょっとたどってみる <名古屋鉄道八百津線>  (岐阜県可児市)

17110302.jpg



<名鉄八尾線>
昭和5年(1930年)東美鉄道が伏見口(現・明智) - 兼山間開業
昭和18年(1943年)名古屋鉄道が東美鉄道を合併
平成13年(2001年)明智 - 八百津間が廃止

廃線から16年の月日が流れています。



17110401.jpg
広見線の架線から北に伸びる(画面手前が北)このスペースがきっと廃線跡だろうと、追ってみます。


17110402.jpg


「明智駅」下車 まちかど風景 <名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児市)


駅前風景。

17110207.jpg
この、あたりの方々は洗濯が人目に触れる事を気にしないおおらかな気持ちの持ち主のようです。
よーく乾いて気持ちいいだろうなぁって思います。

子供の頃の洗濯乾し場は、自宅裏の庭だったから、洗濯を乾す場所は何も気を使いませんでした。その名残で結婚してから玄関先に物ほし台を置いても平気でいた私に姑が「玄関に洗濯をほすなんて」と言われ、はじめて気がつきました。
その後、二階にベランダをつくり さらに下着類は人の目に触れないようにタオルで囲むようにほすようになりました。


17110203.jpg

17110204.jpg




「明智駅」 <名古屋鉄道広見線> (岐阜県可児市)

17110101.jpg
名鉄で時々見かける日よけがカーテンの列車。

17110102.jpg
新可児駅を出た列車は右方向へと進みます。
直進は犬山駅方向。

17110103.jpg
昭和の雰囲気は運転席からも漂ってきます。



4分で「明智駅」
17110104.jpg

17110105.jpg

特徴的な形をした屋根の、こぶりの。。メルヘンチックな駅舎が見えます。


「新可児駅」 <名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児市)


17103002.jpg

17103001.jpg

可児川駅から新可児駅まで6分。ここで乗換、うまく行けば、向かい側ホームに乗り継ぎ列車が待ってるか、そうでなければ跨線橋を渡るのかなぁと。。と思いきや今乗ってきた電車の先は行止り? あれ? 私また何か間違った?


17103005.jpg
左へ進めば、この先 広見線御嶽駅まで行けるようですが。
そのまままっすぐ進めば改札です。

「可児川駅」 <名古屋鉄道広見線>  (岐阜県可児市)

三河線猿投駅から2時間弱をかけて、知立駅を経て、名古屋本線から犬山線、さらに犬山駅から東へ広見線に乗車。

「広見線可児川駅」  
17102906.jpg

17102902.jpg

17102911.jpg






17102912.jpg
赤い三角屋根がかわいい、斜めに下りる柱が面白い。


「猿投駅」からちよっとだけ廃線跡をたどる <名古屋鉄道三河線> (愛知県豊田市)

現三河線は、知立駅から2つに分かれる形で 通称海線で碧南駅まで、通称山線で猿投駅まで通っていますが、平成16年(2004年)
までは、碧南駅・猿投駅ともにその先に線路が伸びていました。

17102832.jpg
(昭和56年保育社発行 日本の私鉄4 「名鉄」 より)


17102821_2017100811375310b.png

まだ廃線から13年ですから、痕跡は残されています。

「猿投駅」 <名古屋鉄道三河線> (愛知県豊田市)

17102701.jpg
「猿投駅」
こちらも、名鉄の旅の計画をするまで読み方がわかりませんでした。
少し頭をひねればわかりそうなものですが、「さるなげ」と読んでしまいます。
三河線山線の終着駅です。

17102702.jpg

17102703.jpg

17102704.jpg
昭和を感じさせてくれる駅舎です。

「上挙母駅」 <名古屋鉄道三河線>  (愛知県豊田市)

17102601.jpg
名鉄の旅を計画するまで読めなかった駅名です。

17102602.jpg

17102603.jpg
朝の通勤時間帯。小さな駅ですが、多くの乗降客がおられました。

「知立駅」 <名古屋鉄道 名古屋本線・三河線>  (愛知県知立市)


17102503.jpg

夜の知立駅。

「碧南駅」下車 廃線跡をちょっと歩いてみる <名古屋鉄道三河線> (愛知県碧南市)

17102323.jpg

17102322.jpg

碧南駅の先に線路は伸びていません。



線路沿の道路を歩いて道路が左に入っていれば、そこから左右を見てみます。
17102302.jpg

17102321.jpg
駅方向です。

「碧南駅」 <名古屋鉄道三河線> (愛知県碧南市)

「碧南駅」

北新川駅から7分 知立駅からは35分 三河線海線終着駅です。

17102201.jpg

「北新川駅」 <名古屋鉄道名鉄三河線>  (愛知県碧南市)


17102113.png


名鉄三河線
豊田市の猿投駅から碧南市の碧南駅を結ぶ39.8キロの路線です。
1950年代に知立駅の配線がスイッチバック形状に変更されてから 知立駅で完全に運転が分断されています。
同じ路線名でありながら、別路線のような扱いである事が、地元民が名鉄をわかりにくくしている理由のひとつでもあると思います。

知立駅から北を「山線」 知立駅から南を「海線」と 呼ばれています。



「北新川駅」
17102105.jpg

17102108.jpg

「西幡豆駅」 <名古屋鉄道蒲郡線>  (愛知県西尾市)


東幡豆駅から列車で4分。
17101901.jpg

17101903.jpg

17101905.jpg

東幡豆駅と同じようにオレンジ色のビニール屋根。
東と西。
どちらも、昭和11年(1936)1月24日開業です。