一畑電車 「川跡駅」 (島根県出雲市)

一畑電車松江北線と大社線の分岐駅が「川跡(かわと)駅」
駅構造的にローカル線らしさが漂う、構内が魅力です。
ただ、連絡のいいように松江方面行、電鉄出雲行、大社方面行ほぼ同時刻に集結させているので、写真を撮る時間が殆どありません。一本遅らせれば1時間待たなければいけない結果となってしまいます。


11021506.jpg


一畑電車 「雲州(うんしゅう)平田駅」 (島根県出雲市)

11021205.jpg
北松江線「雲州平田駅」
一畑電車で唯一の直営駅。
本社、運転司令室、車両区、列車区があり、中心駅です。


11011202_20110209215652.jpg

11021209.jpg

一畑電車 「デハニ」 (島根県)

11020805.jpg


映画「RAILWAYS」で、主に使われているオレンジ色の電車 「デハニ」
2009年3月に引退している車両ですが、出雲大社前駅に展示されていました。


11020802.jpg


一畑電車 大社線 「出雲大社前駅」 内部 (島根県出雲市)

天井は外観のままドーム型で高く開放的です。

11020716.jpg


ドーム型に沿った弓なりの梁と横に走る梁が、いい太さでむき出しで綺麗。
そして四角形を組み合わせた深みのあるステンドグラス。
シャープなイメージの金色のシャンデリアは、またいい高さで止まっている。。

11020707.jpg

11020706.jpg



梁にも綺麗な模様が施されています。
11020714.jpg

一畑電車 大社線 「出雲大社前駅」 (島根県出雲市) 

(2/7写真一枚追加しました)


11020606.jpg

北松江線を川跡駅で大社線に乗り換えて終点「出雲大社前駅」
昭和5年(1930年)建築。
深いドーム型の瓦屋根。ステンドグラス。かなり奇抜なデザインですが、設計者は不明とは、設計した方が気の毒な気がします。

 以前は中央に塔屋があったといいますから、教会をイメージしたものだったのでしょうか。


一畑電車 北松江線 「高ノ宮駅」 (島根県松江市)

 「RAILWAYS」の主人公肇さんの実家があるのは「伊野灘駅」 ごくありふれたローカル線の駅ですが、駅へのちょっとした緑の坂を歩く風景がのどかでいいのです。

 私が途中下車したのは「伊野灘駅」から二つ東の「高ノ宮駅」
 素晴らしい風景の中にありました。本当に絵に描いたような風景の中にある駅でした。
恐らく、映画を見てからであれば「伊野灘駅」を選んでいたでしょうが、この「高ノ宮駅」で下車した事は、二度と一畑電車に乗りに行く機会がないかもしれない私にとっては、大正解の選択だったと思います。



11020506.jpg
稲刈りを控えた田圃の向こうにある、赤い屋根の小さな駅舎。


11020509.jpg
目の前は宍道湖。



一畑電車 北松江線 「一畑口駅」 (島根県出雲市)

一畑電車北松江線の丁度真ん中あたりにある駅、電鉄出雲駅からは17.5キロの位置にあります。


11020417.jpg



11020401.jpg


一畑電車 北松江線 「松江しんじ湖温泉駅」 (島根県松江市)

11020302.jpg

「温泉駅」という、イメージにはちょっと合わない現代的な駅舎でした。


11020303.jpg

一畑電車 北松江線 「電鉄出雲駅」 ~ 「松江しんじ湖温泉駅」 (島根県出雲市・松江市)

 電鉄出雲市駅を出た電車は暫く、JR山陰線と併走した後、北東へ向かい、宍道湖の北側を走り、松江しんじ湖温泉駅へ向かいます。

早朝ということで、運転士のいらっしゃらない側の窓から写真を撮る事ができました。


11020202.jpg



11020201.jpg


一畑電車 北松江線 「電鉄出雲市駅」 (島根県出雲市)

11020101.jpg

 前日は、東海道本線石山駅を出発、京都から山陰線。
日本海側に沿って、餘部、鳥取、松江。。途中下車しながら「出雲市駅」に着いたのはもう暗くなってからでした。 
その日の夜にも「電鉄出雲市駅」の様子を何枚か撮っているのに見当たりません。やっぱり記事にするのは帰ってすぐがいいんだなぁと。。今更、後悔しています。

いかにもローカル私鉄、ローカル電車というイメージと離れているのがこの「電鉄出雲市駅」
平成12年に高架駅になったそうです。
左横の白い建物は「一畑ホテル」で一畑グループは手広く事業を展開しておられ、 「一畑電車」はそのひとつです。



11020107.jpg




電鉄出雲市駅の100メートル先にJR山陰線「出雲市駅」があります。
11020108.jpg