銚子電気鉄道「ぬれ煎餅」 (千葉県銚子市)

 銚子電気鉄道といえば「ぬれ煎餅」
銚子電気鉄道の危機を救ったともいえるこの「ぬれ煎餅」は素朴な包装で素朴な味わいがあります。


10900504.jpg

銚子電気鉄道「デハ801」 (千葉県銚子市)

10090202.jpg

銚子電気鉄道犬吠駅から、銚子駅に戻る時に乗車した電車の床は「木」でした。


銚子電気鉄道 「犬吠駅」 (千葉県銚子市)

10080407.jpg


終着駅「外川駅」からひとつ戻って「犬吠駅」
犬吠埼の灯台までは歩いて10分程度。
観光拠点らしい駅舎。
1990年建築、メルヘンチックで遊園地のようなデザインです。

駅前広場も広くここで色々な催しも開催されるそうです。
駅舎内では、たくさんのお土産物、銚子電気鉄道グッズ等が販売されていて、銚子電気鉄道の中で一番充実している駅舎です。

銚子電気鉄道 外川駅 留置車輛 (千葉県銚子市)

10080202.jpg

銚子電気鉄道終着「外川駅」には留置車輛がありました。


10080206_20100807175240.jpg





1985年、NHK朝の連続テレビドラマ「澪つくし」にちなんで走っていたという観光トロッコ列車。
現在は運行を見合わせておられます。


銚子電気鉄道 「外川駅」 (千葉県銚子市)

10080114.jpg

銚子電気鉄道 終着駅。

大正12年の開業当初からの駅舎を改修しながら使っておられるそうで、その風情が漂っています。


銚子電気鉄道 笠上黒生駅 タブレット交換 (千葉県銚子市)

 笠上黒生駅は、銚子電気鉄道で唯一 上下交換可能な駅です。
この駅でタブレット交換があるという事は知っていたのに、桃太郎電鉄に気を取られてしまって降車したときも乗車したときも意識してカメラを向ける事を忘れていました。

たまたま、運転士さんの変わった動きとして捉えた画像にその様子が少し写っていました。



10072821.jpg

運転士さんの手にあるのが、タブレット。

銚子電気鉄道 「笠上黒生駅(かさがみくろはええき) (千葉県銚子市)

10072808.jpg

「とくじょうくろなまえき」=「特上黒生駅」と勝手に読んでしまっていた駅。
それってビールですよね?

 アルコールが特別好きなわけではないけど、機会があればビール、チューハイ5杯位まで呑んでしまいますし、「気持ちいいなぁ。。もっと呑みたいなぁ」と思ってしまう私。
こう暑い毎日が続くと、せめてアルコールで気持ちよくならないとやってられないなぁ。。
翌日の仕事も起床時間も家事も気にせずに、思いっきり呑んでみたいものです。


 と話はそれてしまいました。

銚子電気鉄道 「桃太郎電鉄」 (千葉県銚子市)

10072701.jpg




10072702.jpg

 賑やかな電車が到着したと思ったら「桃太郎電鉄」のラッピング電車でした。

 2007年 ボードゲームの定番『桃太郎電鉄』の生誕20周年を記念して作成されました。

銚子電気鉄道 「観音駅」 (千葉県銚子市)

10072613.jpg

1976年「およげたいやきくん」にちなんで、こちら「観音駅」で販売を始められたそうです。

銚子電気鉄道 「仲ノ町車庫」 (千葉県銚子市)

10072544.jpg

仲ノ町駅には銚子電気鉄道の車庫があります。


100725501.jpg

入場券150円。



10072560.jpg

10072561.jpg



銚子電気鉄道 「仲ノ町駅」 (千葉県銚子市)

10072411.jpg

銚子駅を出発してすぐの一つ目の駅「仲ノ町駅」


10072408.jpg

銚子電気鉄道 最初に乗車した電車 (千葉県銚子市)

10072302.jpg

銚子電気鉄道銚子駅に着いて、しばらくしてやってきた電車。
そう古い電車ではないらしいですが、この汚れ具合?錆び具合がなんともいえません。


10072305.jpg

10072303.jpg


銚子電気鉄道 「銚子駅」 (千葉県銚子市)

10072213.jpg

「ムーンライトながら」 東京駅着 5時5分
総武本線終着駅 銚子駅着 7時58分

銚子電鉄 銚子駅 に到着しました。



銚子電鉄の前身は地元有志による「銚子遊覧鉄道」 大正2年開通。

その後、多くの困難を乗り越え、人々の温かさにより今、走っています。



10072218.jpg