JR四国 予讃線 「伊予吉田駅」 界隈 (愛媛県宇和島市)

「伊予吉田駅」
久しぶりに駅前風景に落ち着きました。

10052801.jpg

10052802.jpg



JR四国 予讃線 「伊予吉田駅」 (愛媛県宇和島市)

10052701.jpg

10052702.jpg

10052703.jpg

松山駅から特急「宇和海」に乗り下車した駅は 予讃線終着駅「宇和島駅」の三つ手前の「伊予吉田駅」でした。


JR四国 予讃線 「松山駅」 (愛媛県松山市)

 バースデー切符一日目の宿泊場所は「松山駅」
2007年に一度訪れているので、ちょっと安心感となつかしさのある土地。

伊予鉄道が走る町。
10052601.jpg



10052602.jpg
コンビニでこんなものを買って。。

ホテルの窓から伊予鉄道を見下ろす。。。

10052603.jpg


JR四国 予讃線 「伊予長浜駅」 (愛媛県大洲市)

10052501.jpg

瀬戸内海の夕日を車窓に感じながら、西へと進みます。



10052503.jpg





下灘駅から東にみっつめの駅「伊予長浜駅」



10052506.jpg

JR四国 予讃線 「下灘駅」 (愛媛県伊予市)

 徳島から四国に入って徳島から四国を出る。 
ぐるっと一周回ってくるような形になるなら「下灘駅」でも途中下車しよう。
下灘駅に行くならやっぱり夕方がいい。。 それなら一日目の夕方がいい。 それなら徳島から反時計方向に回ろう。。。。 と 今回の旅の骨組みは最初にそんな風に決まりました。


10052401.jpg

「日本で一番海に近い駅」
以前は前の国道も海=瀬戸内海だったそうです。


もう少し綺麗に晴れてくれていたら良かったけれど、朝からの雨が、ここで上がっていてくれた事はとても嬉しい。。

JR四国 予讃線 八幡浜駅~下灘駅 (愛媛県)

八幡浜駅から、普通電車で再び東へと戻ります。
伊予大洲駅から今度は、予讃線回り。


10052301.jpg

のんびりと車窓を眺めていると 眠気が襲ってくるけど、見知らぬ土地の見知らぬ風景が心地いい。
山の中であったり、工場地帯であったり、住宅地であったり。
珍しい駅名に驚いたり、通り過ぎる木造駅舎に指をくわえてみたり。。

始めての場所は普通列車でのんびり走るのがいいに決まってる。
「特急列車」はやっぱり移動手段でしかない。。
趣きある駅舎への道は、やっぱりローカル列車がいい。。

そんな事を思いながら、目指す駅への時間を楽しむ夕刻です。


JR四国 予讃線 「八幡浜駅」 (愛媛県八幡浜市)

10052202.jpg

10052203.jpg

JR四国予讃線 「八幡浜駅」

四国 最西端の駅。




10052218.jpg
「みかんと魚の町」



アンパンマン列車

 JR松山駅では「アンパンマン列車」を何度も見かけました。
走っている範囲もかなり広く、本数も多く、特急列車に限らず普通列車にも「アンパンマン列車」があるようです。


0709026.jpg



JR予讃線「三津浜駅」 <愛媛県松山市>

07082312.jpg


「伊予和気駅」から西に一駅、松山の一駅東にある「三津浜駅」
一見、古い木造駅舎のようですが、結構最近に建てられているようでした。

四国の駅前はどこも開放的だと感じます。


07082313.jpg



ここから30分位歩くと、海です。

JR予讃線「伊予和気駅」 <愛媛県松山市>

0708237.jpg


「北伊予駅」から「松山駅」に戻り、今度は東へ二つ目の駅。
こちら洋風でかわいい駅。




JR予讃線「北伊予駅」 <愛媛県松山市>

「松山駅」からさらに西へ二つ目の駅
「北伊予駅」

07082212.jpg


いかにも南国ムードの漂う駅。
四国まで来ると、やっぱり雰囲気が違います。
「思えば遠くへ来たもんだ。。♪ 」