南海電気鉄道 南海高野線(汐見橋線) 「汐見橋駅」 (大阪府大阪市)

0911061.jpg

汐見橋駅
南海高野線起点駅ですが、実際には直接 橋本駅、極楽橋駅まで乗り入れる事なく、難波始発の南海高野線に乗り換えないといけません。

南海電気鉄道 南海高野線(汐見橋線) 「西天下茶屋駅」 (大阪府大阪市)

0911053.jpg


西天下茶屋 難波方面行駅舎

0911059.jpg

南海電気鉄道 南海高野線 南海本線 「岸里玉出駅」 (大阪府大阪市)

0911044.jpg


高野線の起点は汐見橋駅だが、現在は高野山方面へ行くすべての列車が難波駅から発着し岸里玉出駅から高野線に入る。汐見橋 - 岸里玉出間の通称汐見橋線は、この区間を折り返す各駅停車だけが運行されている

 「高野線」を乗りとおしたくても この「岸里玉出駅」で下車して本数の少ない南海高野線の中の「汐見橋線」への乗換が必要と言う複雑な部分です。

 大阪市西成区にありとても広い駅なのですが、人は少なくひっそりとしています。

南海電気鉄道 南海高野線 「林間田園都市駅」 (和歌山県橋本市)

0911033.jpg

林間田園都市駅。

高野山から、橋本駅 → 林間田園都市駅 → 紀見峠駅 の並びですから、まさしく「林間田園都市」です。

南海橋本林間田園都市(なんかいはしもとりんかんでんえんとし)は和歌山県橋本市北部において南海電鉄が中心となって三石山の山麓に開発された田園都市型ニュータウン。民間企業が開発するニュータウンの中では大規模なものである。


南海電気鉄道 南海高野線 「紀見峠駅」 (和歌山県橋本市)

0911028.jpg

0911027.jpg




0911021.jpg

名前に惹かれて下車した駅です。
「峠駅」と言うように、駅近くには、大きな道はなく「山の中」を感じます。

南海電気鉄道 南海高野線 「橋本駅」 (和歌山県橋本市)

0911012.jpg

南海高野線は、この「橋本駅」で折返し運転する電車が大半を占めます。
難波 - 橋本間は沿線に住宅地が多く、橋本 - 極楽橋間は山岳路線 ひとつの区切りの駅でもあります。

「和歌山市駅」と同様JRとの共有駅です。


南海電気鉄道 南海高野線 「学文路駅」 (和歌山県橋本市)

0910093.jpg



09100911.jpg



「学文路駅」は国道307号線から、斜めの急な階段をのぼったところにあります。




南海電気鉄道 南海高野線 「下古沢駅」  (和歌山県伊都郡九度山町)

0910082.jpg

0910084.jpg

0910083.jpg


「下古沢駅」
高架を走っているわけでなく、山岳地帯に駅があります。
下の国道までは急な坂道を下ります。



南海電気鉄道 南海高野線 「九度山駅」 (和歌山県伊都郡九度山町)

0910071.jpg

「お迎え傘」 があるのは、駅舎からホームへ行く時、屋根のない部分を通らないといけないからだそうです。

0910074.jpg

南海電気鉄道 南海高野線 「高野下駅」 (和歌山県伊都郡九度山町)

09100612.jpg

途中下車したい駅はたくさんあるけれど、ダイヤの関係でまずは「高野下駅」
高野線は橋本駅以南からが山岳鉄道の趣きを感じさせてくれるのですが、さらにこの「高野下駅」以南「極楽橋駅」間は特に、急勾配で山間部を一生懸命走ります。

09100616.jpg




0910161.jpg

空調設備室外機の左側が線路。
「高野山森林鉄道」の路線を整備したと言う道路の上にあるのが 高野下駅舎。


0910162.jpg
反対側から見たところ。

南海電気鉄道 鋼索線 南海高野線 「極楽橋駅」 (和歌山県伊都郡高野町大字高野山国有林第8林班)

「高野山駅」から、再びケーブルカーに乗って下山しました。

「極楽橋駅」 和歌山県伊都郡高野町大字高野山国有林第8林班
南海電鉄高野線・鋼索線の駅ですが、実際は周辺には駅以外の建物は見当たらないし、車でのアクセスも困難と言いますから 「秘境駅」の類に入るのかもしれません。
またその所在地からしても、山の中。。と言う認識は否めません。

ただ、高野線で極楽橋駅まで来てケーブルカーに乗り換えて高野山へ、と言う人がたくさんおられます、駅員さんもおられますので、特に「寂しい駅」と言う事はありません。


0910057.jpg

0910058.jpg

「極楽橋駅」から 難波方向に少し走った辺りで車窓から見える、朱の赤い橋が「極楽橋」
不動坂と言う、高野山への参道に通じているそうです。


南海電気鉄道 鋼索線 「高野山駅」 (和歌山県伊都郡高野町)

09100414.jpg


南海電気鉄道高野線終点 「極楽橋」駅から、さらにケーブルに乗って 「高野山駅」に到着しました。


0910041.jpg


1928年(昭和3年)竣工 真言宗の総本山・高野山の玄関口らしく、寺院風建築ですが、洋風部分も随所にあります。


南海電気鉄道 高野線

 10月6日から「南海電気鉄道・南海本線」の記事をアップしていましたが、本線乗車の3日後、大阪府大阪市浪速区の汐見橋駅から和歌山県伊都郡高野町の極楽橋駅までを結ぶ「高野線」に乗車しました。

 いわゆる「乗り鉄」なら一日で本線、高野線ともに乗車することが出来るのですが、私の場合「駅旅」「駅好き」、そして宿泊を伴わない近旅の場合は家族に不自由をさせない時間に帰りたいのでどうも。。なかなか前へ進むのが遅いのです。。
 先日の「北陸鉄道の旅」でももう少し無理をすれば「浅野川線」にも乗れたのに乗り残して来ました。


 という事で、この日もアクセスのいい「難波駅」から南海電車に乗りました。


0910012.jpg

0910011.jpg

南海電気鉄道 南海高師浜線 「高師浜駅」 (大阪府高石市)

0909381.jpg

南海高師浜線は南海本線「羽衣駅」から「高師浜駅」までを結ぶ1.5キロの路線です。




0909382.jpg
終着駅「高師浜駅」

南海電気鉄道 南海本線 「淡輪駅」  (大阪府泉南郡)

09093710.jpg

0909379.jpg

 南海電気鉄道の駅舎には、いわゆる「駅」らしい木造の駅舎もあれば、この「淡輪駅」のようにまるで洋館、お伽話の世界に出てくるような駅舎があったりで。。駅好きの私を飽きることなく楽しませてくれます。

 こちらの形はまた面白い。
なんだか、三角帽子の小人さんを連想してしまうような形。
屋根が赤かった少し前の姿は、よりもっと可愛い。。



南海電気鉄道 南海加太線 「加太駅」 (和歌山県和歌山市)

 加太(加太)線は「紀ノ川駅」から「加太駅」を結ぶ9.6キロの路線ですが、実際は「和歌山市駅」まで乗り入れていて、乗り換えは「和歌山市駅」を利用する事が多いようです。

09093617.jpg

住宅街を通り抜け、山の中を走り始めたかと思うと「加太駅」
終着駅らしい雰囲気の漂う静かな駅です。


南海電気鉄道 南海本線 ・ JR紀勢本線 「和歌山市駅」  (和歌山県和歌山市)

0909351.jpg

乗換の僅かの間に駅の外に出てみました。
ここは、JRと南海電気鉄道の共同使用駅です。

0909352.jpg


近代的で広々とした感じは受けますが、駅前には昔の姿が残っています。
0909354.jpg


駅舎上屋も、暖かい感じが残されていました。
0909353.jpg


南海電気鉄道 南海和歌山港線 (和歌山県和歌山市)

09093411.jpg

09093412.jpg

南海本線「和歌山市駅」とは、線路は続いていますが 「和歌山市駅」~「和歌山港線」の全長2.8キロの区間は「和歌山港線」と独立した名称がついています。

南海電気鉄道 南海多奈川線 「深日港駅」 (大阪府泉南郡)

 南海多奈川線2.6キロメートルの間には「みさき公園駅」を含め四つの駅があり、こちら「深日港駅」は終着「多奈川駅」の一つ手前の駅です。
 かつては駅近くの深日港から、淡路島へのフェリーが出ていて、それに連絡する急行も難波から発着していました。

 0909331.jpg

0909336.jpg

南海電気鉄道 南海多奈川線 「多奈川駅」 (大阪府泉南郡)

 多奈川線(たながわせん)は、大阪府泉南郡岬町の「みさき公園駅」から「多奈川駅」までを結ぶ2.6キロの路線です。
 多奈川に疎開してきた軍需工場への通勤の足として、1944年に開業。

0909321.jpg


0909329.jpg