JR東海飯田線 豊橋駅~天竜峡駅  (愛知県 静岡県 長野県)


急行「飯田線秘境駅号」は期間中1日2本 
豊橋駅発 9時50分発 飯田駅15時30分着
飯田駅13時08分発 豊橋駅17時54分着
日帰りはとても無理だとわかっているけれど、1泊2日での自宅への帰路往路を考えると、2日目に飯田発に乗車するしか方法がありませんでした。


17052801.jpg

豊橋駅泊  
飯田駅6時発の「飯田線秘境駅号」に乗車するため飯田駅へと向かいます。


17052802.jpg

JR東海 飯田線 「渡らずの鉄橋」(浜松市)  「東栄駅」(愛知連設楽郡)


飯田線秘境駅号は、秘境駅に停車してくれるだけではなく、ビューポイントでの徐行運転もしてくれます。

小和田駅を過ぎ、しばらく豊橋方向に走行。 城西駅の前後は、「渡らずの鉄橋」として有名です。


17052710.png

水窪川右岸を走っていた列車は 城西駅手前で左岸へ渡ったあと、しばらく左岸を走り城西駅通過するも、再び 右岸を走り始めます。

短距離内に鉄橋があるのに、結局 川を渡った事になっていません。
これは、水窪川左岸の掘削中のトンネルが中央構造線の地殻変動により崩落し、やむなくその部分を迂回したためにできたものです

JR東海 飯田線 「小和田駅」 (静岡県浜松市)

17052616.jpg

今回訪れた秘境駅の中で、唯一、駅舎あります。
駅舎好きの私が一番訪れたかった駅で、一番の楽しみが一番最後となりました。

17052614.jpg

JR東海 飯田線 「中井侍駅」  (長野県下伊那郡)


「中井侍」随分と勇ましい駅名ですが、由来がはっきりしません。

17052503.jpg

ご覧の通り、ここも断崖絶壁がホームに迫っています。
ホームから山手に上る道があり、そこから見下ろせば、こんな感じ。

17052502.jpg


レールが地についてない?

この道をさらに登ると民家が二軒あり、一軒には人が住んでおられるそうです。



JR東海  飯田線「平岡駅」  (長野県下伊那郡)

為栗駅のお隣駅。
秘境駅が続く中 島式ホーム1面2線と側線を持つ地上駅が現れると突然光が見えたように眩しく感じます。

1936年(昭和11年) 三信鉄道の終着駅「満島駅」として開業。 かつては、長野・新宿方面からの直通列車も運転されていました。

17052416.jpg

17052401.jpg

17052415.jpg

17052414.jpg

JR東海 飯田線 「為栗(してぐり)駅」 (長野県下伊那郡)

朝夕の一部の普通列車は通過、朝に上り1本のみ設定されている快速列車は停車。
昨日の田本駅も同じくですが、普通列車通過というのがまず考えられないのに、快速のみ停車という、ふつうではないダイヤは、いかに飯田線が特殊な路線であるかを物語っています。


駅周辺には、戦前までは天竜川の川岸に為栗の集落が点在していまたが、平岡ダム完成によって水没 周辺に人家は殆どありません。


今回の秘境駅号で停車した6つの駅のうち、こちら為栗駅と小和田駅(後日記事にします)は、天竜川沿にホームがあります。

17052304.jpg





豊橋方向へ線路から、徐々にホームが離れて トンネルが続きます。
17052306.jpg

17052307.jpg

17052308.jpg




飯田駅方向
17052303.jpg

JR東海 飯田線 「田本駅」 (長野県下伊那郡)


 17052203.jpg

 列車は山間を走りいよいよ秘境駅感が増してきました。
朝夕の一部の普通列車は当駅を通過、朝に上りのみ設定されている快速列車は停車とてう不思議な駅です。



開業当時は天竜川方面に集落があり駅への道がありましたが、ダムの完成により集落は水没し道路は分断、駅だけが孤立しています。
道路から駅へは人ひとり通れる程度の山道のみ、駅から車道へ出るには、その山道を延々と15分ほど登らなければいけないという「人から遠い駅」


17052201.jpg

ホームのトンネル脇の急な階段を登るとホーム全体が見渡せます。
トンネルに挟まれた駅で、奥が飯田駅方向。
画像右には山が迫り巨大な岩が立ちはだかっていて、画面左は天竜川。
まさしく断崖絶壁。豪雨の時などは命がけで通過するような感じでしょうか。

JR東海 飯田線 「金野駅」 (長野県飯田市)


千代駅のお隣「金野駅」



17052007.jpg

17052101.jpg



JR東海 飯田線 「千代(ちしろ)駅」  (長野県飯田市)


先ほど、お見送りを受けた天竜峡駅は、1927年に飯田線の前身伊那電気鉄道の起点駅として開業、現在も天竜峡駅止まりの列車の設定が多く、周辺も観光地として賑わいを見せる大きな駅。
その天竜峡駅からわずか2キロほど 走ると 秘境駅と言われる「千代駅」に到着します。

 秘境駅巡りを目的とした多くの乗客と一緒に下車する最初の駅。
人に圧倒されるわ、停車時間わずか2分という事にとまどいを感じるわ。。で ろくな写真が撮れていません。


17051901.jpg

17051902.jpg

「美千代」という私の本名に似ていて、姫新線の美作千代駅とともに、下車してみたい駅のひとつでした。



JR東海 飯田線 飯田駅~ (長野県)

 関西本線・草津線の記事が長らく続いていました。
 びわこ鉄道研究会で勉強していて、自分で押さえておきたくて先に記事にしました。
 
春の青春18切符 
*サンライズ出雲に乗車するために出雲市駅まで1枚、東京から帰ってくるのに1枚。
*日帰りで関西本線 木津~加太駅 途中下車の旅に1枚。



残るは2枚。 どう使おうかといろんな路線について詳細計画をしている時に、飛びつきたくなる企画列車が目に留まりました。

17051602.jpg 17051601.jpg

17051806.jpg





飯田線には二日かけて途中下車しながら乗車した事があり、また信州から帰ってくるときにわざわざ飯田線を使って帰ってきたこともあります。 ローカル線の魅力をいっぱいに持った路線で好きな路線のひとつ。
下車したい駅はまだまだありますが、本数が少なく次の列車までの待ち時間が長く諦めていましたが、一挙にいくつもの駅に下車できます。手作り旅が基本の私ですが、そんな事は言ってられません。。

実はこの列車の存在は以前から知っていたのですが、最寄り駅までの交通費を考える時二の足を踏んでしまうのでした。
今回は、運よく 青春18切符期間が含まれています。 こんなチャンスを逃すわけにいきません。

出発時刻到着時刻を考えると、一泊して 飯田駅~名古屋駅しかうまくいきませんでした。

岡谷駅 **飯田線に乗って**  (長野県岡谷市)

 飯田線は、豊橋-辰野間ですが、電車はそのまま中央本線を通り岡谷、松本まで乗り入れている列車が多くあります。 
 また飯田線は「岡谷」「長野」を始発として走ってきているものが多くあります


 岡谷発の電車に乗るために「岡谷駅」まで来ました。

0804281.jpg


1952年11月完成。

東栄駅  **飯田線に乗って** (愛知県北設楽郡)

0804311.jpg


これ何に見えます?

鬼の顔です。
「ふるさと文化交流館」併設の建物。東栄町の無形文化財「花祭り」の鬼の面を形どった、木造平屋建ての建物で1992年2月完成。

東栄駅の待合室となっています。

0804312.jpg




f_01.gif

新城駅 **飯田線に乗って**  (愛知県新城市)

豊橋駅から11駅目。

「新城駅」
0840301.jpg


「牛久保駅」と同じく昭和18年新築。

牛久保駅 **飯田線に乗って**  (愛知県豊川市)

「飯田線シリーズ」も終わりに近づいてきましたが、途中下車した駅を紹介してしまうことにします。

「牛久保駅」
ここは豊橋駅を出て、4つめの駅。
このあたりは運転本数が多く、通勤通学の足として利用されているようで賑やかです。

0804291.jpg


昭和18年 完成。

元善光寺駅  **飯田線に乗って** (長野県飯田市)

0804263.jpg


0804261_20080418210836.jpg



午前8時過ぎ、学生さんの姿が目立ちました。
雨降る静かな朝。。

元善光寺  **飯田線に乗って** (長野県飯田市)

飯田駅6時48分発。
元善光寺駅6時57分着。

生憎早朝から雨。
元善光寺まで歩いて数分だけど、スニーカーはびしょ濡れ。

0804231_20080417214159.jpg


座光寺まんじゅうのお店の向こうが「元善光寺」


飯田駅  **飯田線に乗って** (長野県飯田市)

飯田駅に着いたのは18時半を過ぎていたでしょうか。
駅舎全体の姿を感じるにはちよっと遅すぎたようです。

0804231.jpg


時又駅  **飯田線に乗って** (長野県飯田市)

0804222.jpg


天竜峡駅から二つ目の駅。
ここで途中下車したのは、画像で見た駅舎の感じが好きだったのと駅から歩いて5.6分のところに「天竜舟下り」(有名な天竜川下りよりもスリルに溢れているというもの)の港があり、舟の回送のためにクレーンで舟を持ち上げている様子を見たかったからでした。
ところが、時は夕刻前。地図を用意していなかったため駅を離れるのが不安で、結局ここでぼんやりと40分ほど過ごしました。

静かな駅でした。

天竜峡駅  **飯田線に乗って**  (長野県飯田市)

0804211.jpg


山と川の間を暫く走り続けて、少し落ち着いてくるとこの「天竜峡駅」に到着します。
直通電車以外の全ての電車はここで乗換となります。

天竜川の造り出したその渓谷美は昔から知られ、観光拠点のひとつである「天竜峡」
駅が開設されたときから、観光駅を意識してモダンな駅舎でしたが、1990年に改築。
元の外形は残されているそうです。


天竜川に沿って断崖絶壁を  **飯田線に乗って**  (静岡県 長野県)

約200キロある飯田線の路線でどのあたりが一番好き? と聞かれたら、やっぱり 「小和田駅~天竜峡駅の手前位までだと答えるでしょう。
飯田線を往復して、一番 胸が高鳴ったのがトンネルの続くこのあたり。


08042015.jpg



天竜川に沿って、断崖絶壁を急カーブしながら走ります。