たま駅長

 和歌山電鉄貴志駅駅長の「たま」が亡くなりました。
動物駅長のハシリとも言えましょう。赤字ローカル線を元気にしてくれた功績は偉大だったと思います。

2008年3月22日訪れました。 
ローカル線、古い駅舎好きとしての訪問でしたから、「たま」はオマケの様な感じでしたが その活躍ぶり、人気ぶりを昨日の事のように覚えています 
→ たま駅長">たま駅長
 当時の画像を振り返り、改めて編集したものをアップします。

15062607.jpg
たま専用の帽子がなんともかわいい♪

15062608.jpg


わかやま電鉄貴志川線 <貴志駅>  (和歌山県和歌山市)

08033310.jpg


終着駅「貴志駅」
私鉄ローカル線らしい、雰囲気のある駅です。

左端のピンクの網のようなものが、たま駅長さんたちの、おうちです。



わかやま電鉄貴志川線 <伊太祁曽駅>  (和歌山県和歌山市)

わかやま電鉄貴志川線の中で、たった一つの有人駅。
<伊太祁曽駅>(いだきそえき)


0803325.jpg



0803321.jpg




わかやま電鉄貴志川線  (和歌山県和歌山市)

 いちご電車、おもちゃ電車、たま駅長ばかりにスポットが当たっている わかやま電鉄貴志川線ですが、他の車輛も、駅も頑張っています。
 

0803314.jpg


0803313.jpg


いちごがいっぱい わかやま電鉄貴志川線  (和歌山県和歌山市)

0803301.jpg


0803304.jpg



わかやま電鉄貴志川線 = いちご。

わかやま電鉄の横は いつも いちご。



「おもちゃ電車」  <和歌山県和歌山市>

 リニューアル車第二弾「おもちゃ電車」、略して「OMODEN(おもでん)」は、昨年2007年7月にデビューしました。

0803281.jpg


0803282.jpg


0803283.jpg



真っ赤な車体にカラフルなロゴが描かれなかなか楽しい雰囲気で走っています。

日本一カワイイ、楽しい、オシャレな電車に. <いちご電車>  (和歌山県和歌山市)

和歌山電鉄貴志川線。
この鉄道の歴史もなかなか複雑です。
1916年 「山東軽便鉄道」として開業。
その後、「和歌山電気軌道」を経て1961年に南海電気鉄道の貴志川線となりました。
その後、和歌山電気軌道の廃止により、南海電気鉄道とは孤立した状態となり2005年9月には南海電気鉄道が撤退すると言う事になっていました。
これに対し、和歌山県、和歌山市と貴志川町(当時)は貴志川線存続で合意、事業の引き継ぎ先を公募、「岡山電気軌道」が選ばれました。
岡山電気軌道と言えば、先日 訪れた町を走る電車。。 
きっとなかなかユニークな会社なんでしょ♪
過去記事 → 「岡山電気軌道」

そんな中、リニューアル電車第一号となったのが「いちご電車」
これは、貴志駅周辺の特産品であるイチゴをモチーフにしたもので、熱意を感じます。
→ 「いちご電車リニューアルコンセプト」


0803291.jpg





たま駅長  (和歌山県和歌山市)

08032715.jpg


「たま駅長」


JR和歌山駅から南西に通る和歌山電鉄貴志川線の終着駅「貴志駅」の駅長さんです。
08032713.jpg