浜寺公園駅(南海電鉄) 駅舎内

阪堺電気軌道の電車でここの駅まで来たのですが、どうしてもこの駅の中に入りたい。
入場券を買って、中に入ります。

07070450.jpg

自動改札ですが、駅員さんのおられる所はこんな風に木枠の窓。
「木」はどこまでも暖かさを感じさせてくれます。


浜寺公園駅 (南海電鉄)

0707072.jpg


南海電鉄 浜寺公園駅
1907年(明治40年)建築
辰野片岡建築事務所設計

この駅は、近代建築としても有名な建物。
国内には洋風駅舎はたくさんありますが、、南海の浜寺公園駅は最も素晴らしい洋風駅舎の1つに数えられるでしょう。

今回の阪堺電気軌道に乗る旅の、もうひとつの目的は、南海電鉄のこの「浜寺公園駅」を見ることでした。

阪堺電気軌道

070111.jpg

07014.jpg


阪堺軌道の電車は ほのぼのしているなぁと感じます。



阪堺電気軌道 阪堺線 「石津」駅

終点の「浜寺駅前」駅から二つ手前の駅。
昔の雰囲気がそのまま残っているようなホームです。
木の感じがいい。。

07070520.jpg

07070521.jpg


こんな階段を一段二段上がるだけでホームです。
07070522.jpg

阪堺電気軌道 阪堺線 「大小路」駅

「大小路」駅も 専用軌道と併用軌道に分かれる駅です。
0707069.jpg




面白かったのがこちらの路線図。
0707067.jpg

0707056.jpg




手書きと言うのは やっぱり暖かさを感じさせてくれます。



阪堺電気軌道 阪堺線 「南霞駅」

0707051.jpg


始発「恵比須町」駅の次は「南霞町」駅

駅の表示が堂々としています。

阪堺電気軌道 阪堺線 終着駅 「浜寺駅前」駅

恵比須町駅からゴトゴトのんびり揺られて1時間弱。
「浜寺駅前」駅に着きます。
静かな小さな駅。土曜日の午後だと言うのに人は少ないです。

07070433.jpg


塗装の塗り替えもなく、いかにも「そのまま」な終着駅。

阪堺電気軌道 阪堺線 始発駅 「恵比須町」駅

阪堺電気軌道 「阪堺線」は文字通り、大阪の恵比須町から堺市内までを14.1キロを結ぶ路線。所要時間一時間弱。30の駅があります。

07070423.jpg

始発「恵比須町駅」
子供の頃の 京阪三条の駅の雰囲気に似ているなぁって思います。

阪堺電気軌道の車輌達

阪堺電気軌道の車輌は、実にカラフルで見ていて楽しいものです。

定点観測をしたわけでもなく、乗継をする中、瞬間的に撮った画像が殆どですが、それだけでもこんなに沢山の種類がありました。


0707041.jpg

多分、これが基本デザインでしょう。
広告が入っていません。
ふわふわふわと、雲のよう。。 優しい感じがかわいいですね。


阪堺電気鉄道 上町線 「帝塚山四丁目」

 軌道敷の駅はコンクリートで一段高くなっているだけの「停留所」のようなところが殆どですが、専用敷になるとホームがあります。
 そのホームに、歴史を感じさせてくれるものもたくさんありました。

 0707031.jpg



阪堺電気軌道 「住吉」 待合所

阪堺電機軌道 「住吉」駅は 上町線と阪堺線が交差する場所で乗継駅でもあります。
ここにも「待合所」がありました。


07070212.jpg

阪神堺電気軌道 上町線 「姫松」待合所

阪堺電気軌道の電車は 大半を路面走行していますので「駅舎」は基本的に始発駅、終着駅のみで、途中の駅は「ホーム」だけです。

そんな中、「待合所」が線路を離れて道路端にあるところがあります。

「姫松待合所」
0707024.jpg


手前の赤い屋根の建物が待合所です。


阪堺電気軌道 上町線 終着駅「住吉公園」駅

「終着駅」と言う言葉が正しいのがどうか、「天王寺駅前」駅から16分。
「住吉公園」駅。

07070120.jpg

いつ頃の駅なんでしょう。

阪堺電気軌道 上町線 始発駅「天王寺駅前」駅

「阪堺電気軌道」は大阪から堺方面へと走る一部路面電車区間のある私鉄です。
 少し前のNHKの「ふたりっこ」や、それ以前のドラマを見ていて一度乗ってみたいと思っていました。

 「上町線」の前身は大阪馬車鉄道(株)。馬車がレールの上をお客様を乗せて走る馬車鉄道して明治33年に営業を開始しました。

 現在は「天王寺駅前」から「住吉公園」まで16分の距離を走っています。


始発駅「天王寺駅前」は、まさしくJR環状線天王寺駅前にあります。
 陸橋のしたの小さな駅。
 07011.jpg