JR東日本 山手線「原宿駅」 (東京都渋谷区)

大正13年(1924年)竣工
17030909.jpg

17030902.jpg
右屋根の形が変わってる。
ハーフティンバー。
塔屋。
大正モダンを漂わせています。


17030903.jpg

日本の中心 東京駅から 山手線に乗って 原宿駅にやってきました。






17030901.jpg
ここへ来たのは、間もなく、この駅舎が解体されると聞いたからでした。


17030910.jpg

17030926.jpg


3月に入ったばかりだと言うのに、すでに重機が入っていて、解体は現実であることを実感しました。


JR東日本 「伊東駅」 “伊豆・箱根の旅” (静岡県伊東市)

 昭和13年開業当初からの駅だそうで、手は加えられているでしょうが、基本「そのまま」という駅舎で、趣を感じます。
南国イメージを感じます。

16071507.jpg



JR東日本伊東線 伊豆半島へ “伊豆・箱根旅”  (静岡県)


塔ノ沢駅を満喫した後は、一路「小田原駅」へ。

16071401.jpg

JR線に乗り換えます。
16071402.jpg

16071403.jpg




信越本線 「長野駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県長野市)

 昨日の早朝長野駅に着いてから丸二日。たくさんの物に出会ったけれど、いよいよ終わりに近づいています。
たくさんの駅に出会え、耳にしていただけの観光地にも立ち寄れました。

足早見た旧軽井沢駅舎記念館も名残惜しいけれど、きっとまた来られる。
そんな思いの中、しなの鉄道「軽井沢駅」を発ちました。


長野駅到着。
手にしているフリー切符、しなの鉄道区間は軽井沢-上田 上田-篠ノ井間のしなの鉄道区間と、篠ノ井-長野間の信越線区間は乗り越しとなります。
清算したら、こんなレシートを渡されました。

1602301.jpg


「ラッチ精算額」
JR西日本では見た事ありません。

ラッチとは、自動改札のない頃、駅員さんが立っていたあのコーナーの事です。
その名残で、改札口の事を今も「ラッチ」というのだそうです。

珍しいものを手にすることができました。


JR東日本 奥羽本線 仙山線 (山形県 宮城県)

 はじめての東北、到着翌日は、同行のぷにょさんと石巻線、鳴子温泉泊で楽しみましたが、翌日は お互い自由行動。
私は、やはり鉄道旅。
さて、どこを回ろうかと 時刻表とにらめっこをしたのですが、本数か少なくなかなか思い通りにいかなくって、結局 反時計周りに仙台駅に戻るプランしかできなかったというのが、正直なところ。

「はじめての」東北です。

16011321.png

陸羽東線で新庄駅。
奥羽本線で西へ。
「奥羽本線」は、福島駅~青森駅までを結ぶ路線。
東北へ来たんだと気分も高揚。
いつか奥羽本線を乗りとおしたいと思いつつ、部分乗車。

16011301.jpg


JR東日本 陸羽東線 鳴子温泉駅~新庄駅 (宮城県大崎市~山形県新庄市)

 列車は東北の内陸部へと走ります。

16011201.jpg

16011202.jpg
「日本こけし館」界隈にある「鳴子峡」 タクシーの運転手さんが、このあたりで一番の紅葉の名所だとおっしゃっていましたが、なるほど、多くの人が、おられます。
列車内でも、鳴子峡についての案内がありました。
(拡大写真のため、不鮮明で申し訳ありません)

16011203.jpg

16011204.jpg


JR東日本 陸羽東線 「鳴子温泉駅」ホーム  (宮城県大崎市)

16011101.jpg


 鳴子温泉駅へ戻り、ホームへ。
この字体・いい感じ。

16011102.jpg

16011103.jpg


16011106.jpg

右も左も「湯」関係。
広く、「湯の町」である事を目で感じます。

JR東日本 睦羽東線 「鳴子温泉駅」 (宮城県大崎市)

 東北、鳴子温泉の玄関口。

16010801.jpg

16010802.jpg

16010803.jpg


鳴子温泉郷は、趣のある温泉が多く、温泉巡りをするのも面白そうです。
同行のぷにょさんとは、ここから別行動。でも。。。後から話を聞けば、ご一緒すれば良かったと後悔。。


第六北羽前街踏切  (宮城県大崎市)

 鳴子温泉の中心街を過ぎ、ぽつぽつと「こけし」のお店が点在する通りを歩くと、踏切がありました。


16010701.jpg

うわぁ~ 道路のカーブにかかる踏切はいい。
賑やかな温泉街から町へと続くのどかな雰囲気がいいなぁ。
いえぃえ。 これは町から温泉へ入る道なんでしょう。 

16010706.jpg


JR東日本 中央本線 「上諏訪駅」 (長野県諏訪市)

15092219.jpg

15092209.jpg


お正月では、ないけれど大きな注連縄が飾られていました。



15092220.jpg

JR東海・東日本 篠ノ井線・中央本線 「塩尻駅」  (長野県塩尻市)

 奈良井駅を出て、30分で「塩尻駅」です。


篠ノ井線・中央本線の分岐駅。JR東海・東日本の境界駅でもあるため、殆どの場合ここで乗換となります。
15092102.jpg



過去に何度乗り換えたか。。 はじめて塩尻駅というところを訪れた時は、駅に果物の直売所があると期待して売店でお尋ねしたのですが30分位歩かないと、発送してくれるような所はないと言われ、がっかりしたものです。
それほど、このあたりは鉄道というものは、重要視されていないのだという現実を見たような気がしました。
 駅前もひっそりとしていて、やっと見つけたお蕎麦屋さんでの食事。
「遺跡そば幸楽」 静かな店内で落ち着いたおもてなし。 さらに毎年送られてくる年賀状。 なんとも気持ちのいいお店で、乗換の度食事をさせて頂きました。
 一路 中央本線で自宅まで


15092101.jpg

駅の外に出てみて、すぐ、以前と違う空気を感じました。
こんな景色ではなかったはず。




「権兵衛踏切」 “奈良井宿”  (長野県塩尻市)

奈良井診療所のあるあたりから、すこ~しだけ東へ向かうと、駐車場への案内板があり、向こうに線路が見通せます。
中山道奈良井宿と、中央本線との距離はこんなにも近いのです。

15091901.jpg

15091902.jpg

15091906.jpg


私が足を向けないわけがありません。。


JR東海 中央本線 「奈良井駅」 (長野県塩尻市)

JR東海の中では、最も標高が高い位置にある「奈良井駅」
旧中山道の「奈良井宿」は、歩いてすぐのところです。


15091401.jpg

15091402.jpg

夏の青春18切符は 東へ (岐阜県 長野県)

 中央線に始めて乗ったのは、子供の手がやって離れて自分の時間が出来た頃 2006年。
身延線に乗り、清里ってところまで行った帰りでした。
日本の中央の山の中を走る路線ってこんな景色なんだぁ。。とものめずらしくキョロキョロ。

 私の最寄駅から関東とを結ぶのは、東海道本線か中央線。
旅情を味わえるのはなんたって中央線で、わざわざ中央線を選ぶこと、しばしばです。


 昨日、東海地方は大雨でした。 最近はどうしてなのか、旅に出ると雨、雨、雨。
あの頃より、日頃の行いが悪くなったのでしょう。。(笑)


 中津川駅を出ると、濁流の木曽川が見えてきました。

15091301.jpg

15091302.jpg
此処は、「中仙道」
鉄道、道路というのは、ほぼほぼ 昔の街道に沿って作られています。
だからでしょう、「街道」にも非常に興味があります。



夏の青春18切符旅は、東へ。  (滋賀県・岐阜県・愛知県)

 青春18切符を使うのは、久しぶりです。
高速夜行バスを使って、あまり移動せず現地滞在型にしたり、私鉄型にしたり。
JRのお得切符を使って、特急を駆使した旅をしたり。
でも、夏は「乗り鉄」に限ります。暑さに弱く、下車して町を歩く元気などありません。流れる景色を列車の中から見ているのが一番です。 夏の最高の過ごし方です。

 さてどこへ行きましょう?

15091201.jpg
朝は早くから行動しないと勿体無いです。


15091202.jpg

15091203.jpg
東へ東へ

15091204.jpg
ここからは、中央線。




桐生駅~京都駅 

 関東の地理は、まったくわかってないし、鉄道網は複雑で、「えきから時刻表」で検索したまま、一路 新宿駅へ。

桐生駅17時25分 → 小山駅18時23分
小山駅18時34分 → 新宿駅19時57分

桐生駅から2時間半。
関東圏は、どこからでも小一時間で都心に移動できるという感覚でいた私には意外。
勿論、事前に所用時間は調べていましたが、桐生ではまだ明るかったのに、新宿駅ではすっかり夜。
はじめての車窓をガタゴト揺られ、ラッシュに巻き込まれ。。
「乗り鉄」するに十分な距離なのに、移動手段でした。


始めて目にする、車輌の色。
15091101.jpg

15091102.jpg
のどかな風景。


わたらせ渓谷鐵道 JR東日本・両毛線 「桐生駅」 (群馬県桐生市)

リュックひとつでの一人旅。ローカル電車途中下車。町歩き。
不要な荷物が邪魔になるので、お土産は最後。
群馬、栃木、高崎=だるま、こんにゃく、かんぴょう
加えて何か楽しいお土産は桐生駅で買いましょう。。。。 と思っていたのに意外に小さな駅でした。

15091001.jpg

どうやら北口が、開業当初からの玄関口のようですが、全体像を撮るのを忘れていました。。。 というよりも高架下にこのような駅名表示があったようなだけのような気がします。



15091007.jpg
高架下の北口にある、「桐生観光物産館」。 ここが唯一 お土産を購入できるところのような気がします。

15091006.jpg
群馬は、幅広のおうどんが有名なんだそうで、町のご婦人が手作りしておられるというものを2つ買わせて頂きました。

15091013.jpg








JR東日本 「高崎駅」 (群馬県高崎市)

15081001.jpg




 15081004.jpg

 大都市駅程、大きい構えの駅ではありませんが、9路線が乗り入れ、上越新幹線・北陸新幹線の分岐点となる「高崎駅」はかなりの賑わいがあり、周辺も大きな商業施設やホテルが建ち並んでいました。
北関東最大のターミナル駅です。

 ホテルを高崎駅に取っていましたが、西口と東口を間違えて結局ホテルに電話してわかったというほど、両口とも、賑やかです。
迷ってしまった西口は、気持ちの余裕がなくなって写真を撮っていないのですが(笑)、多くの飲食店が建ち並び町らしさが漂っていました。 中心部も西口が近いようです。

東口は、複合型商業施設・ホテルが建ち並び、ゆったりとしたロータリーがあります。
15081002.jpg


15081003.jpg

15081005.jpg




15081008.jpg


JR東日本 大糸線 「安曇追分駅」 (長野県安曇野市)

13040801.jpg

 あまりの美しい姿に感動して、記事アップしてしまった画像 再掲です。

「安曇追分駅」
松本駅から19.9キロ。有明駅の次の駅です。

ここで下車しようとした時、ホーム反対側のドアのボタン(このあたりでは降りたいとき自分でボタンを押してドアを開けます)を押して。。開かなくって「あれ? ここはあかないんですか?」と男子高校生に聞いたら「あっちですよ」と言われ、慌てて反対側にうつってボタンを押して飛び降りた。。駅。

 危機一髪でした。あの時 降りられなかったら一生この駅舎と出会う事なかったかもしれません。。

13042401.jpg


素敵でかわいい駅舎に出会えて良かった。。


赤い屋根と駅名文字と咲き始めた桜がいい。

13042411.jpg


JR東日本 大糸線 「有明駅」 (長野県安曇野市)

 松本駅から30分。18.4岐路の位地にある「有明駅」です。

13042303.jpg





13042304.jpg

13042301.jpg


骨組みのしっかりした駅です。