JR四国 「西麻植駅」 (徳島県吉野川市)

10062202.jpg


10062201.jpg

「西麻植駅」

売店も何もない無人駅。

JR四国 徳島線 「鴨島駅」

10062105.jpg


10062106.jpg


徳島線 「鴨島駅」

赤い瓦屋根の堂々とした駅です。

JR四国 徳島線 「学駅」 (徳島県吉野川市)

10062001.jpg


10062009.jpg



10062003.jpg

屋根の上にさらに櫓があるのが特徴的な駅です。


JR四国 徳島線 「穴吹駅」 (徳島県美馬市)

10061912.jpg


「穴吹駅」

JR四国 土讃線「大歩危駅」「阿波池田駅」 (高知県 徳島県)

 今回のバースデー切符四国の旅での反省点のひとつ - 特急で土讃線に乗ってしまったこと。
特に土佐山田駅から阿波池田駅まではダイヤが希薄なので途中下車して駅舎を見るという事は無理だとしても、せめて普通列車でその渓谷美を楽しむべきでした。


10061802.jpg

10061803.jpg

特急停車駅、大歩危駅風景。
横断歩道がホーム頭上を通り、それは吉野川の遊歩道へと続いています。

JR四国 土讃線 「土佐山田駅」 (高知県香美市)

10061603.jpg

高知駅を出た土讃線がしばらく東に走り、そして北へと方向が変わる所にあるのが「土佐山田駅」
土讃線を北から南へと走ってくると、山間部からやっと明るい町に出てきたなと実感する駅だそうです。

大正14年建築。


まっすぐに伸びる背の高い椰子の木が、とても印象的です。


JR四国 土讃線 「高知駅」 (高知県)

 四国に入ってからは、無人駅または、有人改札口を通ってきたのに、ここでは女性の駅員さんに「自動改札に通してください」と促されました。
 関西にいると、自動改札は当然ですが、地方に行けば、まだまだ人がおられる暖かい改札口がたくさんあります。私が旅をする場所など、人がおられる改札の方が多い位です。


 近代的な高知駅の改札を出れば、眩しいくらいに明るく、広く ひさびさに駅で出口をさがしてしまいました。

10060902.jpg


JR四国 アンパンマン列車

 土佐くろしお鉄道 宿毛線宿毛駅から普通列車に乗り、中村線中村駅で特急「南風」に乗換、そのまま高知へと向かいます。

 やっと乗れた「アンパンマン列車」
何度か四国に来ていますが、特急はすべて「アンパンマン列車」?と思うほどに アンパンマンの楽しい列車が走っていたのに何故か、いざ自由に特急に乗車できるようになってみると、一般的な列車ばかり。。


10060805.jpg

JR四国 予土線~土讃線「窪川駅」 (高知県高岡郡)

 伊予~土佐まで四万十川を串刺のようにして走っているのが「予土線」だといわれるように、右に左に四万十川をみながら南へと進みます。

 10060201.jpg

10060202.jpg

予土線終着駅「若井」を通過して ひと駅区間 土佐くろしお鉄道を走って到着するのは「窪川駅」
土讃線 終着駅です。


10060203.jpg


JR四国 予土線 「江川崎駅」 (高知県四万十市)

予土線は普通列車のみの運行、宇和島駅から窪川駅終点まで約120分。
中間地点の「江川崎駅」で列車交換のため10分の停車がありました。

「旅物語ツアー」の添乗員さん 「ここで10分間のトイレ休憩をとります」。。。。。。

もともと電車の停車時間を利用しての「トイレ休憩」と言う名目はなかなか面白いというか、うまくやっているというか。。。

10060108.jpg

10060107.jpg



JR四国 予讃線 「卯之町駅」 「宇和島駅」

10052901.jpg

10052902.jpg

特急停車駅の調整のため、再び東へ。卯之町駅下車。
駅前も明るく綺麗でした。



10052903.jpg
KIOSKで買った、「宇和島名物」



JR四国 予讃線 「伊予吉田駅」 界隈 (愛媛県宇和島市)

「伊予吉田駅」
久しぶりに駅前風景に落ち着きました。

10052801.jpg

10052802.jpg



JR四国 予讃線 「伊予吉田駅」 (愛媛県宇和島市)

10052701.jpg

10052702.jpg

10052703.jpg

松山駅から特急「宇和海」に乗り下車した駅は 予讃線終着駅「宇和島駅」の三つ手前の「伊予吉田駅」でした。


JR四国 予讃線 「松山駅」 (愛媛県松山市)

 バースデー切符一日目の宿泊場所は「松山駅」
2007年に一度訪れているので、ちょっと安心感となつかしさのある土地。

伊予鉄道が走る町。
10052601.jpg



10052602.jpg
コンビニでこんなものを買って。。

ホテルの窓から伊予鉄道を見下ろす。。。

10052603.jpg


JR四国 予讃線 「伊予長浜駅」 (愛媛県大洲市)

10052501.jpg

瀬戸内海の夕日を車窓に感じながら、西へと進みます。



10052503.jpg





下灘駅から東にみっつめの駅「伊予長浜駅」



10052506.jpg

JR四国 予讃線 「下灘駅」 (愛媛県伊予市)

 徳島から四国に入って徳島から四国を出る。 
ぐるっと一周回ってくるような形になるなら「下灘駅」でも途中下車しよう。
下灘駅に行くならやっぱり夕方がいい。。 それなら一日目の夕方がいい。 それなら徳島から反時計方向に回ろう。。。。 と 今回の旅の骨組みは最初にそんな風に決まりました。


10052401.jpg

「日本で一番海に近い駅」
以前は前の国道も海=瀬戸内海だったそうです。


もう少し綺麗に晴れてくれていたら良かったけれど、朝からの雨が、ここで上がっていてくれた事はとても嬉しい。。

JR四国 予讃線 八幡浜駅~下灘駅 (愛媛県)

八幡浜駅から、普通電車で再び東へと戻ります。
伊予大洲駅から今度は、予讃線回り。


10052301.jpg

のんびりと車窓を眺めていると 眠気が襲ってくるけど、見知らぬ土地の見知らぬ風景が心地いい。
山の中であったり、工場地帯であったり、住宅地であったり。
珍しい駅名に驚いたり、通り過ぎる木造駅舎に指をくわえてみたり。。

始めての場所は普通列車でのんびり走るのがいいに決まってる。
「特急列車」はやっぱり移動手段でしかない。。
趣きある駅舎への道は、やっぱりローカル列車がいい。。

そんな事を思いながら、目指す駅への時間を楽しむ夕刻です。


JR四国 予讃線 「八幡浜駅」 (愛媛県八幡浜市)

10052202.jpg

10052203.jpg

JR四国予讃線 「八幡浜駅」

四国 最西端の駅。




10052218.jpg
「みかんと魚の町」



JR四国 バースデー切符 徳島~八幡浜 (高徳線 予讃線 内子線)

10052109.jpg

徳島駅からは、高徳線、予讃線の特急を乗り継いで瀬戸内海側を高松、松山へ移動します。

10052101.jpg
10052102.jpg
高徳線「うずしお」



10052103.jpg
指定席は車両の後方の一部。
これが以外に自由席の方が空いていて、窓側通路側を一人で使える状態なのに 指定席は隣に人がいる。。
自由席に移りたいと思っても、窓側の私は移動しにくくそのまま窮屈な思いをしたのでした。。


徳島~JR高徳線「志度駅」 そして琴平電鉄「志度駅」 (徳島県 香川県)

0812241.jpg
徳島駅発6時39分 高徳線で高松方面へ向かいます。
四国を左回。

0812242.jpg
今日はJR区間は1060円なので、青春18切符は使いません。


0812243.jpg
瀬戸内海の海が見えます。


0812244.jpg
JR志度駅下車。