FC2ブログ







JR九州 吉都線 「えびの駅」 (宮崎県えびの市)


吉都線 「えびの駅」

19051216.jpg

19051204.jpg




19051201.jpg
えびの市出身の黒沢監督作品「美しい夏キリシマ」で、使われた駅です。
(姿が写り込んでしまってすみません。)


JR九州 吉都線 「えびの上江駅」 (宮崎県えびの市)


 車で駅を訪れる事は、極めて少ないのですが、車での訪問は周辺の状況を長距離に渡って把握することが出来るので、いいものです。

「えびの上江駅」の周辺は、おだやかな田園地帯の中にあり、小さな道路、畦道の中に駅があるような印象でした。



19051102.jpg


JR九州 吉都線「えびの飯野駅」 (宮崎県えびの市)


 吉都線「小林駅」から二つ西の駅です。

19051003.jpg

18051001.jpg

JR九州 吉都線 「吉都線とキットカットがコラボ」




 前回の小林駅の記事、最後の写真を見て気づかれた方がおられるかもしれませんが、小林駅の写真を撮っていると、にぎやかなラッピング電車が入線してきました。
JR九州と言えば、水戸岡鋭治さんの洗練されたデザインの列車が多く走っていて、まるで「おもちゃ箱をひっくり返したような」楽しさがあふれています。 そんな中で白を基調とした車体に青いラインの入ったJR九州らしい列車を見ると安心します。



19050905.jpg

あれ?
変わった列車。。







 

JR九州 吉都線 「小林駅」 (宮崎県小林市)

 
 少なくとも40年前、小林市の核となっていたのは国道268号だったと思います。
15年強のブランクの間に、少しずつ町は変わりファミリーレストラン、大手衣料店などが密集する地域が出来ていて驚いたものです。それでも町を貫く国道はメインストリートだと思います。
 ところがその国道から南へ50メートルばかリ入ったところを走るJR吉都線「小林駅」は駅前再開発で「KITTO小林」が、立ちはだかる形となってしまいました。 国内の随所にみられる複合ビルという形で、駅機能を一緒に出来なかったものなのでしょうか。
 吉都線利用者は小林市民が大半であるのでしょうが、もしも市外県外から訪れる観光客がおられたなら、「小林駅」見つけづらいのではないかと。。。  思うのですが。。。


19050702.jpg
吉都線は全線単線、非電化の路線。 小林駅は唯一の有人駅でもあります。


19050701.jpg
小林駅は、1面2線の島式ホームの横に出来ていました。

JR九州 日豊本線 小倉駅~行橋駅 (福岡県)


小倉駅午前5時。
それでも人はまばらにおられます。
日豊本線下り 始発。

17062603.jpg

17062604.jpg

17062605.jpg


日常的に目にする駅名と違っているというのは、やっぱり旅情を盛り上げてくれるものです。

JR九州 日田彦山線 「採銅所駅」 (福岡県田川郡)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

-------------------------------------------------

17022801.jpg

17022802.jpg

田川後藤寺駅を過ぎると、車窓にはセメント工場や、切り出された形が変わってしまった山々が見えてきます。

「採銅所駅」
昔、このあたりで銅がとれた事に由来する駅名で、1956年までは「採銅所村」という自治体があったという、産業が町全体を包んでいるという場所です。 あちこちに坑道も残っていると言いますから、町歩きをしても十分楽しめそうです。








17022804.jpg

17022809.jpg

17022805.jpg

JR九州 日田彦山線 「田川後藤寺駅」 (田川市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

「田川後藤寺駅」
日田彦山線 所属駅。
後藤寺線 起点。
平成筑豊鉄道。


17022601.jpg

17022608.jpg

17022607.jpg

JR九州 日田彦山線 大行司駅~彦山駅 (福岡県)

2009年8月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

日田英彦山線を東へと進みます。

流れる車窓に、突然 町に向かってたくさんの黄色い旗がなびく。。
うわぁ~ 「幸せの黄色いハンカチ」みたい。。
何? 何?

17022501.jpg

17020502_201703052041215c3.jpg

静かな町が明るく彩られている。


「まさに幸福の黄色いハンカチをイメージして飾り付けたものだ。作品の舞台は北海道だが、主演の高倉健の父親が宝珠山村の鉱山で働いていて、高倉健も幼少の頃この駅を利用していた事にちなみ、このような飾りが施されているという。」

出来れば、町から駅を見上げてみたいけど、機会があるかなぁ。

JR九州 日田彦山線 「宝珠山駅」 (福岡県朝倉郡)

2009年8月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

ホームに降り立ち、跨線橋、上奥を眺め、おもむろに改札を通り。。心高鳴らせながら駅とご対面。。もいいけど。
遠くに駅舎を眺め、待合室のベンチや照明器具を眺めるのもいい。
今日は「駅から列車に乗る」というシーンだなぁと。

17022401.jpg


17022404.jpg



JR九州 日田彦山線 大鶴駅~宝珠山駅 急ぎ足 (大分県日田市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

-------------------------------------------------


 旅は道連れ。
我流になってる旅スタイルに変化を加えてくれます。
「次の駅まで1.6キロ、歩けるよ 」
駅とその周辺を満足するまで見ても、次の列車の時間までかなりある事があります。いえ、「かなり」ならそれなりに事前に対策を考えて計画しますが、中途半端な時は、冒険をせず ただただ駅に佇んでいます。

ところが同行のぷにょさんの旅スタイルは、「いかに時間を有効に使うか」というスタイル。。

さあ。。 宝珠山駅に向けて出発!!



17022301.jpg
このあたりは、無人販売が多いようです。

17022302.jpg
これはなんだっかなぁ。


17022303.jpg

17022304.jpg

JR九州 日田彦山線 「大鶴駅」 (大分県日田市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

夜明駅からは、日田英彦山で北へと進みます。

「大鶴駅」


17022120.jpg

17022119.jpg

17022108.jpg

17022109.jpg

17022104.jpg


JR九州 久大本線 「夜明駅」  (大分県日田市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------




 うきは駅から、さらに東へ久大本線を進みます。

17022001.jpg

17022002.jpg







17022008.jpg

17022003.jpg

JR九州 久大本線 「うきは駅」 (福岡県うきは市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------


「うきは駅」
ふわぁとした軽やかさを感じる駅名に惹かれての下車でした。
漢字では「浮羽」と書きます。



17021801.jpg

17021802.jpg


JR九州 久大本線 「ゆふDX」 

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

-------------------------------------------------




鳥栖駅からは久大本線に乗車です。
あちこちで、つぎつぎと特急列車として利用されている車両らしいです。

キハ183 2011年1月10日をもって久大線から退いたそうで、貴重な特急に乗れたと満足、
現在も別のところで活躍しています。



17021701.jpg

17021702.jpg


JR九州 鹿児島本線 「鳥栖駅」 (佐賀県鳥栖市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------



「鳥栖駅」
ムーンライト九州、夜行バスを使えば移動できる範囲の場所で、過去に何度か通過をしているのですが、何故かいつも乗換だけで下車する時間のなかった駅です。 ホームや上屋を見ているだけで、味わいのある駅である事が感じられていました。

今回はじめての下車です。
17021601.jpg

17021602.jpg


 木造の現駅舎は1903(明治36)年の建築で、現存する駅舎では九州で2番目に古いもの、屋根に煙突状のものがあったり、飾りすぎないすっきりとしたデザインの屋根が魅力。
控えめな、赤地の駅名板が上品です。

JR九州 指宿枕崎線 山川駅~鹿児島中央駅 (鹿児島県)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

 日が落ちてから列車で移動しないのは、車窓が楽しめないから。
今回の指宿枕崎線は終着駅までの盲腸線。昨晩は真っ暗な中を走っていたけれど、早朝の鹿児島湾を車窓に鹿児島中央駅へと戻ります。

17021401.jpg
「指宿駅」は宿泊の候補地であり、途中下車したかった駅です。
名残惜しいけれど、通過です。


17021402.jpg
車窓はやはり南国らしさが漂っています。

JR九州 指宿枕崎線 「山川駅」 (鹿児島県指宿市)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------

7年3ヵ月も前の事となると記憶が曖昧になっています。画像だけでなく旅程表もきっちり残しておくべきでした。
旅の終わりに旅程表をカメラに収めれば、それでセットで保存されるのにどうして今までそうして来なかったかと悔やまれます。

枕崎駅を出て 「山川駅」は、10分程度の停車時間があったと記憶しています。乗換をした記憶はありません。


17021308.jpg

海の傍にある「最南端の有人駅」
心地いい海風が吹いてきそうな駅です。

17021301.jpg




JR九州 指宿枕崎線 「枕崎駅をあとに。。」  (鹿児島県)

2009年11月に西日本パスで南九州を訪れた時の記事です。

--------------------------------------------------


終着駅 「枕崎駅」を後にします。

昨夜は、暗くて見えなかった、指宿枕崎線の車窓。

17021201.jpg


17021202.jpg

一度も耳にした事のない駅名が、新鮮ですがすがしく見えます。

JR九州 指宿枕崎線 「枕崎駅」 (鹿児島線枕崎市)

 記事が途絶えがちになっています。
冬は旅のオフ期になってしまうようです。
昨年のこの頃は、カテゴリの編集に集中していました。
今年は家全体の掃除・整理 断捨離中です。
暑いのは苦手ですが、寒さは嫌いではなく雪景色も大好きなのですが、1月2月 お得切符が少ないのと、ダイヤの乱れを危惧してしまうようです。
3月に入ればすぐに サンライズ出雲の旅を予定しているのですが、それまでの間、去年のこの時期に振り返り記事として掲載していました 2009年の西日本バスの旅の続きを掲載する事にします。
何度も中断してしまっていますが、数ある過去旅の中でも印象に残ったものです。
暫く お目汚しかと思いますが、おつきあい願います。


17020916.jpg

もう8年も前になりますが、こんなお得な切符がありました。
JR西日本 JR四国 JR九州 新幹線・特急乗り放題三日間 22000円。
しかもこの時はグリーン券を購入しています。

新大阪・博多間を往復するだけでもこれ以上の運賃がかかりますから、こんなお得な切符はとんでもないものです。
超破格値の時だからこそ、南九州までの旅ができたのでした。


前回の記事は此処まででした。
「鹿児島中央駅前風景」