三度目の「穴水駅」  “おとなび北陸フリー切符の旅” (石川県穴水市)

 山本コータローとウィークエンドの「岬めぐり」という曲が流行った頃が、丁度友達同士で旅をしようかという年齢でした。
高校を卒業した春には、室戸岬、足摺岬を訪ねる旅、 そして結婚前は能登半島の禄剛崎を目指して旅をしました。
今から10年前の事、嘘です。 数十年前の事。
京都駅から夜行列車に乗り、金沢駅に到着したのは朝の3時。 やけに天井の高い木の香りのする待合室で始発電車を待ちました。
その先の記憶が薄い、朝一番に 時国家を訪れた記憶からすれば、「輪島駅」まで行ってバスに乗ったのでしょうか。
辿れる記憶と言えば、どこかの駅からかなり歩いて「恋路海岸」に行ったこと。帰りはヒッチハイクで駅まで戻った。
禄剛崎まではバスに長く揺れたような記憶があるけれど、寂しい場所で広い駐車場はあるものの、人は少ない大きなお店で御昼御飯を食べました。
どこかのユースホステルまでは、川沿いをかなり歩いた。 そこで知り合ったカッコイイお兄さん。。23歳だったなぁ。

恋路海岸へ行くために降りた駅はきっと「松波駅」で、
ユースホステルは「穴水青年の家 ユースホステル」だった事は、写真でわかるだけ。
国鉄が能登半島をかなりカバーしていたものの、バスもかなり乗ったのでしょう。

16012820.jpg


16012830.jpg

16012831.jpg

16012832.jpg

松波駅は能登線にありますから、穴水駅で乗り換えたのでしょう。
当時の鉄道がどんな状況だったのか、運転間隔 時間。
アルバムに貼り付けてある切符も印刷がすっかり消えて何も見えない。


 月日が流れ、能登半島の先近くまで列車で行けた時代は終わりました。


のと鉄道 「のと里山里海号」 車窓 “おとなび北陸フリー切符の旅”  (石川県七尾市・穴水市)

 優しい口調のアテンダントさんの丁寧な案内と、ビューポイントでの徐行。
すっかり身をゆだねた観光気分です。



16012601.jpg
「田鶴浜駅」
建具の街なんですか。。
駅名標のくたびれ具合に歴史を感じます。


16012604.jpg
「能登中島駅」
郵便車のある駅です。
→ 2010年 能登中島駅


16012605.jpg






のと鉄道 「鉄道郵便車 オユ10 2565」 “おとなび北陸フリー切符の旅”  (石川県七尾市)

 
 鉄道郵便車 「オユ10 2565」
 現在の郵便物は大半が自動車や航空機で運ばれていますが、かつては鉄道で運ぶことが主流でした。
明治5年に 車内に郵便物を積み込んだのが始まりで、昭和61年に廃止されるまでの114年間、全国津々浦々に郵便物を届けていました。
 ただ郵便物を運ぶだけでなく、車内の設備を使って区分作業をしながら沿線の駅で積み下ろしをした事から「走る郵便局」とも呼ばれました。
 大半の郵便車が廃車された中で奇跡的に生き残ったものが、現在「能登中島駅」保存されています。


 2010年にのと鉄道の旅をした時は、丁度 公開日だったのにもかかわらず、私は「駅舎」をすみずみ見て回ったという。。。 駅好きならではの行動でした。
 → 能登中島駅
 なるほど、趣のある駅舎でした。これを見逃しては 駅好きの名が泣いてしまう。。

 でも 見逃してしまった貴重な「郵便車」
今回 その機会に恵まれました。
「のと里山里海号」の見学スポットとなっているのです。

16012512.jpg





16012502.jpg

16012504.jpg

高校生の時、年賀郵便の仕分のバイトをしていました。
まず、大分類、中分類、最後の小分類は「道順」と呼んでいました。
友達とキャッキャッと楽しかった頃がよみがえって来ました。

16012510.jpg

椅子も固定されていたら、列車の揺れと一緒に遊ぶ事もありませんものね。






のと鉄道 「のと里山里海号」 “おとなび北陸フリー切符の旅” (石川県七尾市)

 2010年、のと鉄道 いくつも途中下車しました。
七尾湾の海岸線を走るのどかな列車はとてものどかで、心地いいものでした。
→ のと鉄道記事

 再訪したいと思っていた路線のひとつですが、面倒くさがりの主人をどうするか(笑)
うってつけの、列車がありました。

→ のと 里山里海号
穴水・七尾間を70分間かけてゆっくり運行し、ビュースポットで徐行停車。


16012301.jpg

16012304.jpg



和倉温泉駅 売店 にて “おとなび北陸フリー切符の旅”  (石川県七尾市)

 私の周りの駅では、最近 kiosk がなくなりほとんどがコンビニなりました。
ここ和倉温泉駅は、その kiosk を思わせる駅売店がありました。

和倉温泉駅の滞在時間が長かったので、色々と利用させて頂きました。



16012401.jpg
衝動買いが一番多いと言われる場所に置いてあった、これにまんまとひっかかってしまいました。
みそまんじゅうも気になるのですが、大好きなのが「えがらまんじゅう」
みっけ!!
もちもちとした饅頭の生地にくちなしで色づけされた餅米をのせ、中はこしあん。この饅頭は、餅米が、栗のいがらに似ていることから名づけられ『イガ』がなまって『えがら』と呼ばれるようになったそうです。
表面の餅米の食感と、皮の硬さが大好きで、北陸に来るとさがしてしまうもの。。
生菓子なのでふたつだけ購入。





富山ライトレール <北陸おとなびフリー切符の旅> (富山県富山市)

 
 北陸新幹線、富山駅下車でどこへ行こうか。そんなに時間はない、富山のおいしぃ~ものを食べるのもいいけれど、主人は食にこだわりのない人。
ならば、いつぞやテレビで「富山ライトレール」を見て「あんな電車があるんやぁ~」と驚いていたのを思い出し、私もまだ乗った事のない「富山ライトレール」。

 富山ライトレールは、富山駅北口から、富山港までを結ぶ路線で、JR富山港線を引き継いだもの。
廃止路線を引き継いだとは、とても思えない斬新な車体が走っています。

 新幹線を降りて、駅員さんに案内してもらったルート。これがなんだか迷路のようでした。まるで仮設のような通路を通り通行券を受け取り、細い通路をまた進む。
あれぇ? 去年駅北に出たときはこんなじゃなかったはず。新幹線からの乗換はこうなるのでしょうか?
まるで隔離されたようなルートです。
まだ富山駅が完全に完成していないのか。。こんなものなのかなぁ。

16010701_20160120132145a5c.jpg







わたらせ渓谷鐵道 連結 (群馬県)

 わたらせ渓谷鐵道の旅も、いよいよ終わりです。
お天気が良ければ、きっと車窓がたまらなく綺麗だったでしょう。
でも、雨に濡れた足尾駅、神戸駅は静かで至福の時でありました。

夕刻、一路 桐生駅へと向かいます。
再び大間々駅に停車。
これからの通勤通学ラッシャに向けての連結作業。


15090901.jpg

15090902.jpg

わたらせ渓谷鐵道 「上神梅(かみかんばい)駅」 (群馬県みどり市)

 大間々駅から、再び間藤駅方向に引き返す事、7分。
「あー やっぱり ここの駅へ来て良かった」
私の鉄道旅は、古い駅舎を訪れる事が一番の目的。 駅風景と、ダイヤを見ながら いかに私好みの駅により多く降りるか、より長い時間滞在するか。 これがまた、ローカル線となると本数の少なさから苦労します。行きつ戻りつ、ロスタイムの少ないように。

15090824.jpg

「上神梅駅」
すでに駅名が魅力。

15090801.jpg
 季節の花で綺麗に飾られている。
いかに鉄道会社の方や、地元の方が愛している駅かがわかります。


15090802.jpg


どこまで続くのだろう。。
単線ほど、そんな果てしない希望を感じます。

わたらせ渓谷鐵道 「大間々駅」 (群馬県みどり市)

 神戸駅から桐生方向へ30分で「大間々駅」
ここは、わたらせ渓谷鐵道の中心駅で、車輌基地、本社があります。

15090716.jpg
みどり市にある、緑に包まれた駅と思いたくなりますが、中心駅だけあり駅前の広場も大きく、開放的な雰囲気があります。




15090702.jpg

15090701.jpg



15090703.jpg



わたらせ渓谷鐵道 「神戸駅」 “レストラン清流” (群馬県みどり市)

15090601.jpg

15090602.jpg

神戸駅には、列車のレストランがあります。


15090615.jpg

 まるで向こうのホームに列車が停車しているかのようです。

わたらせ渓谷鐵道 「神戸駅」 (群馬県みどり市)

 通洞駅から桐生駅方向へ走るとすぐこのような景色が見えてきました。

15090513.jpg

15090514.jpg
銅山の名残でしょうか。




沢入駅から約6kmは急勾配区間で、草木ダムの高さ(約140m)と同じ高低差を草木トンネルで一気に登っています。

15090515.jpg

15090516.jpg






生憎の雨が、さらにその険しさを感じさせてくれて、鉄道好きの私にはたまらない時間。

あえぎながら走ってきた列車を見送ると、紫陽花の花に包まれた標識が迎えてくれていました。

15090502.jpg


15090501.jpg


「ごうどえき」
関西在住の者にすれば神戸=こうべ、
刑事ドラマ好きの者にすれば、神戸君=かんべくん
ここは「ごうど」です。

わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 かいわい “山手” (栃木県日光市)

今度は、駅から山手の方へ進んでみましょう。



15090102.jpg

山に沿ったこの道は何があるのでしょう?


わたらせ渓谷鐵道 「通洞駅」 (栃木県日光市)

15081620.jpg

「足尾駅」より、桐生方向にひとつ進んだ駅です。
足尾駅よりも、こちらの方が中心街に近く、足尾銅山の観光にも近いので賑わいのある駅です。


15081621.jpg


15081602.jpg

それでも、木製改札口は健在で、駅の風情に特に手が加えられてはいません。





わたらせ渓谷鐵道 「足尾駅」 界隈 貨物支線跡 (栃木県日光市)

 私以外の誰も下車しなかった立派な「足尾駅」
怪しかった空模様、いよいよ本降りになり、傘をさして、水溜りをよけながら駅の外に出てみました。


15081508.jpg

駅の外。
もう使われなくなって何年にもなるホームに、走らなくなった気動車が佇んでいます。

大きな木造駅舎の前の、こんな風景。
往時の賑わいと、今の対比が、哀しく寂しい。


15081522.jpg

駅前の道路から見れば、こんな風景で、当時はきっと多くの作業員さんや駅員さんがおられて、大きな音がしていたのでしょう。



15081503.jpg
足尾本山駅まで貨物専用線が伸びていましたが、1987年に休止になりました。

わたらせ渓谷鐵道 「足尾駅」 (栃木県日光市)

 「相老駅」から、1時間。山あり谷あり渓谷ありの素晴らしい車窓に酔いしれ、到着したのは終着駅から2つ手前の「足尾駅」

15081402.jpg

 石積みのホームと言うだけで珍しいのに、それが濡れていて 一目ぼれ。

15081406.jpg


15081401.jpg


15081403.jpg


 ここで降りたのは私だけ。
当時、主要駅だったからホームは長く、駅舎の造りも乗降なのに、駅員さんもいないから、より静かさを感じます。
雨音がするほどに降りだしました。


大正元年 1912年建築。

わたらせ渓谷鐵道  「相老駅」  東武鉄道 「相老駅」  (群馬県桐生市)

 実は、わたらせ渓谷鐵道の小さな木造駅舎は、関西の大手私鉄東武鉄道との共用駅です。
そして、勿論 乗り換え駅。
高架のコンコースでもありそうなイメージがあるのに、以外に跨線橋でつながれているという、私にとっては意外で、面白い風景でした。

15081208.jpg

わたらせ渓谷鐵道1番ホーム。改札口に通じているここから、反対方向に、わたらせ渓谷鐵道2番ホーム・東武鉄道3.4番ホームへの跨線橋が伸びています。


わたらせ渓谷鐵道 「相老駅」 (群馬県桐生駅)

わたらせ渓谷鐵道 桐生駅からふたつめ 「相老駅」 = 「あいおいえき」
兵庫県の「相生駅」と同じになるため「老」の文字にしたそうですが、関西人しては申し訳ない気分です。
何も「老」の字を使わなくてもいいのに。 その控えめな姿勢が、また魅力なのかもしれません。

15081301.jpg


15081310.jpg


わたらせ渓谷鐵道 「桐生駅」 (群馬県桐生市)

JR高崎駅から、両毛線で45分 桐生駅に到着です。

15081101.jpg


 今日 訪れるのは わたらせ渓谷鐵道。
1989年に廃線となった足尾線を第三セクター化した路線で、その路線名のように渓谷美が素晴らしく観光路線としても有名です。

15081102.jpg

北近畿タンゴ鉄道 出会った車輌

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー>  鉄道編




北近畿タンゴ鉄道 出会った車輌


 2008年に始めて北近畿タンゴ鉄道に乗車した時、そのレトロな車輌に随分感激しました。
→ 北近畿タンゴ鉄道宮福線">北近畿タンゴ鉄道宮福線

 MF100形・MF200形のこれらに出会えなかったのは主に宮福線を走っています。



宮津線の普通車輌
14091002.jpg

14091005.jpg


北近畿タンゴ鉄道 「網野駅」 (京都府京丹後市)

<山陰海岸ジオパーク女子旅モニターツアー> 鉄道編



北近畿タンゴ鉄道 「網野駅」


14090902.jpg


 純和風の駅舎ばかりを見てきましたが、ここは斬新。
三角屋根に丸窓。

14090901.jpg

14090906.jpg


→ 網野駅 (北近畿タンゴ鉄道公式サイト)