しなの鉄道 「軽井沢駅」 “信州・私鉄の旅” (長野県北佐久郡)

16061101.jpg

終着駅 「軽井沢」

代表的避暑地。

一度は身を置いてみたいと思い続けていた場所に今 います。

16061103.jpg

16061102.jpg

16061105.jpg


意外に橋上駅で、陸橋があり 駅全体像が捉えにくいのでした。

しなの鉄道 「信濃追分駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県北佐久郡)

「信濃追分駅」 ここに下車したいと思ったのは 2013年春に下車した 大糸線「安曇追分駅」があまりに素晴らしく印象に残ったので、同じく 信州で「追分」を名乗る駅を感じたかったからです。
イメージとして、至近距離にあるような気がするのですが、実は電車を乗り継げは 信濃追分駅と安曇追分駅は3時間強もかかってしまいます。
→  安曇追分駅

16060925.png




16060901.jpg

16060910.jpg


しなの鉄道 「小諸駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県小諸市)


“小諸なる古城のほとり。。。。”
島崎藤村の「千曲川旅情の歌」は小学校の時に覚えました。
先生のその情景の説明に広い川を思い、大地を思い。。。

ここに来るのは始めてじゃないのだけど、やっぱり電車の一人旅がいい。
ひとつひとつ、思いを確かめながら此処へ来たんだと、実感できるから。


16060809.jpg

16060804.jpg

しなの鉄道 「田中駅」 “信州・私鉄の旅” (長野県東御市)

 「大屋駅」のお隣の駅、「田中駅」
友人・知人を思い浮かべてしまう駅。 身近に感じてしまう駅。
~田中駅は、全国各地にいくつかありますが、「田中駅」はここだけです。

16050701_20160603223542c6d.jpg



16060717.jpg


しなの鉄道 「大屋駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 上田駅から6分。

満開の桜の下の姿は、見事でした。
日本で最初の請願駅だという事で、地元の人々が愛する駅舎なのでしょう。

16060311.jpg

16060312.jpg

16060316.jpg






横姿も木の暖かみの感じられる、なつかしい雰囲気です。
16060313.jpg

16060314.jpg
これは、社章かなと思いましたが、「大屋市」のイニシャルをかたどった物らしいで。


しなの鉄道 「上田駅」 “信州・私鉄の旅”  (長野県上田市)


 手にしている切符は上田電鉄と、しなの鉄道の上田~軽井沢のフリー切符です。
さぁて、上田駅に戻って、しなの鉄道の旅です。

16060210.png





16060202.jpg

16060203.jpg