箱根登山鉄道 「塔ノ沢駅」 深沢銭洗弁財天 “伊豆・箱根の旅” (神奈川県足柄下郡)





トンネルに続くホームからの神社。

16071214.jpg


16071213.jpg

16071211.jpg

16071210.jpg





箱根登山鉄道 「塔ノ沢駅」 “伊豆・箱根の旅” (神奈川県足柄下郡)

16071109.jpg

16071102.jpg

「塔ノ沢駅」

駅舎そのものが好きな私ですが、ここは「駅舎」ではなく、駅・ホーム そしてそれを取り巻く風景がたまらなく素敵です。
いろいろ「駅」を見てきて、これほど魅力を持った駅が今まであったでしょうか。
いい出会いがあった。。。箱根登山鉄道に乗って良かった。。と思わせてくれた駅です。

箱根登山鉄道 「大平台駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県足柄下郡)


16071003.jpg

16071001.jpg

16071007.jpg


 三弾スイッチバックの途中駅。列車交換のある駅です。


箱根登山鉄道 「宮ノ下駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県足柄下郡)


やってきた電車は、さっきの 懐かしき古い車両じゃありませんか。
そっかぁ、強羅駅ですぐに折り返してきたんだぁ。。
うわぁ~ それならそのまま乗って行けば良かった。後悔しても仕方ありません。
車内の様子です。
まぁるい、天井の形がなんともかわいい。古き良き時代は、まぁるく柔らかかったんだなぁ。
16070801.jpg

16070802.jpg
このまま乗って行きたいけれど、駅めぐりも大好きだから仕方ありません。



「小涌谷駅」から5分 お隣の「宮ノ下駅」です。
16070803.jpg

16070804.jpg
山が迫っているから建物の狭い部分が出入り口となっています。
駅の姿はとれえにく構造。

箱根登山鉄道 「小涌谷駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県足柄下郡)

強羅駅から小田原に向かいつつ、途中下車して、駅めぐりです。

強羅駅から5分。ふたつ先の駅です。

「小涌谷駅」

16070720.jpg

16070718.jpg

16070719.jpg


箱根登山鉄道 「強羅(ごうら)駅」 “伊豆・箱根の旅” (神奈川県足柄下駅)

 乗り込んだ時は、先頭車両に居たのに、3段スイッチバックの後は、最後部車両。
居眠りでもしていたら、折り返してしまったかと慌ててしまうかもしれません。


16070401.jpg

強羅駅着。
構内は、人で溢れかえり「ケーブルにお乗りの方は~」とのアナウンスが響きわたっています。

ふーむ。。 紫陽花シーズンだけなのか、年間通してこういう事なのか、いずれにしても今日は「平日」

箱根登山鉄道 スイッチバック “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県足柄下郡)


箱根湯本駅から、強羅駅に向けて乗車。
ローカル鉄道のゆったり旅が主な私にとって、立ち乗客までいることに驚きです。
考えれば、箱根湯本からは、観光路線として開業したもので、紫陽花シーズン目前となれば当然の事なのかもしれません。

いつものように、ひとつひとつの駅を降りるつもりでしたが、「登山鉄道」は一気に下るより、一気に登る方がいいでしょう。
しかも、この乗車率。一度降りてしまったら途中駅からは到底座れそうにありません。

16070101.jpg

16070102.jpg


紫陽花に彩られた山間をどんどん登りつめます。

箱根登山鉄道 「箱根湯本駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県足柄下郡)


16063511.jpg
「箱根湯本駅」
ここで、乗換です。

以前は、小田原駅から、箱根登山鉄道終点「強羅駅」までの直通運転があったのですが、今はすべてここで乗換です。

16063503.jpg
正面出口から出てみました。

ペデストリアンデッキからホーム方向を見ると山に沿って、アーチが流れるように続いています。
16063512.jpg


下に降りて近づいてみると。
16063506.jpg

16063507.jpg

やがて道が狭くなり歩けなくなります。




箱根登山鉄道 「入生田駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県小田原市)

16063309.jpg



16063311.jpg



軒の出が普通より長いので、包まれているような安心感を与えてくれる駅でした。

丁度 白い紫陽花が綺麗で、紫陽花の後ろから、しばらく駅を眺めていました。




16063318.jpg


箱根登山鉄道 「風祭駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県小田原市)

箱根板橋駅のひとつ先の駅。
 ここの駅のみどころは、ホームの長さに対して、車輛の長さの方が長いことだとの、情報を得ていたのですが、2008年3月に改良工事が終了していました。 
しっかりと情報収集をしましょう。。教訓。

 とは言うものの、こちらの駅の特徴は「鈴廣かまぼこ」御用達のような駅。 駅として、なかなか面白いものでした。


16063005.jpg

南口、北口 わずか3メートル位しか離れていません。

南口は寄り添うように建つ「かまぼこの里」に直結。

16063011.jpg

16063004.jpg

16063003.jpg
「かまぼこの里」のドアに続く通路の先は「風祭駅」


箱根登山鉄道 「箱根板橋駅」 “伊豆・箱根の旅”  (神奈川県小田原市)

 箱根登山鉄道 始発駅 小田原駅の次の駅。
早くも下車します。 

16062918.jpg

16062903.jpg
駅名標は新しくお洒落になっていますが、駅全体 木組みの暖かさが漂っています。


箱根登山鉄道 「小田原駅」 “伊豆・箱根の旅” (神奈川県小田原市)

16062808.jpg

「トコトコきっぷ」 フリー切符での出発です
(画像は次の駅で撮ったものです)



16062802.jpg

16062801.jpg

16062803.jpg