京都鉄道博物館~京都駅 (京都府京都市)


 以前、扇形車庫を見に来た時も、線路沿いを歩いて帰ったはず。
梅小路公園のメインロードを少しはずれます。

17020502.jpg 17020503_s.jpg


17020501.jpg
鉄道博物館のSLスチーム号が見えます。

[ 2017/02/09 17:00 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

「オハフ5068」 “京都鉄道博物館”  (京都府京都市)


 京都鉄道博物館 扇形車庫の脇にちょこんとある休憩所。
まるで玩具の電車のようだと感じるのは、昭和を生きた私だからかも。

 昭和50年代初頭に、日本全国の地方都市で運用されていた旧型車両による普通列車のサービス向上を図るべく開発された車両。
赤一色の車両で「レッドトレイン」と呼ばれていましたが、客車列車から電車や気動車による運転へ移行し 早々と置き換えがなされました。 だからこそ、貴重な車両でしょうか。

 車両に詳しくない私がこの電車が気になり、一生懸命調べたのが上記の説明です。



17020401.jpg

17020402.jpg




[ 2017/02/08 20:55 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(6)

京都鉄道博物館 「扇形車庫」「SLスチーム号」  (京都府京都市)

 京都鉄道博物館が出来る前は、梅小路公園に扇形車庫と旧二条駅舎だけがあり、レトロ感が漂う空間でした。
今は、大きな京都鉄道博物館が出来て、その存在が小さくなったようで少し寂しい気がしています。
→ 梅小路蒸気機関車館 扇形車庫 (2007.3.3)


 でもやっぱり。。 大きな扇形車庫は貫禄があります。

17020101.jpg

17020102.jpg



 現在、梅小路公園で冬のライトアップイベントが開催されていて、扇形車庫がライトアップされています。
→ 扇形車庫や「チンチン電車」ライトアップ 夜間特別運行も 京都の梅小路公園で冬イベント



[ 2017/02/05 22:15 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

京都鉄道博物館 “貨物展示”  (京都府京都市)

 車両の展示も多数ありますが、解説展示も多くあり、鉄道についてならなんでも吸収したいと思う私は、見入ってしまうので、かなり時間を要してしまいました。

 こちらは貨物についてのコーナー。

17020201.jpg
17020202_s.jpg 17020203_s.jpg


 その、梅小路駅は2011年に「京都貨物駅」に改称されました。
京都鉄道博物館は、京都貨物駅に隣接する梅小路公園にあります。

[ 2017/02/04 22:36 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

「ヨ5000形車掌車ヨ5008」 “京都博物館”  (京都府京都市)


 鉄道博物館で目についた車両です。

「ヨ5000形車掌車ヨ5008」

貨物に連結されていたという「車掌車」
かつては、車掌車または緩急車に車掌さんが乗務して、貨車の監視や必要に応じて非常ブレーキ操作、列車防護作業など列車運転に必要な業務を担当していたのだそうです。

17011701.jpg

17011705.jpg


[ 2017/02/02 21:00 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

「鉄道のあゆみ」 “京都鉄道博物館”  (京都府京都市)

 「鉄道のあゆみ」 について、パネルと絵図などで展示されています。
私にとって、大変興味深い分野でひとつひとつ丁寧に見て、進みます。

17011601.jpg

17011602.jpg





17011603.jpg

[ 2017/02/01 21:18 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

京都鉄道博物館 “プロムナード 「モハ80形1号車」 「クハ86形1号車」”  (京都府京都市)


 車両ファンではないので 〇〇 〇形 〇号車  と言われてもピンとこないので申し訳ありません。
こういう車両を見ていて、なんてかわいいんだろう。。 なんて優しいんだろう。。と しみじみ思います。
どこもが、まぁるく優しい形をしています。 おっとりした時代だったのでしょうか。

17011501.jpg

17011508.jpg

17011507.jpg


[ 2017/01/31 17:00 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

夢の超特急 ひかり号 “京都鉄道博物館”  (京都府京都市)

「夢の超特急」
大地を駆け抜ける 前と後ろに鼻のある白い車体に青いラインの長い列車。。
あの頃、それはそれは、「夢」そのもの。 世の中が変わろうとしている大きな力を やっとついた「物心」で感じたものです。

17011413.jpg

17011401.jpg


[ 2017/01/30 19:05 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

京都鉄道博物館 お昼ごはんは、ブルートレイン食堂車で♪ (京都府京都市)


 鉄道博物館2階には、実際に走行している列車を見下ろせるレストランがありますが、私は食堂車へ♪

1階プロムナードには、ブルートロインの食堂車があり、お弁当の販売や、軽食もあります。

事前に調べておいた「SL弁当」を購入。
特にSLが好きなわけではありませんが、鉄道博物館で食するのに一番似合うお弁当だと思いました。

17011303.jpg

17011304.jpg

 ん~ さすがやっぱり、なんだか、真っ黒。すすけてる?




 
[ 2017/01/28 21:00 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(4)

京都鉄道博物館 “プロムナード 「マロネフ59形1号」 「スシ28形301号車」”  (京都府京都市)


17011201.jpg


 「鉄道好き」 と言っても 私の場合 鉄道を感性でとらえるのが好きで、知識はまったく言っていい程ありません。
昔は、こんな味のある寝台車が走っていたのだなぁと、思うだけで胸が熱くなります。

17011203.jpg


[ 2017/01/27 21:14 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

京都博物館 “トワイライトゾーン 「オロネ24形 4号車」 他”  (京都府京都市)

17011106.jpg

17011105.jpg


トワイライトエクスプレスが展示されている、「トワイライトゾーン」には、他3両の夜行列車が展示されています。

[ 2017/01/26 22:42 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(0)

京都鉄道博物館 “トワイライトエクスプレス”  (京都府京都市)


 子供から手が離れ、自分の時間を楽しめるようになり、京都の町歩きに魅せられていた頃、お昼過ぎに京都駅に停車している濃緑に鮮やかな黄色いラインの入った列車に目が留まりました。
札幌まで行く、夜行列車なんだって。
北海道の地への憧れは幼い頃からで、きっと潜在的だった「列車好き」も後押しをして、「いつかきっとあれに乗って北海道へ行こう」と思ったのでした。

 その後 青春18切符、フリー切符での旅は出来たものの、トワイライトエクスプレスに乗車するなどどいう大きな旅をする機会には恵まれませんでした。
まさか、運行を終了するなどとは思いませんでした。列車が走る限りいつまでも存在している特急だと思っていました。

 運行終了のニュースを聞き、何度か「10時打ち」に並んだものの 結局 夢がかなうことはありませんでした。


京都鉄道博物館 トワイライトゾーンに展示車両があります。

17011001.jpg

17011009.jpg

17011008.jpg








 
[ 2017/01/25 22:00 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(2)

京都鉄道博物館 “寝台列車の軌跡”  (京都府京都市)

 「京都鉄道博物館」 オープンから9か月。
1/31までの企画展“寝台列車の軌跡”は絶対に見逃したくない。。と1/23 やっと行ってきました。


17010901.jpg




17010904.jpg





17010903.jpg 17010902_s.jpg







[ 2017/01/24 23:12 ] 鉄道博物館 | TB(0) | CM(8)