豊橋鉄道東田本線の車両たち (愛知県豊橋市)

豊橋鉄道東田本線(市内線)

17062120.jpg

17062117.jpg

17062118.jpg

17062119.jpg

17062121.jpg


 一番気に入った車両です。
大好きなチョコレート菓子の一つだということも勿論ありますが、このデザインにインパクトを感じました。

ブラックサンダーの本社・工場が豊橋にあり 豊橋の銘菓にもなっているということは、今回の旅ではじめてしったのですが、動く看板が町を走っているなんて思いもしませんでした。

車両全体を遠くから見たかったのですが、タイミングが合いませんでした。
豊橋には限定ブラックサンダーも扱っている直売所があるそうです。



豊橋鉄道東田本線 「赤岩口停留所」 (愛知県豊橋市)

17062011.jpg

17062009.jpg

もう一つの終着「赤岩口停留所」
停留所の先の線路が気になります。

豊橋鉄道東田本線 「井原停留場」 「運動公園前停留所」 (愛知県豊橋市)

17061806.png

豊橋鉄道東田本線は、井原停留所で 運動公園前停留所と赤岩口停留所行きに分かれます。


17062002.jpg

17062001.jpg



豊橋鉄道東田本線 「競輪場前停留所」 (愛知県豊橋市)

 駅前停留所から17分で「競輪場前停留所」

17061804.jpg
ここから先は単線となります。



17061801.jpg



豊橋鉄道東田本線 「東田停留所」下車 東田園 (愛知県豊橋市)

 豊橋鉄道東田本線 東田停留所の近くに 「東田園」という戦後の遊郭跡があると聞き、歩いてみました。

17061701.jpg

17061702.jpg
ごく普通の、静かな住宅街が続きますが、このような破風造りの玄関を持つ建物は、その名残でしょうか。

豊橋鉄道渥美線 カラフルトレイン 

豊橋鉄道では、渥美半島に咲く10種類の花をデザインした車両が、渥美線を駆け抜けています。

私が乗った車両の中で、一番 統一性を感じたのは「菜の花」
線路の両脇を彩る黄色い菜の花は目が覚めるような美しさで、渥美半島でもきっとご自慢の花なのでしょう。

17061413.jpg

17061412.jpg

17061411.jpg

17061410.jpg


豊橋鉄道渥美線 嗚呼!! 「柳生橋駅」  (愛知県豊橋市)


17061301.jpg
ない!!
ない!! 駅舎がない!!




17061303.jpg

17061304.jpg

バリアフリー化されたホームの後ろは、綺麗に整地された広場だけ。。 何度あたりを見回してもなーんにもない。。

そんなぁ。。

豊橋鉄道 渥美線 「愛知大学前駅」 (愛知県豊橋市)

 豊橋鉄道渥美線 三河田原駅から一路、豊橋方向へ。 豊橋駅の三つ手前の駅です。

17060502.jpg

17060504.jpg

2005年にホーム改装という、ホームだけの簡易な綺麗な駅で、駅名どおり大学生のための駅という雰囲気が漂っています。


豊橋鉄道 渥美線 「三河田原駅」  (愛知県田原市)

愛知県内の鉄道駅では最南端に位置する駅です。

17060206.jpg




17060202.jpg



豊橋鉄道 渥美線 (愛知県豊橋市)

 鉄道に興味を持ち始めた時から、ずっと気になっていた「近いで遠い、遠いようで近い」 豊橋鉄道。
まずは、渥美線 始発の新豊橋駅から終点の三河田原駅まで一気に駆け抜けます。

17060101.jpg

JRの豊橋駅から、豊橋鉄道渥美線「新豊橋駅」までは連絡通路で移動します。
17060102.jpg

17060103.jpg

17060104.jpg

新豊橋駅を出て、しばらくJRと併走したあと、クロスして南西方向へと進みます。