平成筑豊鉄道の旅 序章 (福岡県)


2017年6月半ば。
平成筑豊鉄道の旅です。
ローカル線、古い駅舎を好きになりかけた頃、路線図を眺めながらどこへ行こうかと考えたものですが 「平成」という冠から 新しい路線だろうと調べもせず 惹かれる路線からは外してしまいました。
そのうち、鉄道友達がたくさんできてきて、情報収集も広くするようになってくると、いやいや 決して「平成」になってからできた路線なんかじゃない、明治26年筑豊興業鉄道が直方・金田間を開通させた時からの歴史ある路線なのでした。


1989年より 第三セクター「平成筑豊鉄道」として営業しています。

私鉄を楽しむのは 青春18切符のない時期。
いくつか残る古い駅舎と、引込線跡が魅力だと 沿線情報サイト 「へいちくネット」
を参考に詳細に計画をしたはずだったのですが。。。。
17062409.jpg



旅好きなのに方向音痴という致命傷が災い。
今回かなり歩きまわる事になりましたし、地元の方にもお聞きしました。
「私もそっちの方行きますから、一緒に行きましょうよ」と歩いてくださった86歳の女性の方もおられ、親切な方ばかりでした。

ただ、「まっすぐ」「すぐそこ」と言われても結構距離が長く、また 間違ったなぁと気づいてから引き返す距離は長い。
また歩いている人も少なく、徐行している車を停めてお聞きしたり。。
グーグルマップも、細かい表示がないという状態で。
ため息でした。。

それでも 石炭産業で栄えた独特の雰囲気、車窓は十分楽しめました。
少しずつ、記事にしていきますので、しばらくおつきあいくださいませ。


17062401.jpg
[ 2017/06/21 17:00 ] 平成筑豊鉄道 | TB(0) | CM(1)