FC2ブログ







暗渠。駅跡。散水スプリンクラー。 (滋賀県大津市)

17090305.png

安養寺さんを出て国道161号(西近江路)を北へ(琵琶湖方向へ)進んですぐ、京阪電車京津線の踏切です。
踏切の東(右)には、前回前々回掲載の擁壁があります。
踏切の手前には昭和46年まで京津線の「上関寺駅」がありました。
利用した事はありませんでしたが、記憶に残っている駅名です。


17090205.jpg
線路横のスペースが、三条方面駅ホームの名残です。
奥のお宅は、当時 飲食店をされていたというお話しをご住職さんからお聞きしました。


旧逢坂山隧道東口 至近 「安養寺」 (滋賀県大津市)

0910117[1]

17090207.jpg

前回掲載の地図と、現在地図の詳細です。

隧道東口を出てすぐの所にある安養寺さん。 その昔 敷地内を旧東海道線が走っていました。

17090206.jpg

17090202.jpg


旧逢坂山隧道東口 (滋賀県大津市)

0910117[1]
旧東海道本線の路線図です。 現東海道本線も薄く書かれていて比較のしやすい地図です。
これは2010年に大津駅で開催されていた「JR東海道本線 「大津駅」 <東海道本線開業120周年パネル展>に展示されていたものです。




西口付近から迂回して東口に到着。国道から少しだけ山の中に入ると、大きなトンネルがふたつ どっしりと 大地に同化して存在しています。
17090103.jpg

旧逢坂山隧道西口~旧逢坂山隧道東口  (滋賀県大津市)

17082201.png
現在地図 旧逢坂山隧道西口から旧逢坂山隧道東口を結ぶ線が、まさしく埋没されたという隧道です。
できれば、モグラにでもなって進んでみたいところですが、現在の道路を迂回して東口まで行ってみることにします。



「逢坂」という場所は、京都と滋賀の境であり、古来から「関」であり難所でありました。
17083314.jpg



地中に沈む鉄道浪漫 「旧逢坂山トンネル」  (滋賀県大津市)

京阪電車京津線大谷駅から北へ5分程歩いた所。名神高速道路を見下ろせる場所に石碑が立っています。

17082104.jpg

17082101.jpg
「逢坂山とんねる跡」

裏に回ればこんな文字が彫られています。
17082102.jpg

17082103.jpg


「明治十三年日本の技術で初めてつくった旧東海道線逢坂山トンネルの西口は名神高速道路建設に当りこの地下十八米の位置に埋没したここに時代の推移を思い碑を建てて記念する」