FC2ブログ







名鉄 旧谷汲駅<昆虫館> 【2018】 (岐阜県揖斐郡)

 
   駅舎はホーム部分と切符売り場のあるあたりだけだと思っていましたが、左隣接の「昆虫館」は廃線当時駅舎でした。
 平成8年(1996)、廃線の5年前に二階に昆虫館を併設した駅舎に改装されました。

 下調べが甘く、ホームに比べ新しく雰囲気が違うそこもが駅舎だと思わずに写真を撮りませんでした。


 駅舎一階だった部分は売店になっていて、 どうやら二階に展示があるらしい、そういや鉄道資料が展示してあると書いてあったけど。。あらまぁ昆虫館と一緒?

 二階への階段にすでに蝶々の展示が見えています。
昆虫の中でも、特に苦手なのが蝶々。図鑑、テレビで見ているだけでも鳥肌が立ち、たとえ漫画のような「絵」であっても気持ち悪い。。

 んーー どうしましょ。 ここまで来て 鉄道関連の資料を見逃してしまったらもったいない。。




1801913.jpg

樽見鉄道の旅 「名鉄谷汲線 ほんの少しだけ廃線跡」 【2018】  (岐阜県揖斐郡)


18091801.jpg

18091802.jpg

名鉄谷汲線終着駅 「谷汲駅」

保存車両の運転席から伸びる線路。
ホームの先から伸びる線路。

線路はどこまで続くのでしょう。

樽見鉄道の旅 「旧名鉄谷汲駅」保存車 【2018】  (岐阜県揖斐郡)

 2001年(平成13年)に、全面廃線となった、名鉄谷汲線。駅舎が保存されているだけでなく、車両も保存されていて、その時代にそのまま戻れる視覚を強めてくれています。



 18091723.jpg

18091722.jpg

18091720.jpg

18091702.jpg


「モ514」
大正15年(1926)に製造されたという車両。
丸いヘッドライト、丸窓 そしてなんと言っても車両の両端が半円型とも言える程に丸くカーブしています。
カッコいい、シャープさなどを求める現在の車両と違い、まぁるくまぁるく、優しくかわいい車両。
まるでおとぎの国の列車のようなものが、町を走っていた時代、そんな時代に戻ってみたいと思うのです。

樽見鉄道の旅 「名鉄 旧谷汲駅」 【2018】 (岐阜県揖斐郡)

「名鉄旧谷組駅」

18091504.jpg

18091505_s.jpg 18091506_s.jpg



18091508.jpg


大正15年(1926) 谷汲鉄道が黒野 - 谷汲間を開業
昭和19年(1944) 名古屋鉄道が谷汲鉄道を合併。谷汲線となる
平成13年(2001) 全線廃止

名鉄 谷汲駅は当時の姿を残して保存されています。

18091503.jpg