FC2ブログ







近江鉄道・旧飛行場線廃線跡 (滋賀県東近江市)

 昭和5年(1930)、湖南鉄道(現・近江鉄道)は新八日市駅から、飛行場へ向かう「飛行場線」2.7キロの路線をを開業。
 昭和23年(1948) 休止
 昭和39年(1946) 廃止

もともとは日本初の民間飛行場、大正11年には陸軍飛行隊第三連隊として開設 飛行場線は人と貨物を運んでいましたが、敗戦とともに休止、廃止へとの道を辿りました。

 飛行場線の存在を知ったのは、2007年に近江鉄道ミュージアムを訪れた時でした。
 近江鉄道ミュージアム

近江鉄道の歴史に興味を持ったのは、その時でした。




19051419_201905231940430cc.jpg






赤い太線が飛行場線。現在は道路となっています。

新八日市駅を出て、西へ進み、天理教湖東大教会の門の所を南へ 天理教道踏切の辺りで立ち止まります。

19051501.jpg

19051502.jpg



地図上で「近江鉄道万葉あかね線」の「近」の文字のあたりで 飛行場線はスイッチバックして南東へと進んでいました。


19051503.jpg
このあたりが、スイッチバックしていたあたりだと思われます。

[ 2019/05/24 16:18 ] 近江鉄道旧飛行場線 | TB(0) | CM(2)