FC2ブログ







JR北海道 函館本線 「岩見沢駅」 (北海道岩見沢市)

 はじめてのJR北海道。すべてが物珍しく、北の大地を列車で駆け抜ける事だけで満足。
大好きな駅舎めぐり、古き良き駅舎に身をゆだねる楽しみも今回は、二の次になっていますが、せめて乗換駅だけはチェックしたい。。と下車したのが「岩見沢駅」

 ところが、今になって記事を書くために調べると、岩見沢駅は新しい駅舎ではあるものの、見どころは多くあったようです。

1933年建築の三代目駅舎は、道内で三番目に古い駅舎だったのですが、2000年に焼失。
駅舎好きとしては、非常に残念な事ですが、その後 一般公募による「岩見沢複合駅舎建築デザインコンペ」により 採用された駅舎は2009年に全面開業。
グッドデザイン賞、日本建築家学会賞を受賞、2013年からは駅舎ツアーも開催されています。

そんな事はつゆ知らずに、乗換時間の35分で見た「岩見沢駅」を 以下の記事にします。



19102005.jpg

19102006.jpg

19102009.jpg



まるで、大学のキャンパスか、公園のように、自然の中にベンチがありとても駅舎とは思えない雰囲気です。

JR北海道 函館本線 「幌向(ほろむい)駅」  (北海道岩見沢市)


19101920.jpg
函館本線 幌向駅。



19101917.jpg

JR北海道 函館本線 「滝川(たきかわ)駅」 (北海道滝川市)


 新十津川駅から、札幌方面行の列車は 10時00分発石狩当別駅行の列車が1日1本あるのみ。
よって、日本一終電の早い列車です。 廃線を半年後に控えているという事で、本来なら折り返して乗車するのがいいのでしょう。
新十津川駅まで乗ってきた鉄道ファンらしい人達の大半は、折り返し列車に乗られるようで、駅周辺でのんびりと過ごしておられました。
 私とて、名残惜しいし未練はあったのですが、はじめてのJR北海道、より多くの路線に乗りたいという思いも大きい。


 札沼線は盲腸線であるものの、東方向にある函館本線滝川駅までは、10分強で移動できるのです。

19101821.png




JR北海道 函館本線 「札幌駅」 (北海道札幌市)

 北海道最大の駅。
ただ 道外から北海道入りするのは飛行機の人が大半でしようから「玄関口」ではないのかもしれません。


19101010.jpg


19101001.jpg


大都市の駅らしく、大きい。
駅舎本体にJRタワーがくっついています。

JR北海道 函館本線 「朝里(あさり)駅」 (北海道小樽市)

小樽駅から札幌方向へ 南小樽駅・小樽築港駅 そして 朝里駅。
一駅ずつ下車しています。



19100601.jpg

19100609.jpg

19100608.jpg

19100614.jpg




ホームの向こうに見える海。
さえぎるもののない、長いホームもまた魅力です。

JR北海道 函館本線 「小樽築港駅」 (北海道小樽市)


19100508.jpg

19100509.jpg



1910(明治43年)国有鉄道函館本線の駅として開業。
防波堤など小樽港の港湾工事基地とするために開業した駅で、かつては操車場(貨物ヤード)・機関区のある大規模な駅でした。


駅名が魅力です。


JR北海道 函館本線 「南小樽駅」 界隈-- 再訪したい小樽の町 (北海道小樽市)


19100409.jpg

19100408.jpg

南小樽駅を出ると、小樽駅にあったのと同じ鐘。
鐘の音で列車の到着を知らせる北海道、なんて素敵なんでしょう。


駅名起源。
いろんな過去を持っている駅。 

JR北海道 函館本線 「南小樽駅」 (北海道小樽市) <訂正版>

<訂正版>
昨日 記事をアップしてからも、南小樽駅が気になり調べて、ますます 南小樽駅に惹かれました。

暫くブログ更新を滞っていたせい、文章を書いていなかったせい。。その魅力を十分に表現できていないことにヤキモキしてしまいました。





小樽駅から東へひとつ先の駅 「南小樽駅」 
町の人からは「なんたる」という愛称で呼ばれ、昭和33年から佇んでいます。
19100401_201910272222234be.jpg

19100402.jpg






19100421.jpg
ホーム部分(細長いピンク色)は低い位置にあり、駅舎へと通じる跨線橋を渡ると、町の高さと同じ駅舎に通じています。

切り通しの間を線路が通りホームがあり、そのホームの上を市道住吉線が通っています。


JR北海道 函館本線 「南小樽駅」 (北海道小樽市)

都市の中心駅、大きな駅の隣にある駅が好きです。
いくつもの駅を訪れていますが、大きな駅の隣駅は、手を加えられる事なくそのままの姿でひっそりと佇んでいる事が多いのです。
→ JR九州 日豊線 「西大分駅」 (大分県大分市)
→ JR西日本 北陸本線3セク移管直前旅 「東富山駅」 (富山県富山市)


「南小樽駅」
小樽駅から東へひとつ進んだ駅。

19100401.jpg

19100402.jpg


JR北海道 函館本線 「小樽駅」  (北海道小樽市)


19100201.jpg

19100202.jpg

飛行機から降りて、案内板に沿って歩けば、すんなりとJR新千歳空港駅に到着です。