FC2ブログ







津軽鉄道 「津軽五所川原駅」 (青森県五所川原市)

 
 五所川原での夜は今日で終わりです。駅前ホテルに連泊したおかげで、JR五所川原駅、津軽鉄道津軽五所川原駅を何度も利用する事が出来ました。静かな町の静かな中心駅。 私にぴったりサイズの町でした。

何度も利用した津軽五所川原駅風景です。

20021121.jpg

20021107.jpg

津軽鉄道 「津軽飯詰駅」 (青森県五所川原市)

五能線で深浦駅まで行って、折り返し五所川原駅に戻ってきたのは16時42分。
もう、日は落ちかけているけど、まだまだ時間はあります。


津軽鉄道、もうひとつ行きたい駅舎があります。
20020901.jpg



20020902.jpg
五所川原駅のふたつ先の駅で下車し列車を見送ります。



20020925.jpg

20020926.jpg

津軽鉄道 日本で唯一の現役腕木式信号機 (青森県五所川原市)


20020613.jpg


津軽五所川原駅から250メートル、五所川原駅方向を向いた写真です。



津軽鉄道には、日本で唯一現役の腕木式信号機が 金木駅と津軽五所川原駅にあります。

津軽鉄道 ストーブ列車に乗って  (青森県)

20020312.jpg





 
津軽中里駅からは、たくさんの団体さんが乗り込んでこられましたが、団体席と一般席はロープで仕切られています。
20020302.jpg

流暢な津軽弁での案内を後方に聞きながら ゆったりと一般席で車窓を楽しみました。

津軽鉄道 ストーブ列車 (青森県)

 「そうだ ストーブ列車に乗ろう」と青森まで飛んだのにいったいいつになったら ストーブ列車が出てくるのかと思っておられる方もいらっしゃるかもしれません。
やっと。。やっと です(笑)


20020222.jpg
ストーブ列車に乗ろうと思い、調べるまでは 津軽鉄道の列車暖房はすべてダルマストーブなのだと思っていましたが、観光用に連結されたもので別途料金が必要となります。

ストーブ列車には、一般車両も連結されているので、地元の方はわざわざストーブ列車に乗車される事はありません。


20020201.jpg
芦野公園駅から乗車した列車にもストーブ列車が連結されていましたが、私は一般車両に乗車。
津軽中里駅到着時の画像。左が一般車両。右がストーブ列車です。

津軽鉄道 「津軽中里駅」 (青森県北津軽郡)

 芦野公園を長くひっぱりすぎました。
 やっと、列車に乗車。終着駅「津軽中里駅」です。

20020101.jpg







20020102.jpg

20020106.jpg

津軽鉄道 旧芦野公園駅 (青森県五所川原市)


20011801.jpg

20011808.jpg

20011802.jpg


1930年(昭和5年)開業
1975年(昭和50年)まで使われていた駅舎は、現在の芦野公園駅のすぐ隣にあります。
登録有形文化財。

太宰治の小説「津軽」にも登場。
太宰治自身も子供の頃遊んだ駅です。


五所川原の小さな町を走る鉄道が昭和5年に、こんな立派な駅舎を作ったのは、それほとの思い入れがあったのだろうと思います。

津軽鉄道 「芦野公園駅」 (青森県五所川原市)

20011714.jpg

津軽鉄道で、津軽フリーパスが使えるのは金木駅までなので、切符を購入。
津軽鉄道の切符はなんと、硬券。 しかも「記念にお持ち帰りください」と言ってくださいます。

3分乗車でお隣の「芦野公園駅」に到着です。


20011702.jpg

20011703.jpg

津軽鉄道  「金木駅」 (青森県五所川原市)


嘉瀬駅を出た列車からの車窓は、一面銀世界。。。 と言いたいところですが、うっすら積もっているという感じ。
1/15の早朝の青森の風景がこれですから、いかに今年が暖冬であるかということになります。

20011301.jpg

20011302.jpg




 嘉瀬駅から、わずか4分 「金木駅」に到着です。
実は、計画段階で駅名を「きんもくえき」と読んでいました。 正しくは「かなぎ」です。

20011303.jpg

20011304.jpg



20011305.jpg
津軽鉄道の中で唯一の列車交換駅。
ここでは、タブレット交換がされているという事なのに、うっかり見るのを忘れていました。残念。



津軽鉄道 「嘉瀬駅」 (青森県五所川原市)

20011204.jpg

20011205.jpg



 津軽五所川原駅から15分 6時50分「嘉瀬駅」到着です。
昭和5年7月 津軽鉄道の開業とともに誕生した駅です。

20011206.jpg

 五所川原出身の吉幾三さんが、中学を卒業後、詰襟姿・ボストンバックひとつで東京へと旅立ったという駅でもあり、それだけでも心惹かれるものがあります。

20011202.jpg


津軽鉄道 「津軽五所川原駅」 (青森県五所川原市)

 とにかく列車に乗る事、駅を見る事を目的としている私の旅中の一日のスタートは早い。
始発列車6時35分 津軽五所川原駅発の列車に乗るため、6時すぎにホテルを出ます。


20011121.jpg


正面のJR五所川原駅は明るいのですが、隣の津軽鉄道五所川原駅は真っ暗です。
ガラスに光があたっているので、明るいように見えますが、左側の待合室のように真っ暗。
始発列車出発までまだ15分位あるから、誰もおられないのでしょうか。
20011101.jpg



JRの駅側からでも行けるようになっているので、早朝はそこから行くのかも?と JRの方に聞いてみましたが、「津軽鉄道の駅から入って下さい」との 事。
本当に真っ暗で。。 申し訳ないけれど、気味が悪いくらいでした。