FC2ブログ







JR東日本 東北本線 仙台駅② (宮城県仙台市)


東北を代表する駅だけあって、駅構内は広くゆったりしています。
1階中央口では、物産品などの販売が常時されているようです。

20030216.jpg

20030217.jpg

JR東日本 東北本線 「仙台駅」 ① (宮城県仙台市)

 1977年(昭和52年)現在の6代目駅舎が完成しています。

20030202_20200324162032292.jpg


20030203_202003241620339d9.jpg

JR東日本 東北本線 「愛宕駅」 (宮城県宮城郡)


1962年(昭和37年)開業の比較的新しい駅です。
旧線の東北本線、旧松島駅付近の人々の便宜を図るための代替駅として開業しました。

20031203.jpg

20031201.jpg

20031202.jpg

高い高い盛り土の上にある駅です。

JR東日本 東北本線 「仙北町駅」 (岩手県盛岡市)


 「仙北町駅」
盛岡駅のひとつ、南隣の駅です。

20031121.jpg


20031102.jpg

20031107.jpg



JR東日本 東北本線 「盛岡駅」 (岩手県盛岡市)

20030701.jpg

20030702.jpg

20030703.jpg

さらに東北本線を北上。
終着駅 「盛岡駅」に到着です。




20030704.jpg

駅名表記文字、ガラス壁などから、最近の駅舎かと思いきや、昭和56年建築4代目駅舎です。

JR東日本 東北本線 「一ノ関駅」 (岩手県一関市)


20030613.jpg

20030609.jpg

20030610.jpg


コンクリート造の角ばった2階建駅舎。そしてその上に大きな看板。
いかにも、昭和の観光地を感じさせてくれます。

JR東日本 東北本線 松島駅~一ノ関駅 (宮城県・山形県)

松島駅からは、東北本線でひたすら北上。
この頃、カメラが良くなかった事と、窓が綺麗でなかった事から、見るに堪えない写真であったりするのですが、備忘録、通過した証として掲載します。


20030510.jpg


20030501.jpg
列車はのどかな田園地帯を走り抜けます。



20030502.jpg

20030503.jpg

田園地帯に佇む、赤屋根の駅として絵になるだけでなく、廃線跡好きとしては、押さえておきたい駅なのです。

明治23年、日本鉄道は岩切駅から、利府駅(現・利府支線)を経て 品井沼 さらに北上するルートを採用。
昭和19年 勾配緩和等のため、陸前山王駅から品井沼を結ぶ新線が開業。
昭和38年、利府駅から品井沼駅間は廃止。

この品井沼駅は、旧線が繋がっていた駅であり、時間があれば下車したかった駅です。

JR東日本 東北本線 「松島駅」 (宮城県宮城郡)

20030413.jpg

塩釜駅から、お隣の松島駅へ。
この駅間は、東北本線の中で一番長いのですが、所要7分でした。


20030404.jpg

20030403.jpg

和風建築駅ですが、2010年建築の駅舎です。



JR東日本 東北本線「塩釜駅」 (宮城県塩釜市)

 翌朝、仙台駅(後日掲載します)から東北本線で塩釜駅まで乗車

20030319.jpg

20030320.jpg





20030316.jpg

「仙台駅」「北仙台駅」 (宮城県仙台市)

 はじめての東北。まるで外国にでも来たかのような気分で何もかもが珍しく、私の基本? 駅舎観察も上の空。

「仙台駅」
昭和のターミナル駅の堂々たる風格が漂っています。
ローカル線を旅していても、ターミナル駅というのは乗換駅であったり宿泊地にしたりするので多くの県庁所在地駅等を見てきましたが、これほど昭和感を残している駅はもう少なくなってきました。

15102914.jpg


15102901.jpg


ペデストリアンデッキ等なかったであろう、昭和の時代の方が、もっと存在感があり、駅全景を望めたでしょうに、ちょっと寂しくもあります。

15102902.jpg
なにやら、工事中です。