FC2ブログ







JR九州 香椎線 「西戸崎駅」  (福岡県福岡市)

(2009年8月1日訪問)

20053208.jpg

20053202.jpg

香椎線「西戸崎駅」

起点駅です。

その先にマンションが見えています。
海が見えています。

この先 さらに志賀島へと続いているという明るさを感じます。

JR九州 香椎線  (福岡県)

(2009年8月1日訪問)

香椎線路線図の再掲です。

20053010.jpg

福岡県東区西戸崎「西戸崎駅」から、福岡県糠田郡宇美町「宇美駅」までを結ぶ路線。

「香椎」と聞けば、松本清張ファンならすぐ思い浮かぶのが「点と線」
香椎の海岸で男女の死体が並んでいたというちょっとロマンチックな情景。情死であると聞けばさらに引き込まれていく、小説のはじまり。 そして、東京駅15番ホームの4分間を利用した犯罪。
鉄道ファンには、たまらないお話しです。


JR九州 香椎線 「宇美駅」

(2009年8月1日訪問)

香椎線 「宇美駅」

夜明駅から、どのようにして香椎線の宇美駅まで行ったのか、残されている写真だけでは詳しくわかりません。
恐らく 田川後藤寺駅から後藤寺線→筑豊本線→篠栗線→ 長者原駅で香椎線に乗換えたのだと思われます。

20053010.jpg

香椎線は、図 中央の半島へと伸びている路線です。
1985年4月以降、国鉄・JRで唯一起終点両方の駅で他路線との連絡がまったくない駅です。
どういう理由で、JRにそんな路線があるのか、以前はつながっていたはずだろうと、気になり調べてみました。

もともと香椎線は糟屋炭田の石炭を西戸崎港へ運ぶために1905年に建設された路線であるという事で、北が他路線との連絡がない事は納得。
気になるのは南端の西戸崎。 
香椎線開通後の1919年に 吉塚駅 - 筑前勝田駅 を結ぶ勝田線が開通。
香椎線酒殿駅からは貨物支線が、勝田線(廃線)志免駅で接続していた時期があり、その時期に限り 国鉄と接続していた事になります。
なお、香椎線、勝田線ともに「宇美駅」はありましたが、当時は別会社だったため、100メートルも離れいいたとの事です。


20053011.jpg

20053012.jpg






20053001.jpg

宇美八幡宮に沿って、鳥居のような形をイメージして作られています。


20053003.jpg